ダイハツ車の値引きや保険料の傾向と車種一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 25

ダイハツ車の値引きの傾向

 トヨタグループの一員として、グループ内のトヨタとスバルにも軽自動車をOEM供給し、生産効率の上がる同社だが、やはり台当たり利益の低い軽自動車の値引きは簡単には行かない。では登録車の方はというと、ほぼトヨタからのOEM供給車両だけで、(ブーンはOEM関係にはなく姉妹車という関係)トヨタ以上の値引きを引き出すのは難しい。唯一「ビーゴ」はトヨタへOEM供給する自社モデルであるが、「ビーゴ」が大幅値引きするという情報は聞かない。

自社ディーラーのみで販売する車種が非常に少ないというめずらしいメーカーといえる。軽自動車に話をもどすと、直営ディーラーよりも、販売協力店がねらい目。中古車店、修理工場などでダイハツの看板を出しているところだ。経営者とじかに交渉出来れば、よい条件が下手な交渉抜きで手短に引き出せる。ディーラー業販部との駆け引きは、経営者とディーラーの関係性の強弱で決まるため、長く地元で商売している店だと強い。

ダイハツ車の自動車保険料の傾向

 もちろん販売するほとんどが軽自動車のため、軽自動車独特の保険形態を知る必要があります。まず当然ですが、「型式別料率クラス」が軽自動車には存在しないため、車両価格によって保険料の変わる車両保険以外の料金差はありません。非常に安価な「ミライース」でも、コンポクトカー並みの車両価格の「タントカスタム」でも、ターボでも4WDでも気にする必要はありません。

 軽自動車だから車両保険は必要ないという風潮が昔はあったようですが、現在の軽自動車は車両価格も上がり、万が一の際の修理代金も当然高騰してきます。自動車保険には新車特約などもあり、新車購入時には必須となります。また、別に登録車を所有されていることも多いと思われますが、2台目特約などを忘れずに利用すれば保険料は割安になります。女性の方が運転される率が高いのも軽自動車の特徴ですので、ロードサービスの重要性も保険選びの基準になるでしょう。

車種一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加