アトレーワゴン保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 614

アトレーワゴンの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 15~16万円

 競合させる車種はスズキの「エブリィワゴン」がテッパン。場合によってはOEMの「スバルディアスワゴン」も可。スペックは似通っており、値引き勝負しやすい環境。軽自動車の中では高額であるため、いい条件は是非ほしい。商用バンでは利益が出ないが、このワゴンは利益車種のため、人気のトールワゴンより期待できる。もともと不当に価格の高いクルマなので、頑張りたい。150万円以上のグレードなら15万円は必須。それ以下のグレードでも目指したい。そのためにも「エブリィワゴン」で13万円は提示させたい。

下取り価格の重要性

アトレーワゴンの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 商用バンの人気そのままにライバル「エブリィワゴン」に大差を付けられている。スペックや価格はまったく同じなのにこの状況なのは、どこに問題があるのか。4灯式ヘッドライトなどバンとの差別化は「エブリィワゴン」以上だが、総合的なデザインはアクが強すぎて番人受けしない結果に。現状の販売台数や販売計画から考えると、「ハイゼットカーゴ」のモデルチェンジまでは多少の改良程度でお茶を濁すしかないか。地方部を中心に以外な人気があるこのクラスだけに、もう少しだけイメージを変えられればロングセラーになりうるはず。若者ではなく、高齢者にシフトすべきだ。
 

アトレーワゴンの競合車種

車両価格136.5~169.0万円

スズキ エブリィワゴン(134.4~169.0万円) 商用バンのヒット車種「エブリィバン」の常用タイプ。「アトレーワゴン」とほぼ同じ商品体系でインタークーラー装備のみであるが、標準ルーフとハイルーフ仕様をラインナップする。販売台数は「 アトレィワゴン」の倍以上を誇る。

スバル ディアスワゴン(137.0~169.5万円) 「 アトレーワゴン」のOEM供給車両。仕様、車種体系は同じ。若干の装備の差により、微妙に価格設定が異なる他ボディカラーが少ない以外は、エクステリアも違いはない。販売台数も月販数百台と少ない。

ホンダ バモス/バモスホビオ(120.3~141.3万円) ローダウン仕様の「バモス」と、ハイルーフで積載に重点を置く「バモスホビオ」をラインナップ。ターボ仕様は設定しないが、荷室下にエンジンを置くミッドシップ・リアドライブを採用し、安定性に優れている。

アトレーワゴンの保険料

 自動車保険では、運転できる人の年齢を前もって制限しておくことで、保険料を抑えられる年齢条件の設定の仕方で保険料に大きな差が出ます。一方で、年齢条件から外れた人が運転すると事故の際に補償が受けられない場合もあります。現在の年齢条件と運転する人の年齢をもう一度見直してみましょう。
 自動車保険では若い人ほど保険料が高くなります。これは過去の事故率のデータの、若年層ほどリスクが高いという統計結果に基づいているためです。年齢条件には、全年齢から21歳未満不担保~35歳未満不担保あるいは、30歳未満不担保までの保険会社もあります。35歳以上のドライバーで、30歳未満不担保までの設定しかない保険会社と契約している方は、他社の見積もりを試してみる価値はあるでしょう。
 また、同居されているお子さんが免許を取った時も要注意です。年齢条件のある親の車を運転して、事故を起こす例も多数あります。自動車保険の年齢条件はいつでも変更が可能ですので、家族が免許をとった場合にはすぐに保険会社もしくは契約した代理店に連絡することが必要です。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

アトレーワゴンの車両概要

 2005年5月発売開始。商用バンの「ハイゼットカーゴ」をベースt5おしたキャブオーバータイプの軽ワンボックスで、外観デザインは、重厚感のある大型エアロバンパーとメッキグリルに加え、軽キャブワゴンクラス初となるディスチャージヘッドランプを設定。4灯式ヘッドランプを採用し、存在感と上質感のあるフロントデザインを演出している。   
 インパネからバックドアまでの距離を2,630mmとすることにより、4人乗車時にもキャンプ道具などの4人分の荷物積載が可能な広いラゲージスペースを実現。 大開口のフロントドアや低めのフラットフロア、広い足元空間により、前席の優れた乗降性を実現させ、さらに後席の優れた乗降性を実現すると共に、ラゲージルームへの積載性を向上させた。 ヘッドレストをつけたまま手軽に格納できるリヤシートを採用。左右分割しての格納や180mmのスライド、リクライニングにより、人数や荷物の大きさ・量、目的に応じたシートアレンジを実現させる。
  全車、パワーと扱いやすさを両立したツインカム3気筒ターボエンジン(EF-DET型)を搭載 。5MTと4ATと組み合わせ、回転差感応式カップリングを搭載したフルタイム4WDも設定する。

スペック表

車両型式 A BAーS321G  S331G
車両価格(円) 1.365.000~1.690.000
車両寸法(㎜) 3.395×1.475×1.875
室内寸法(㎜) (1.825~1.970)×1.340×(1.285~1.970)
ホイルベース(㎜) 2450
乗車定員(名) 4
エンジン型式・排気量(cc) KF型 DOHC直列3気筒 658
最高出力 kw(ps)/rpm 47(64)/6.400 
JC08モード燃費(㎞/L) 13.4~14.4
駆動方式 FF  4WD
ミッション         4AT
自動車保険の比較はこちら

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加