ウェイク保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 612

ウェイクの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 5+α万円

 同社のトールワゴン「タント」より15万円ほど高いスタート価格の「ウェイク」。スズキの「ハスラー」は、「ワゴンR」とほぼ変わらぬ価格であるため、「ウェイク」の価格が余計に目立つ。確かにそれなりのことはあるのだが、購入する側としてはますますコンパクトカーに目が行ってしまう。

 新規車種ということもあり、現金値引きは難しい状況がしばらくは続くと見られる。競合車種として上記の「ハスラー」やホンダの「N-BOX SLASH」をチラつかせて煽っても、5~6万円というところか。販売対策としての下取り車の査定アップや他銘柄対策などフルに出させても、総支払額から10万円というのが限界だろう。焦らずに年明けの初売りセールを狙うのもありだ。

DSCN6136

下取り価格の重要性

ウェイクの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 「タント」の勢いが止まらないダイハツディーラーにとって、スズキの「ハスラー」のような個性的な車種があれば鬼に金棒と思っていたら「ウェイク」が登場した。「ハスラー」と同じようなSUVだとまた正面からぶつかるところだったが、同じ「楽しさ」の追求にもそのスタンスは違っており、ミニバン並みの車高を持たせたボディで登場した。

 「タント」より割高な価格もこのビッグボディを間近で見れば納得しそうだ。その分利益率も若干高いし、オプションも装備されやすい。今後は「タント」から流れるユーザーがどのくらいあるのかが懸念されるが、主婦が主体の「タント」ユーザーにとっては「ウェイク」は飛びつく可能性は低い。むしろ普通車からの乗り換え需要の方が多いのではないかと思われる。これまでダイハツの店舗にはこなかった層が大挙して訪れるのであれば、店造りも考える必要もあるかも知れない。

ウェイクの競合車種

 

スズキ ハスラー

 デビュー以来、予想を上回る売れ行きが続き、軽トールワゴンクラスの上位に顔を出し、時期的にも良い為、この勢いだと短期的には「タント」さえ抜きかねない。地上高のアップとアプローチアングルの若干の手直し程度で、主にSUVチックなルックスとカラーリングが特徴。そのため、購入するユーザーもオフロード性能などははなから求めておらず、4WDにもこだわらない。低燃費と室内スペースの広さ、そして機能重視の軽トールワゴンに飽き始めたユーザーにタイミング良く受け入れられた。

ホンダ N‐BOXスラッシュ

 以前からNシリーズベースのクロスオーバー車が出ると予想されていたが。実際にはリラックスできるプライベート空間という「ウェイク」や「ハスラー」が目指すレジャーやアウトドアライフを満喫するというここと180°異なる。高級なシート(軽自動車としては)と低めの天井で適度なつつまれ感の中、上質なオーディオを楽しむ。家族ではなく、仲間とでもなく一人で楽しむクルマだ。だから、燃費もそこそこでいいし、広さもそこそこでいい。スタイリッシュなクーペスタイルがコッコイイ。
 

ウェイクの保険料

 あらゆる面で経済的な軽自動車である「ウェイク」を購入した場合、自動車保険料を抑える為に、車両保険はつけない方もいると思います。何よりも一番出費を抑える方法ですから。しかし、先々を考えるとそうも言ってられません。新車で購入してすぐに、何十万円もの修理費用を払う事になるのは大変です。かといって、また買い換えればさらに負担は大きくなります。ローンで購入されていたらなおさら。もし、全損事故であったならクルマは無くしてしまって、ローンだけ払い続けるという悲劇になりかねません。事故は安全運転で防げても、台風などの洪水で水没したり、当て逃げ、盗難などは、正直言って防ぎようがないものです。これらを含めて車両保険に加入しておくのは、けっして不経済ではありません。コストダウンとは必要な項目に資源を集中させることで、むやみに切り捨てることではないのです。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ウェイクの車両概要

 2014年11月発売。新ジャンルの軽自動車として登場した。ミニバン並みの全高は1,835mm、室内高も1,455mmを実現しているのが特徴である。エクステリアはバックドアを立て、バンパーを2トーンカラーとし、フォグランプにメッキ加飾を施し、クォーターウィンドゥを縦長に、サイドターンベゼルをプロジェクター風とした。また、ヘッドランプ・クリアランスランプ共にLEDを採用している。

 荷室にはラゲージアンダートランクを設け、特に2WD車は、高さ320mm・容量約90Lの大容量となっており、デッキボードを開けることで荷室とアンダートランク全体の高さが1,485mm(2WD車の場合)となり、ゴルフバッグなどの長尺物もリアシートを畳まずに立てて積載することが可能となっている。
 パワートレインは「タンント」シリーズと共通で、ターボ車、4WD車もラインナップしている。

スペック表

車両価格(円) 1,350,000~1,873,800
車両寸法(㎜) 3,995×1,475×1,835
室内寸法(㎜) 2,215×1,345×1,455
ホイルベース(㎜) 2,455
車両重量(kg) 990~1,060
エンジン型式・排気量(cc) 直列3気筒DOHC658
最高出力 kW(PS)/rpm 38(61)/5,200 47(64)/6,400 ターボ
JC08モード燃費(㎞/L) 23.2~25.4
ミッション         CVT
駆動方式 FF 4WD
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加