アクティトラック保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 443

アクティトラックの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 7~10万円

 販売が苦戦しているとはいえ、ライバルより大幅に値引きしているということにはならない。大幅値引きによって売ることとができればある程度販売台数を伸ばすことも可能だが、それができない軽自動車、中でも利益の薄い軽トラックは交渉の余地が狭い。どのディーラーでもATや4WDなど価格が高めな車種で上限は10万円というところで、あとはオプションの有無で若干の差が出る。

下取り価格の重要性

アクティトラックの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 フルモデルチェンジ直後こそ月販5000台を売り上げ、「キャリィトラック」「ハイゼットトラック」と互角の販売成績であったが、4年を経過した現在ではトップ争いを繰り広げる2車と比較して4分の1程度の販売台数でしかない。もともとホンダのこのクラスのシェアはこの程度ではあるとはいえ、当初の販売計画台数3500台も難しい状況だ。
 最新の「スズキ キャリィトラック」と比較しても、商品力は十分あるのに販売が伸びないのは、本来走行安定性に定評のあるミッドシップレイアウトのパッケージングを売り物にできるはずのターゲットである、運送業者への遡及が成功せず、自社の耕耘機や発電機などのユーザーである農林水産業へのアプローチに偏りすぎたためと思われる。これらの方々にとってもミッドシップレイアウトは、整備性が悪いだけでしかない。

キャリィトラックの競合車種

ダイハツ ハイゼットトラック

 「キャリィトラック」と並ぶ軽貨物の定番。スバルが自社生産を終了した後、大手軽貨物ユーザーの「赤帽」が正式採用したように、配送業などで強みを発揮する。居住スペースの広い「ジャンボ」や、上級装備の特別仕様車を設定するなど、独自の車種構成を持つ。

スズキ キャリートラック

 2013年8月に14年ぶりのフルモデルチェンジをされた。ボディタイプをセミキャブ・ロングホイールベースからフルキャブ・ショートホイールベースに大きく変更した。3.6mのクラストップの最小半径と、同じくのクラストップの18.6㎞/Lの低燃費を誇る。また、以前からOEM供給を行っているマツダに「スクラムトラック」に加え、三菱に「ミニキャブトラック」日産へ「クリッパートラック」としてOEM供給を行っている。

アクティトラックの保険料

軽トラックは大した距離しか乗らないし、公道を走る機会が少ないからと言っても任意保険に入らなくていいというわけではありません。しかし、なるべく安く抑えたいものです。軽トラックを購入する人は、別に乗用車などのクルマを持っている人が多いようですので、そのクルマに入っている任意保険と合わせて保険に入ると割引になるようなシステムの保険会社もあるので、複数の車を所有しているなら、そういった割引制度がある損害保険会社の自動車保険を探して加入するとお得です。また、各種免責金額を高く設定することで保険金額を安くすることが出来ます。

 地方では高齢の方が、軽トラックを足代わりにして運転している例も多く、同じ補償条件なら少しでも安い保険料に越したことはありません。自動車保険の一括見積もりサイトなども活用して、最安値の損保を探してみるのもいいでしょう。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

アクティトラックの車両概要

 1963年に誕生したT360が原型となり、現在に至る軽トラック。ボディー形状からキャブオーバー タイプと思われがちだが、空車時のトラクション確保および走行能力を得るために、構造的にはアンダーフロアエンジンのミッドシップレイアウトとなっている。

 現行モデルは2009年12月にフルモデルチェンジした4代目にあたる。基本的なパッケージレイアウトを見直し、ホイールベースを短くすること ことにより、広いキャビン空間と、軽トラックトップの最小回転半径3.6mの小回り性能を実現するなど、使い勝手を向上している。また、最低地上高185mmを確保し、あぜ道の凸凹や、みかん畑などの急勾配での段差でも地面と接触しにくくしている。

 エンジン配置は、ミッドシップエンジン・リアドライブ方式を継承し、高い走行安定性を確保している。 また、ATTACK仕様の4WD車には、1速前進や後退よりも、さらに低いギア比のウルトラロー/ウルトラリバース・ギアを搭載。ぬかるみからの脱出や、急な坂道でのスムーズな走行に加え、田畑での収穫時の積載作業などに合わせた低速走行を可能としている。

 HYPER 12-VALVEエンジンを採用することと、車体の軽量化などにより、最量販モデルの2WD車で17.2㎞/L、4WD車で16.8km/LのJC08モード燃費を実現した(いずれも5MT車)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加