N-BOX保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 835

N-BOXの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 13~15万円

 マイナーチェンジしたばかりだが、値引き条件は基本的に変わらず。熾烈な競争状態にある軽トールワゴンクラスであるので、多銘柄との競合を示唆することも重要。面倒でも最低一車種は見積もりを取得することで、より具体的な交渉が出来る。
同車に限ったことではないが、軽自動車としては非常に高額な価格なのがトールワゴン。あれもこれもと欲張って上位グレードを選ぶと、総額170~180万円にもなり、最新のコンパクトカーが楽に購入出来てしまう額になってしまう。
しかも、これら登録車の方が燃費も良く、値引きが多いので、本末転倒になりかねない。したがって、グレード選びは慎重に行わなければならない。

 軽自動車の場合は例え高額なグレードでも、値引きの上限が低いので、まずは10万円の壁を超えるのが重要。そこからはライバル車種との合い見積もりで上乗せを狙う方法だ。

CIMG0059

下取り価格の重要性

N-BOXの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 今回のマイナーチェンジでエクステリアに初めて手を付けたが、言われなければわからない程度。燃費も向上したが、ライバルには遠く及ばない。しかし、発売直後はともかく、燃費の良さで人気を維持してきたクルマではなく、その、使い勝手の良さが売りだ。
今回、採用された後席のシートスライドは、ライバルにあって、同車にはなかった装備。「チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート」と相まって、販売現場での強い武器になりそうだ。

 発売から4年目に突入し、スペック等でモデルの一番苦しい時期で、ライバルの新型構成にもさらされている。それでも相変わらずクラストップの座をいつでも狙える位置に付けるのは、モデルの基本的な優秀さと魅力がそなわったクルマといえる。リコール続きの逆風の中、ディーラー営業マンが唯一安心して販売できるのが「N」シリーズだろう。

N-BOXの競合車種 

スズキ スペーシア

 どうしても「N-BOX」「タント」には大差を付けられてしまう同車。両側スライドドアは「タント」を意識して、同車の前身である「パレット」がもともと装備したもの。しかし、今では「N-BOX」「デイズルークス」も同様の装備を採用しているため、特徴が出しずらい悩みがある。フルモデルチェンジで名称まで変えて新規一転を図ったが、名称がまだ十分に浸透せず、知名度も今一つ。特別仕様の”Jスタイル”がお勧めだ。

ダイハツ タント

 「ミラクルオープンドア」を武器に、主婦層に圧倒的な人気を誇るのがこの「タント」。。燃費を始めとするスペックでは「N-BOX」を上回っており、知名度もこのクラスでダントツで、最大のライバルである。中心グレードはスマートアシスト装備の”SA”。

日産 デイズルークス/三菱 ekスペース

 最後発の利点で、随所に軽自動車らしからぬ作り込みを見せて存在感もあったが、徐々にこのクラス特有の熾烈な競争に飲み込まれた。昨年末には急激に販売を回復させるなど、日産のやる気次第で台風の目になりえるライバルだ。「ハイウェイスター」「ライダー」など、同社のミニバン同様のバリエーションが特徴。

N-BOXの保険料

 あらゆる面で経済的な軽自動車を購入した場合、自動車保険料を抑える為に、車両保険はつけない方もいると思います。何よりも一番出費を抑える方法ですから。しかし、先々を考えるとそうも言ってられません。

 新車で購入してすぐに、何十万円もの修理費用を払う事になるのは大変です。かといって、また買い換えればさらに負担は大きくなります。ローンで購入されていたらなおさら。もし、全損事故であったならクルマは無くしてしまって、ローンだけ払い続けるという悲劇になりかねません。事故は安全運転で防げても、台風などの洪水で水没したり、当て逃げ、盗難などは、正直言って防ぎようがないものです。これらを含めて車両保険に加入しておくのは、けっして不経済ではありません。コストダウンとは必要な項目に資源を集中させることで、むやみに切り捨てることではないのです。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

N-BOXの車両概要

 2011年12月発売。空間効率を最大限にするため、新設計の「Nシリーズ共通プラットフォーム」に加え、センタータンクレイアウトを採用した結果、クラスでもっとも低いフロアを実現した。同時に「ミニマムエンジンルーム」の思想を採り入れたことによって室内長として活用している 。また、ホンダの軽自動車として初めてかつ専用に新開発されたCVT)採用した。

 2015年2月のマイナーチェンジでは、初めてエクステリアを変更、その他では主に快適装備を充実させた。 そしてわずかながら燃費も向上し、JC08モード25.6km/Lとなっている

スペック表

N-BOX N-BOX
カスタム
N-BOX+ N-BOX+
カスタム
価格 1,270,000~1,659,400 1,520,000~1,859,400 1,380,000~1,789,400 1,590,000~1,929,400
車体寸法(㎜) 3,395×1,475×1,780~1,800 3,395×1,475×1,780~1,800 3,395×1,475×1,780~1,800 3,395×1,475×1,780~1,800
室内寸法(㎜) 2,180×1,350×1,400 2,180×1,350×1,400 2,180×1,350×1,400 2,180×1,350×1,400
ホイルーベース 2,520 2,520 2,520 2,520
乗車人員 4 4 4 4
最小回転半径(m) 4.5~4.7 4.5~4.7 4.5~4.7 4.5~4.7
車両重量(kg) 950~1,020 960~1,050 990~1,050 1,010~1,060
エンジン型式・排気量(cc) S07A/ 直列3気筒 658 S07A/ 直列3気筒 658 S07A/ 直列3気筒 658 S07A/ 直列3気筒 658
エンシ゛ン出力(kw/ps) 43[58]/7,300
47[64]/6,000ターボ
43[58]/7,300
47[64]/6,000ターボ
43[58]/7,300
47[64]/6,000ターボ
43[58]/7,300
47[64]/6,000ターボ
駆動方式 FF 4WD FF 4WD FF 4WD FF 4WD
トランスミッション CVT CVT CVT CVT
JC08モート゛燃費(㎞/L) 21.4~25.6 20.8~25.6 21.4~24.4 21.4~24.4
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加