グレイス保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 627

グレイスの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 10~15万円

 発売されたばかりの「グレイス」に値引きは酷かも知れない。出来ればしばらく様子をみたいところだが、値引きをまったく期待できないこともない。「プリウス」が大ヒットした時とは状況が違う。それにセダンタイプの「グレイス」にはその瞬発力はないだろう。乗り出し価格は5万円程度だが、「カローラアクシオ」との競合があれば(ほぼ全数だえおう)+5万円、合計10万円というところだろう。あとは、下取り対策として査定額に+5~10万円。次期的に年末年始のセールがあるので、有形無形のサービス品やオプションの割引が加わるはずだ。

CIMG1386

下取り価格の重要性

グレイスの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 「フィット」が大ヒットするホンダ陣営の悩みは、「アクア」に対しては燃費などのスペックやクルマの魅力で真っ向勝負できても、ひとクラス上のボディサイズである「プリウス」や「カローラ」には、室内や荷室のスペースではかなわない為、お客をのがすこともあるのだ。そこで「グレイス」の登場がこの対策になればということだ。

 ただし、ハイブリッドのみの設定であるために、販売台数ではそう多くは期待できない。「フィット」もハイブリッド車が販売を牽引しているが、低価格のガソリン車の評価も高く、販売される半数はガソリンん車だ。また、カローラもハイブリッド車で話題になったが、大半は1.5L1.3Lのガソリン車で、ハイブリッドのラインナップも少ない。

 販売目標の月販3,000台は、当面はオーバーする受注が見込まれるが、半年一年後の状況は楽観できない。これに相次ぐリコール問題が逆風となれば、おもわぬ失速が待つことになる。ディーラーの苦労が目に浮かぶ。

グレイスの競合車種

トヨタ カローラアクシオハイブリッド

 「グレイス」登場前は唯一のハイブリッドコンパクトセダン。最高燃費では「グレイス」に抜かれたが、33.0㎞/Lの燃費は、「グレイス」の一部グレードより上である。また、価格の安い1.5L1.3Lがあるのは有利であり、4WDの設定がないのは不利になるだろう。室内スペースも若干不利ではあるが、11代目にもなる歴史がセダン造りのツボを押さえており、不満のない仕上りになっているのはさすがだ。

トヨタ プリウス

 大方の見解では、「グレイス」の競合車種はこの「プリウス」。「カローラアクシオハイブリッド」は販売台数的にも、目標とはされないとの見方だ。2,232,000~の車両価格は「グレイス」より30~40万円高、燃費も30.4~32.6㎞/Lと不利だ。しかも大量に販売されていささか見飽きたこともあり、モデルも末期になるため、「グレイス」側にとっては競合させるのに好都合なのだろう。

グレイスの保険料

 自動車保険は型式別の料率クラスによって保険料が細かく区分されています。自動車保険の「型式別料率クラス制度」とは、車を型式ごとの保険事故の実績に基づいて9つの料率クラスに区分し、それが自動車保険料に反映される制度です。料率クラスが上がるほど保険料が高くなり、下がるほど保険料が安くなります。

 「今まで乗っていたクルマと同じ大きさだから「グレイス」に乗り換えても保険料は同じだろう。」と思っていたら、大きく差が出て驚くかもしれません。

 また、車の型式によっては、「料率クラス」の変更に伴い、更新前の自動車保険料より更新後の自動車保険料が高くなる場合があります。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

グレイスの車両概要

 2014年12月1日発売。世界戦略車である「シティ」をベースにした5ナンバーサイズのハイブリッド専用コンパクトセダン。ハイブリッドシステムは1モーターシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を採用しており、JC08モード燃費で34.4km/L(「HYBRID DX」・「HYBRID LX」のFF車、「HYBRID EX」のFF車は31.4km/L)の低燃費を実現している。またトランクルームはFF車で430Lの大容量を実現するとともに、ハイブリッドカーでありながらトランクスルーを可能にした。さらに、5ナンバーのハイブリッドセダンで初めてとなる4WD車も設定されている。

スペック表

車両価格(円) 1,950,000~2409,800
車両寸法全長×全幅×全高(㎜) 4,440×1,695×1,475~1,500
室内寸法(㎜)長×幅×高 2,040×1,430×1,230
ホイルベース(㎜) 2,600
最小回転半径(m) 5.1~5.3
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) LEB直列4気筒DOHC1,496
最高出力 kw(ps)/rpm 81[110]/6,000
最大トルクN・m(kgf・m)/rpm 134[13.7]/5,000
モーター型式・種類 HI・交流同期電動機
動力用電池 リチウムイオン電池
最高出力 kw(ps) 22[29.5]/1,313-2,000
最大トルクN・m(kgf・m) 160[16.3]/0-1,313
JC08モード燃費(㎞/L) FF:31.4~34.4  4WD:29.4
駆動方式 FF  4WD
ミッション         7速オートマチック
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加