CR-V保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 621

CR-Vの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 27~33万円

 ホンダディーラーでも展示されない事もある同車であるが、利益率の高い車種なので、値引きは期待していい。4WDの設定はないが、20Gがお勧め。「レザーパッケージ」もあるが、50万円の差は納得いかない。ライバルには強敵の新規車種がいるが、「RAV4」が競合車種としてはベスト。営業マンも本気になってくれるだろう。交渉の過程で、もし「24G」のほうが大幅に値引きされるようであれば、27.7万円差なら「レザーパッケージ」より現実味があり、在庫の状況次第で可能性がある。また、SUV系はオプション類が高めなので、注意が必要だ。

下取り価格の重要性

CR-Vの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 「ストリーム」「エリシオン」と並び、放置プレイ状態の「CR-V」。スペック、装備ともに飛びぬけたものはないが、けっしてライバルに劣ることはなく、モデルもまだ新しいのだが、存在感が薄れている。ニューモデルは派手で、注目度のあるSUVだが、時間が経過すると、潜在需要の少なさと、新し物好きの傾向が強いユーザーが多いため長続きしないのが特徴で、「RAV4」も、評判の高かった「デュアリス」も同じだ。
 ディーラーの店頭にも見かけない事もあるが、フェアのチラシなどには、価格の比較的安い「20G」が特価車や特別装備車として登場する機会は多い。が、それ以外のCM等では皆目、目にすることもなく、さすがに一時代を築いた人気車種も、店頭来場者の記憶から薄れ、素通りされる現状だ。唯一の救いは「CX-5」の人気により、競合車種
の2番手あたりに考えら始めた事。ここで本来の魅力を伝えられれば勝機はあるはず。

CR-Vの競合車種

基本情報: 2.0L 2.4L 車両価格 2,500,000~2,770,000円

トヨタ RAV4  (215.0~251.0万円) 2.4Lエンジン搭載、このクラスのクロスオーバーSUVを、実質的に作り上げたクルマ。さすがにモデル末期とあって、スペックに見るべきものはないが、すべてが他社ライバルの基準になるだけあって、使いやすく、走行性能も十分だ。

マツダ CX-5  (205.0~319.0万円) 2012年にSKYACTIV技術によるクリーンディーゼルを搭載して登場すると、一躍SUVクラスの販売台数№1に躍り出た。省エネ・環境だけでなく、ディーゼル特有の高トルクが重量のあるSUVにベストマッチしている。

ニッサン デュアリス (209.7~277.7万円) コンパクトSUV市場を久々に活気ずけたクルマ。初期生産をUK工場で行い、日本に輸入する事で話題になった。欧州生まれの足回りは国内生産車と根本的に違うセッティングで、専門家を中心に評価が高い。

CR-Vの保険料

 「CR-V」などSUV車を購入される方は、走行距離も多く、遠くに出かける機会も多いのではないでしょうか。保険会社は、事故が起きた時の保険金だけでなく、事故対応などのサービスや故障時のロードサービスなど、様々なサービスを提供しています。これらの中には、無料のものもあります。ご自分が加入する保険にどのような付帯サービスがあるかについても知っておくと、役にたちます。例をあげると。
 事故を起こした時の連絡を24時間365日受け付け、相手方への連絡や代車の手配等の初期対応サービスを行ってくれる「24時間365日の事故受付サービス」。 出先で、現在位置がわからないところなどで、ロードサービスや事故の連絡をする場合に、携帯のGPSで位置を特定してくれる「GPS位置情報サービス」。その他スペアタイヤへの交換や、落輪の引き上げサービス、ガス欠時のガソリン補給、事故や故障で帰宅が困難になった場合に臨時の宿泊場所や、交通手段を案内するサービス(費用の支払いは特約などで)など、多岐に渡ります。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

CR-Vの車両概要

2011年12月発売。クロスオーバーSUVとして、世界中で販売するグローバルカーの4代目。空力を考慮した形状のフロントバンパーや、広い荷室と躍動感を生み出す曲率の大きなテールゲートガラスなど、強さと機能性を表現したエクステリアと、 利便性と快適性をもたらす最新の情報機能「センターディスプレイ」を採用するなど、運転に集中していても走行状況を把握しやすく、スムーズな操作が可能なインテリアを採用。 従来モデルに対しボディサイズを縮小しながらも、室内長を225mm、荷室容量を65L拡大し、扱いやすさ、使いやすさをに向上させた。
2.0L FF車にはCVT。2.4L4WD車には5ATを組み合わせる。

スペック表

車両型式 DBAーRM1 RM4
車両価格(円) 2,500,000~2,770,000
基本グレード 20G  24G
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 4535×1820×1685
室内寸法(㎜)長×幅×高 2125×1540×(1215~1160)
ホイルベース(㎜) 2620
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) R20A SOHC 水冷直列4気筒 1.997        K24A DOHC 水冷直列4気筒 2.354
最高出力 kw(ps)/rpm R20A 110[150]/6,200                 K24A 140[190]/7,000                             
JC08モード燃費(㎞/L) 11.6~14.4
駆動方式 FF
ミッション         CVT 5AT
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加