日常の点検や運転で燃費を節約する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 345

 まずはHYBRIDなど燃費のいい車種を購入・・・と言ってもしょうがないので、今お乗りのクルマで少しでも節約という観点で進めます。

燃費の良くなる運転法

 劇的とはいきませんが、ちょっとした事で燃費が良くなる事もあります。日頃の運転に取り入れられれば自然に節約できるでしょう。

 難しいテクニックは抜きにして、まずは車内の余分な物を下す事から始めましょう。最近のクルマはラゲッジルームが広がり、2段になったフロアやトレイ、小物入れも充実しています。特にミニバンやトールワゴンに目を見張るものがあります。それはいつの間にか積みっぱなしの物入れになっていませんか?。何も載せてないつもりでも、たまに掃除すると両手で抱えるほどのものが出てきます。幾つものワックスやコーティング剤等の洗車道具、予備のウォッシャー液、バッテリー液、使わないロードマップ、買ったきりの各種工具、おもちゃ、アウトドアア用品、すべて道警するとご家族の人数次第では、数十キロにもなります。
 これらを整理し、余分なものは降ろてしまうだけで、燃費が変わるはずです。

スポンサーリンク

こまめなメンテナンスで燃費アップ

 車両のメンテナンスは重要で、何より一番効果がある方法です。車検以外に何もしてないという方が実は多いのです。法定点検さえしていれば、問題ないはずなのですが、それさえパスしてしまうと、思わぬトラブルが起きるまで異変に気ずけません。節約方法などどうでもいい出費になるので法廷点検は忘れずにおこないましょう。燃費の点でいえば、オイルの交換は重要です。せめて5,000㎞ぐらいを目安にオイルとフェルターを交換しているだけでかなり違います。
タイヤの空気圧はどうでしょう。まめにチェックしてますか。セルフのガソリンスタンドを利用される機会が多くなると、空気圧のチェックは自分でしないと、忘れがちです。空気圧が減りすぎると当然危険ですが、しこまでいかなくても、接地面の増加で、抵抗が増して燃費が悪くなります。最低でも一か月ごとにチェックしましょう。セルフのスタンドでも親切に教えてくれます。

運転の仕方で燃費向上

 アイドリングストップ機構付のクルマが多くなり、JC08モード燃費が飛躍的に伸びています。ということは、アイドリングがいかに燃費を食っているかということでしょう。無駄なアイドリングを減らすだけで、最新のコンパクトカー並の燃費になるかも知れません。
 急発進は禁物。瞬間的にはいちばん燃料を消費する行為です。TVドラマ以外ではまずそんな必要はないはずです。急発進の次には必ず急停車が待っているのです。何も得はないので、落ち着いて安全運転すべきでしょう。

ガソリンスタンドの利用法

 少しでも安い給油所を見つけるのは当然ですが、各種カードの利用でかなり安くなります。プリペイドカード、やガソリンカード、クレジットカードなどです。プリペイドカードは毎回同じ給油所を利用する方にお勧め、クオカード利用でも。ガソリンカードは同じ銘柄なら場所を問わずに利用でき一定の安価で給油でき、ポイントがたまるとさらに安くなります。各種クレジットカードならどこでもどの銘柄でも給油でき、ポイントをためるのに買い物よりも効果的で、もちろん買い物や修理にも使えます。各カードともに2~5円の割引があります。
 精算機の利用も簡単で、しわの寄ったお札を苦労して飲み込ませ、小銭がどんどん増えるのも防げます。

 細かなことの積み重ねが大事なのですが、出来ることから少しずつ行う事が肝心です。無理に燃費、燃費と考えて運転しても疲れるだけです。自動的に低燃費で走れるクルマを手に入れるまでは、まず、無駄なアイドリングと急発進をやめることから始めましょう。

 蛇足になるかも知れませんが、燃費のいいクルマに買い替えることが節約になるわけではありません。重大な故障や、費用のかかる部品交換を必要となる以外、なるべく長く乗り続けるのが一番節約できて、エコなのです。どんなに燃費がいいクルマでも百万円以上の出費をして、いくら節約するのか考えましょう。元は絶対に取れるものではありません。どうしてもというのなら中古車でもいいでしょう。何が得なのか考えてみる事が必要です。

燃費・節約に関連する他の記事

DIYやディーラーの活用など、整備・メンテナンス費用の節約
税金・保険・車検、自動車維持費の節約

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加