ビーゴ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 610

ビーゴの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 26~31万円

 ライバルは存在するものの、「ビーゴ」相手に価格勝負するとは思えないだけに、競合相手はトヨタのOEM車「ラッシュ」になってしまう。しかし、日産「ジューク」が同じ価格帯に並ぶため、押さえておきたい。25万円はスタートラインで、30万円を目指す。価格据え置きでメーカーオプションのサイドエアバッグ狙いもいい。価格が低めの「ジムニーシエラ」の価格に合わせさせるという方法もある。

下取り価格の重要性

ビーゴの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 2013年で8年目に突入する末期モデルとなり、次世代コンパクトSUVの話題も出ている。この次期SUVは、日産のジュークやデュアリスの対抗車種と考えられ、開発するトヨタの現行ラインアップにないクラスに参入することになる。世界中で販売されるため小排気量ターボやハイブリッド、ディーゼルまで多彩なバリエーションになり、日本に導入されるのは、1.8L ガソリン、1.8LHYBRIDの予定だ。さらにダウンサイジングターボエンジンの可能性があるだろう。但し、排気量クラスも変わるために「ビーゴ/ラッシュ」の後継といえるかどうかは不明で、名称は消滅する可能性もある。
 発売は2015年頃が濃厚 のため、まだ2年近くは現行モデルが販売されるか、生産終了するかもわからないが、2013年1月に改変後もエコカー減税対象車にはならないなど、改良も限界にきている。

ビーゴの競合車種

車両価格169.0~219.8万円

スズキ ジムニーシエラ(159.0~169.8万円) 「ビーゴ」より極端にオフロード寄りの車種だが、ベースとなった「ジムニー」よりは居住性は増し、SUVらしさがある。とはいえ1.3Lエンジンに1070㎏の軽量ボディで本格的オフロード走行も可能だ。

日産 ジューク(162.0~285.0万円) 1.5Lの2WDならほとんど「ビーゴ」と同じ価格帯に入る。スタイリッシュなSUVと、ハッチバックの融合した独特のデザインが最大の特徴。

トヨタ ラッシュ(169.0~219.8万円) 「ビーゴ」のOEM供給車。当然すべて共通仕様だが、グレード編成に違いがあり、「ビーゴ」よりも豊富だ。

ビーゴの保険料

 保険会社を選ぶ際、各種キャンペーンを利用するのもいいでしょう。例えば、「見積もり一括サイト」経由で契約すると「オリジナル図書カード」プレゼントとか、「お米3合分」プレゼント。そして抽選で「エコカー」が当たるなどというのまであるので、同じ保険会社に加入するのにも、加入の仕方でお得なプレゼントが手に入ります。
 もちろん保険会社選びはそれだけではありません。事故対応満足度が重要ですが、ランキングなども掲載されるサイトも多いので参考にされるのもいいでしょう。また、保険料に関しても、雑誌等などで特集が良く掲載されており、ランキングも出ています。しかし、それらの評価、ランキングでナンバーワンだからといって、全員がその保険会社に加入しているわけではありません。それは、ご自身のクルマの使用状況など、それぞれに合った保険会社があるからです。「ゴールド免許」だからより安くしてくれる保険会社もあれば、「ブルー」でも差を付けないのが喜ばれる保険会社もあります。ひとつの保険会社による、ひとつの制度では、クルマに乗る人すべてを満足させられないのです。ご自身に合った保険内容とサービス内容を提供する保険会社を選ぶことが重要です。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ビーゴの車両概要

 2006年1月、OEM車両のトヨタ「ラッシュ」と同時に発売開始。ベストコンパクトSUVを目指し、「タフ&カジュアル スポーツ・ユーティリティ・ワゴン」をテーマに、SUVの「楽しさ・走破性」と、コンパクト2BOXの「気軽さ・使い勝手」、ワゴンの「うれしさ・機能性」を融合させた新ジャンルカーとして開発された。
 エクステリアは、超ショートオーバーハングの先進的なプロポーションをベースに、ワイドで押し出し感の強いフロントバンパーやホイールフレアによりダイナミックなスタイルを表現させ、インテリアは、SUVらしい骨太で厚みを感じさせる基本造形をベースに、各所にメタル調加飾を施すことで上質感とスポーティ感を演出させている。また、街中や狭い道でも運転のしやすい4.9mの最小回転半径と、高いアイポイントによるワイドな視界を実現させ、コンパクトなボディサイズに、大人4人が快適に過ごせる室内空間と、大容量のラゲージスペースを両立させた。
 メカニカルセンターデフロック付のフルタイム4WDシステムに加え、滑りやすい路面や雪道で威力を発揮する最新機能を採用したVSCを設定し、高いオフロード性能を実現。また、 高出力、高トルクな新開発1.5lエンジンを搭載した。

スペック表

車両型式 ABAーJ200G  J210G
車両価格(円) 1.690.000~2.198.000
車両寸法(㎜) 4.005×1.695×(1.690~1.705)
室内寸法(㎜) 1.800×1.385×1.240
ホイルベース(㎜) 2580
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) 3SZ-VE DOHC直列4気筒 1.495
最高出力 kw(ps)/rpm 80(109)/6.000 
JC08モード燃費(㎞/L) 13.2~13.8
駆動方式 FF  4WD
ミッション         4AT
自動車保険の比較はこちら

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加