ホンダ車の値引きや保険料の傾向と車種一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 221

ホンダ車の値引きの傾向

 ホンダの場合は大幅値引きが可能な車種と、厳しい車種がハッキリしている。販売が好調な車種である「フィット」「ヴェゼル」のハイブリッドモデル、新型になった「オデッセイ」、軽自動車の「N」シリーズは値引きの提示額は非常に低い。特に納期のかかるハイブリッドは難しい。その中では「フィット」「ヴェゼル」のNAモデルは比較的交渉しやすく、販売サイドでも値引くことによってハイブリッドとの比率を調整しており、全体の販売台数を引き上げている。

 かなりの値引きが期待出来るのは、「CR-V」「ストリーム」。これらは一世を風靡したが今は忘れられているモデルだ。ホンダのお家芸でもある、いい時は前面に出して売りまくるが、人気が下降すると、投げっぱなしの放置プレイで隅に追いやられ、しばらくするとモデルチェンジされることなく消滅する危機にある車種だ。

 「ステップワゴン」は大きな値引きをしなくても販売が好調であったが、さすがにライバルの改良が進み、優位性が少なくなり、特に「ノア/ヴォクシー」のモデルチェンジ以降は値引きせざるを得なくなっている。

ホンダ車の自動車保険料の傾向

 かつてホンダ車にはスポーツカーのイメージがあり、確かにそういったモデルも多数存在しました。しかし、現在の同社では、軽自動車からコンパクトカーに代表されるエントリーカーを始め、ミニバンのような家族向けの車種のように、スポーツカーとは無縁のものが多数販売されている。保険料もこれらを反映し、比較的「保険料率」の低い車種が多くなっている。しかし、ハイブリッド車の拡大採用や、PHEVの設定などNAガソリン車とは保険料の異なる車種が、ひとつの車種に混在しているため、グレード選びの際には慎重になることが望ましいでしょう。「フィット」を例にすると、1.3L、1.5L、1.5Lのスポーツモデル、そしてハイブリッドと複数のパワーユニットをラインナップしている。当然これらは保険料のもととなる「保険料率クラス」が違うという事になります。

車種一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加