キャストアクティバ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 650

キャストアクティバの新車値引き交渉のポイント

値引き目標額 3~5万円

 これから販売される新機種ということもあり値引きは一律3~5万円という程度。

ダイハツの社長が「まったく意識していない」と言いつつも、実際に購入を検討するかなりの方がスズキの「ハスラー」も検討している事が明白なため、「ハスラー」をピンポイントとした各種対策で値引きをカバーする方針です。

「ハスラー」だけでなくスズキ車全車に適用される下取り対策では5万円程度の査定アップ。

「ハスラー」の見積持参など競合が明白な場合にも数万円規模の対策費がメーカーから援助される。

ディーラーによっては独自の施策も行われている。

したがって買い取り専門店だけでなく、ディーラー下取りも考えるべきでしょう。

sec_02_gallery_01_slide_01

下取り価格の重要性

キャストアクティバの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。

いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。

新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 人気車種になった「ハスラー」に対応する「アクティバ」は、大型タイヤやそのスタイリングだけでなく、「グリップサポート制御」や「DAC制御」が標準装備されるなど、SUVとしての能力も兼ね備え、「ハスラー」に物足りなさを感じているユーザーを引き付ける可能性があります。

意外と情勢ユーザーから「カワイイ」と評価を受ける「ハスラー」に対して、同じ丸目のデザインの「キャストアクティバ 」がどう評価されるのかが販売成績を左右するでしょう。

 「キャスト」シリーズの中心モデルとなる「アクティバ」だけに、ディーラーの鼻息も荒い。

ライバルが「ハスラー」とハッキリしているために対策も充実させています。

販売目標も「ハスラー」と同じ5先代としており、シリーズの合計でライバルを上回る計画です。

ネックとなるのは燃費。

30.0㎞/Lの「キャスト」を販売するディーラーにとっては辛いところでしょう。

キャストアクティバの競合車種

スズキ ハスラー

 「ワゴンR」をベースに、軽トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた新ジャンルの軽自動車として、トールワゴン市場に新しいジャンルを切り開いたのが「ハスラー」。

最低地上高を180㎜とし、アプローチアングルを28°、デパーチャーアングルを46°とするなど、見た目だけでなく悪路走破性にも対応しています。

また、5月には「S-エネチャージ」搭載車を追加し、JC08モード燃費率 32.0㎞/Lを達成している。

 発売直後からその話題性で人気を集め、販売台数ではベース車の「ワゴンR」に迫る勢いを見せています。

競合車がいないのも快進撃の理由であったため、「キャストアクティバ」の登場で勢いを削がれるのか、逆に軽クロスオーバーSUV市場が活性化し、さらに販売を加速させるのかが注目されます。

キャストアクティバの保険料

 あらゆる面で経済的な軽自動車である「キャスト」を購入した場合、自動車保険料を抑える為に、車両保険はつけない方もいると思います。

何よりも一番出費を抑える方法ですから。

しかし、先々を考えるとそうも言ってられません。

 新車で購入してすぐに、何十万円もの修理費用を払う事になるのは大変です。

かといって、また買い換えればさらに負担は大きくなります。

ローンで購入されていたらなおさら。

もし、全損事故であったならクルマは無くしてしまって、ローンだけ払い続けるという悲劇になりかねません。

事故は安全運転で防げても、台風などの洪水で水没したり、当て逃げ、盗難などは、正直言って防ぎようがないものです。

これらを含めて車両保険に加入しておくのは、けっして不経済ではありません。

コストダウンとは必要な項目に資源を集中させることで、むやみに切り捨てることではないのです。

自家用乗用車の型式ごとに割り当てられる「料率クラス」が軽自動車には適用されないため「キャスト」のエントリーモデルであっても最上級車種であっても保険料が変わらないという事もありますので、慎重に検討されるべきでしょう。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

キャストアクティバの車両概要

ターゲットは30代もしくは行動派の若者 

 「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに「ムーブ」をベースとして開発され、クロスオーバーテイストの「キャスト アクティバ」、都会的なテイストの「キャスト スタイル」、専用サスペンションチューニングを施したスポーツテイストの「キャスト スポーツ」という世界観が異なる3つのバリエーションを設けているのが特徴。

 2015年9月に「アクティバ」と「スタイル」が発表と同時に販売を開始。

「スポーツ」は同年10月末より販売開始予定とされた。

 「アクティバ」の外観は車両の下回りをプロテクトする樹脂ガーニッシュや15インチの大径タイヤ(165/60R15)を採用し、ロアボディやサイドドアモールをガンメタリック塗装で仕上げ、専用グリルを採用。

内装は黒基調にアクティブな形状のインパネ加飾を施し、インパネデザインにオープントレイを採用。

シートはシルバーとスウェード調の生地を組み合わせたフルファブリックシートを採用している。

スペック表

キャスト アクティバ
車両価格(円) 1,220,400~1,647,000
車体寸法(mm)全長/全幅/全高 3,395/1,475/1,630
室内長/室内幅/室内高(mm)  2,005/1,320/1,245
車両重量(㎏) 840~890
ホイルーベース(mm) 2,455
乗車人員 4
エンジン型式・排気量(cc) 直列3気筒 658
最高出力(kW/rpm) 38[52]/ 6,800     47[64]/ 6,400 ターボ
最大トルク (N・m/rpm) 60[6.1]/ 5,200   92[9.4]/3,200 ターボ
駆動方式 2WD 4WD
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 (㎞/L) 25.0~30.0
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加