コペン保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 63

コペンの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 0~5万円

 予約特典などはあるものの、現金値引きは年内中は不可能に近い。受注の安定する2015年度か、ライバルのホンダ「N-スポーツ」が登場する時期まで待つしかないが、値引きされても10万円程度であるなら、多少のサービスだけで我慢して早く手に入れる方が得策だ。その他、低金利クレジットの利用や、下取り車を少しでも高く売ることに尽力したほうが賢明だ。

CIMG1542

下取り価格の重要性

コペンの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 販売目標700台/月のクルマではあるが、メーカーとディーラーのフラッグシップとして集客力は強力だ。「ハスラー」人気でスズキに押され気味の販売現場には、台数以上の大きな効果があるはず。

 初代「コペン」は、10年間で6.6万台(輸出含む)ほどの生産台数のうち、発売後4か月で10,000台を超える受注台数であるなど、2人乗りオープンスポーツカーという特殊なクルマとしては異例の成績となった事例があり、今回も発売当初はかなりの台数を受注するとみられる。また、秋にも追加発売される「コペンX”クロス”モデル」の登場時期にはもう一度盛り上げられるという1台で2度美味しい作戦になっている。また、ホンダの「N-スポーツ」という対抗馬が登場すればさらに盛り上がり、3度も美味しいというわけだ。

コペンの競合車種

ホンダ N-スポーツ

 まだ発売していない車種だが、現状で「コペン」のライバルが存在しないため。「ビート」の後継車種として2013年の東京モーターショーにおいて発表したコンセプトカー「S660 CONSEPT」が2014年秋にも発売が予定される「N-スポーツ」だ。
標準的なFFの「コペン」と決定的に異なるのは、軽自動車でありながら、ミッドシップレイアウトを採用するという点だ。パワートレーンは、「N」シリーズに搭載されている直列3気筒 DOHCターボのS07A型がベースとなるだろう。
価格的には「コペン」よりも割高にはなるはずだが、ミッドシップを採用する本格的スポーツカーであればナットクのいく価格のはず。「コペン」の購入を考えるユーザーのほとんどが気にする車種であり、その多くが「N-スポーツ」の登場を待つだろう。

コペンの保険料

 「コペン」のような軽自動車の場合、自動車保険を決める「型式別保険料率クラス」が存在しません。軽自動車が2輪車と同様に扱われてきた歴史にあるようですが、現実にターボ仕様のスポーツタイプでも、大人しい低燃費車も同率。もちろん車両保険では純粋に車両価格の違いは反映されます。
また、価格の安い軽自動車は車両保険に入らなくてもいいかというと、そうではありません。小さな車体の軽自動車は、損害が大きくなり、あっと言う間に全損に近い損傷を受ける危険があります。しっかりとした内容の車両保険に加入しておかないと、代替も出来ず、ローンで購入されていたら、クルマは無いのに支払いだけ続くことになります。
「コペン」のようなオープンカーは軽自動車とはいえ、大きな修理金額になる可能性があります。補償範囲や免責金額などを工夫することで、意外に安価な車両保険の保険料の設定になる場合があるので、様々な項目を調べる必要があります。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

コペンの車両概要

 2002年に初代が発売された「コペン」は軽自動車世界初となる電動油圧ポンプの開閉式ルーフのアクティブトップ仕様を持って登場した。

 そして 2014年6月19日に2代目がフルモデルチェンジされて発売開始された。初代同様に電動ハードトップを備える新型「コペン」のサイズは全長と全幅が軽自動車規格いっぱいで、ホイールベースは先代「コペン」と変わらず。全高のみが30mmアップしている。 新たな骨格構造「D-Freme」を採用。フロント・サイド・リア・フロアを切れ目なくつないだ構造としたことで曲げ剛性やねじれ剛性を高め、高い走行性能とルーフオープン時の剛性確保を実現したことで、外板のほとんどを樹脂製にすることが可能となり、デザインの自由度を拡大した。さらに、脱着構造「Dress-Formation」を採用したことで、購入後に好きな時にボディを着せ替えできるようになっている。

 エンジンはKF型3気筒DOHCインタークーラーターボのみの設定。ミッションは5MTと7速スーパーアクティブシフト付きCVTを選べる。

スペック表

車両価格(円) 1,798,200~1,819,800
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 3,395×1,475×1,280
室内寸法(㎜)長×幅×高 910×1,250×1,040
ホイルベース(㎜) 2,230
車両重量(Kg) 850~870
乗車定員(名) 2
エンジン型式・排気量(cc) KF型 直列3気筒DOHC 658         インタークーラーターボ
最高出力 kw(ps)/rpm 47(64)/6,400
最大トルク N・m(kgf・m)/rpm 92(9.4)/3,200
JC08モード燃費(㎞/L) 22.2~25.2
駆動方式 FF
ミッション         CVT  5MT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加