購入費削減や維持費の節約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 446

自動車保険の節約方法
どんなにクルマを値引いて購入できても、自動車保険を値引くわけにはいきません。また、同じ補償内容であれば、極端に安い保険会社も存在しません。それでも少しでも保険料を安く抑えたいなら、自動車保険の仕組みと内容を理解し、割引制度を最大限に利用する事が基本となります。もちろん補償内容が十分に付帯されている事は当然です。

自動車保険 ケース別必要な特約
自動車保険には対人、対物、搭乗者、車両などの基本契約以外に「○○特約」というものが多数存在し、保険会社により設定の有無や名称の違いがあります。これらを全て把握理解し、選択するのは極めて困難であるのにかかわらず、専門的知識の代理店との面談が少なくなり、電話やネットでの契約が一般的になった現在では、ご自身が選択と判断をしなければなりません。そこで、代表的な特約の中から、ケースによって是非必要と思われる特約を抜粋してみました。

自動車保険のロードサービス完全理解術
損害保険会社の競争によりさまざまな付加価値をつける一環として、ロードサービスがあります。今ではロードサービスがついている自動車保険がほとんどになり、保険選びの条件にもなています。また、保険会社によって大きく異なる場合もあります。誰でもご存じのレッカーサービス以外にどんなサービスがあるのか解説します。

ディーラーでの値引き交渉術
ここでは下取り車の査定、買い取りの問題は、はあえて取りあげずに、純粋に値引き交渉に絞って進めます。大抵の方にとっては経験はあるものの、数年に一度のことなので、どういう流れだったか忘れがちでしょうし、初めての方は不安でもありますので、基本的な進行と、POINTを紹介してみます。

新車購入時の競合車種の選び方
新車を購入する際ほとんどの方は競合車種を探し、相見積もりをして値引きを引き出すという方法を考えるのではないでしょうか。しかし、適切な競合車種を選ばなくては無駄な努力になりかねません。そこで、代表的な例を使い有効的な競合車種を選んで見ました。

新車の買い得な購入時期
現実には車両価格が変わるわけではありませんが、他の多くの商品同様に、クルマも時期によって大々的に売り出しを行ったり、積極的に拡販対策を行う場合があります。そんな時を利用すると、めんどうな駆け引きなく、楽にいい条件で購入出来たりします。そんなお得な時期はいつなのか。

自動車ローンの種類とクレジット会社の選び方
理想論を言えば、クレジットを組んでまでしてクルマを購入するのはお勧め出来ません。自分の予算に応じて現金で購入すべきで、新車にこだわらず中古車を検討すればほとんどの方が購入可能なはずです。しかしながら、現実にはクレジットを利用する人が大半です。それではディーラーでクルマを購入する際に、勧められるままにディーラーの提携クレジットを利用すればいいのか?それ以外がいいのか?、それぞれの長所短所を調べてみましょう。

損をしないオプション選びと買い方
値引き交渉が終わり、総支払額が決定した後に、サービスで装着してもらえるのを別にすれば、ディーラーオプションの購入は、クルマと別にする事が基本です。車の購入時にかかる「取得税」は購入金額の合計に対して5%かかるので、10万円のカーナビを考えると、5000円払う事になります。クルマとは別に購入すればそっくりなくすことができます。日を改めてディーラーへ出向く必要は無く、商談時にオプションは別会計にする事を伝え、部用品購入の伝票を作成してもらえばいいのです。そうすれば納車時に取り付けられています。

日常の点検や運転で燃費を節約する方法
まずはHYBRIDなど燃費のいい車種を購入・・・と言ってもしょうがないので、今お乗りのクルマで少しでも節約という観点で進めます。

ディーラーによる下取りの現状と注意点
近頃では新車を購入する際に、ディーラーでの下取りよりも、買い取り専門店を利用する方が増えています。ディーラーの下取りよりも高く買い取ってくれるというイメージが定着したからでしょう。しかし、一部のスポーツカーや輸入車を別にすると、まだまだ下取りに出す方が圧倒的に多いようです。それは、購入店で同時に手続きを済ませる利便性と、専門店への信頼性、そしてディーラー側の努力による下取り価格の上昇によるものでしょう。

DIYやディーラーの活用など、整備・メンテナンス費用の節約
自動車の維持費を節約するには、重大なトラブルで無用な出費をする事を防ぐためにも、愛車の整備・メンテナンスは重要です。法定点検は法で定められたものであり、所有者は行う義務があります。

税金・保険・車検、自動車維持費の節約
自動車の維持費で一番金額が大きいのは、お仕事で使われる方や、走行距離の多い人は燃料代や高速道路料金、パーキング料金が上位に来るかもしれませんが、一般的には、税金、自動車保険、車検代でしょう。

ディーラーの営業マンと商談を進める際の注意点
正直に言ってしまえばどちらでもないのですが、どう見るかで商談の方向性が決まってしまいます。営業マンが客をだまして暴利をむさぼる悪の根源と見て、横柄な態度で商談に臨むのか、感じのいい営業マンに応対してもらい、何とかこちらの希望を聞いてもらえるように頼めるか、もし金額の差があったとしても数万円ですが、どちらの見方を選びますか?

車検制度と費用。安く済ませる最適な方法とは?
車検にかかる費用は頭の痛いところでしょう。2年毎の高額経費はこの不景気下では大変です。日本の車はほとんど故障などないのに、2年毎の車検制度。大いに疑問とするところであります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加