自動車保険の保険料の仕組

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 329

 毎年、自動車保険の保険料を支払っている方でも、その仕組みについて知っておられるでしょうか? 保険料は、補償範囲、補償金額(保険金額)、等級、契約者の条件などによって大きく変わってきますが、自動車保険では、複数の保険や特約そして様々な条件設定から構成されており、その仕組みは非常に分かりづらいといえます。しかし、保険料の仕組みをある程度理解しておくことは大切ではないでしょうか。そこで、簡単にその仕組みを解説してみました。

a0055_000866

自償責保険と任意保険

 自動車保険には、法律で強制的に加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険(通称=自賠責保険・強制保険)と、任意に加入する自動車保険(任意保険)の2種類があります。自賠責保険は、自動車を運行する(道路を走る)際に加入が義務付けられており、加入にないとクルマを登録し、ナンバーを公布してもらうことができません。
自賠責保険は自分が他人の身体に損害を与えた場合(人身事故)の、賠償部分のみが対象で、車やガードレールなどの「モノ」の損害に対する賠償や、自分の車やケガについての補償などは受けられません。また、補償額は死亡の場合で3,000万まで、後遺障害で最高4,000万円となっており、人ひとりの命に対する補償額としては決して充分とは言えません。そこでその不足する部分を補うのが任意保険です。

保険料の構成要素

 なぜ保険会社によって自動車保険料に違いがでるのでしょうか?。それは自動車保険が「純保険料」と「付加保険料」の二つから構成されており、「純保険料」は保険金の支払いの原資になり、そして「付加保険料」は事業経費や代理店手数料、利潤に充てられます。つまり、この「付加保険料」の内容である事業構造や経営方法が保険料に関係してくるからです。一般にダイレクト系の保険会社は代理店手数料はゼロであり、各支店の維持費なども大幅に削減しているため、この「付加保険料」の内容が大手損保会社と異なっているため、非常に安い保険料の設定が可能なのです。

保険料=保険金額×料率

 自動車保険では、担保ごとに保険料が決められており、全体の保険料は、全ての保険と特約の合計になります。中でも保険料の比率が高いのが車両保険で、逆に保険料の比率が低いのが対人賠償保険になります。担保すべき補償範囲を増やすと、保険料は上がり、逆の場合は険料は下がります。

 また、各保険料は、補償額に料率を掛けることによって算出されます。リスクの小さい人は大幅に保険料がダウンする可能性があり、リスクの大きい人は、逆に大幅に保険料がアップする可能性もあります。具体的には 人身では(運転者の年齢)(運転者の範囲)(免許証の色)などです。リスクの大きい人とは、年齢が21歳未満で、運転者限定は無く、免許証の色はブルーの人です。車両については、(車種、排気量など)(安全装置の有無)。リスクが大きいのは大排気量で高価なスポーツカーでABSやエアバッグ非装着なクルマとなります。そしてこれらは「型式別料率クラス制度」として軽自動車以外の登録車両すべてが決められています。

型式別料率クラス制度

 自動車保険の「型式別料率クラス制度」とは、車(自家用普通乗用車または自家用小型乗用車の場合)を型式ごとの保険事故の実績に基づいて9つの料率クラスに区分し、それが自動車保険料に反映される制度です。しかしながら、「自動車保険料率クラス」は自動車保険料算出のベースとな るデータでありながら、自動車保険加入者の目にほとんど触れることがないのが現実で、クルマの購入時や保険の更新時に見かける程度でしょう。

 料率クラスが上がるほど保険料が高くなり、下がるほど保険料が安くなります。そして、自動車保険の「型式別料率クラス」は、毎年見直されるため、そのため、無事故で等級が進み前年と同じ条件で更新される場合であっても、車の型式によっては、「料率クラス」の変更に伴い、更新前の自動車保険料より更新後の自動車保険料が高くなる場合があります。

保険料に関連する他の記事

自動車保険の節約方法
自動車保険の比較サイトの有効利用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加