ステップワゴン保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 622

ステップワゴンの新車値引き交渉のポイント

値引き目標15~20万円

 話題もバッチリ、予約も順調。人気グレードは納期もだいぶ先のようだ。こうなるとしばらく手が出ないが、人気の中心となる「わくわくゲート」装備車以外なら可能性はある。良く考えれば「わくわくゲート」は通常の仕様目的とすれば必要ではない。お子さんがいる方のみのキラーアイテムなのでなくても問題ないはず。ゲートの地上高も低くてかえって使いやすいほどだ。しかも、全車共通のパワーユニットというのも嬉しい。

 ここはエントリーモデルの「B」狙いで「わくわくゲート」の予算を4WDにあてたい。もちろんトヨタのミニバン3姉妹のどれかと、セレナとの相見積もりを行いたいが、値引き額でそれらを上回るのは現状では無理。ああくまで最大限の譲歩を引き出せれば良しとしたい。

IMGP3435

下取り価格の重要性

ステップワゴンの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 待ちに待った新型の登場で沸き立つディーラー。買い控えが響いて、昨年の後半よりまったく売れなくなった前モデルだっただけに、発売までに5千台を超える予約に期待は膨らむ。エンジンも「わくわく」ゲートも注目される新型だけに、しばらくは大ヒット間違いなしだろう。1.5Lという排気量に理解をしてくれない古いユーザーや、ハイブリッド信仰を植えつけられているトヨタ車ユーザーには、直噴ターボエンジンを同売り込むのかが課題。すでにトヨタではネガティブキャンペーンも行っており、見かけの燃費の差はネックになっている。

 今後ハイブリッド車の投入も考えられているが、投入の時期を誤ると、せっかくの新パワーユニットが埋没しかねない。当分は燃費は置いといて、「わくわく」ゲートを前面に売りまくるしかない。

ステップワゴンの競合車種

 

トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア

 2014年の風モデルチェンジでハイブリッド車を導入。その圧倒的な低燃費性能で販売成績もクラストップの地位を不動のものにした。さらに3台目の姉妹車「エスクァイア」の投入による販売力のさらなる増強で、他の追随を許さない体制だ。ハイブリッドに注目が集まるが、NA ホンダ ステップワゴン 2.0Lエンジンも改良され、新型「ステップワゴン」登場までは、クラストップの燃費をほこり、低価格であることで販売の中心になっているのも見逃せない。

日産 セレナ

 簡易ハイブリッドシステムの「S-ハイブリッド」を武器に、大ヒットを続けた日産の主力ミニバン。しかし、燃費に関しては現在ではまったくかなわず、ハイブリッドどころか、トヨタ製のNAエンジンにも届かない状況。さらに 「ステップワゴン」の登場で商品力の低下は歯止めがかからない。ホンダとトヨタのミニバンを購入する際の競合車種としてのみ注目される存在。お買い得なのは間違いないので、販売現場では脅威になる。

ステップワゴンの保険料

 新型「ステップワゴン」の購入を機に、保険の見直しをされていられる方も多いと思います。ところで、自動車保険の「型式別料率クラス制度」を御存知ですか?。車(自家用普通乗用車または自家用小型乗用車の場合)を型式ごとの保険事故の実績に基づいて9つの料率クラスに区分し、それが自動車保険料に反映される制度です。 料率クラスが上がるほど保険料が高くなり、下がるほど保険料が安くなります。自動車保険の「型式別料率クラス」は、毎年見直されます。

 当然、「ステップワゴン」にも料率クラスがあります。今回のフルモデルチェンジでエンジンが大きく変わったため、今まで「ステップワゴン」にお乗りの方も保険料が変わることが予想されます。販売店にて、担当者にどのように保険料が変わるのか、忘れずに確認することが必要でしょう。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ステップワゴンの車両概要

 2015年4月にフルモデルチェンジされた5代目は、エンジンをこれまでの2.0Lから大幅にダウンサイジングし、ホンダ車では初採用となる直噴1.5L VTEC ターボエンジンを全車に採用。デュアルVTCなどの採用によって燃費を向上し、「平成32年度燃費基準」を達成。また1.5Lとすることで自動車税が軽減できるメリットもある。CVTも小排気量ターボエンジンに合わせて新開発され、燃費性能と共に街中での走行性能も高めた。

 新機能の、テールゲートに横開き式のサブドアを組み合わせた「わくわくゲート」と3列目シートを左右分割して床下に格納できる「マジックシート」を採用。サブドアから直接3列目シートへの乗降を可能にしたほか、3列目シートは車内からでも操作できるようになっている。

 安全面では、安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプにメーカーオプション設定。さらに、助手席用エアバッグには「内圧保持式エアバッグシステム」を採用し、VSAやヒルスタートアシストに加え、「エマージェンシーストップシグナル」を全タイプに標準装備している。

スペック表

車両価格 288,000~3,081,400
車体寸法(㎜) 4,690~4,735×1,695×1,840~1,855
室内寸法(㎜) 3,220×1,500×1,425
ホイルーベース 2,890
乗車人員 7
エンジン型式排気量   (cc) 水冷直列4気筒 1,496    直噴ターボチャージャー
最高出力         (kw/ps)/rpm 110(150)/5,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 203(20.7)/1,600~5,000
駆動方式 2WD 4WD
トランスミッション CVT
JC08モート゛燃費 (㎞/L) 15.0~17.0
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加