ステップワゴンスパーダ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 60

ステップワゴンスパーダの新車値引き交渉のポイント

値引き目標15~20万円

 エッジのきいたスパーダのルックスは、新型になっても健在。今回もシリーズ全体の人気を牽引する人気車種であることは確実。フルモデルチェンジ直後とあって、さすがに全体的に値引きが渋めなので、ベース車との差は感じられない。割高な分、値引きを期待したいところだが、グレードによっては納期もかかるために厳しいでしょう。しかし、リセールバリューを考えれば少ない値引きでも損はない。それだけの人気がこの先も期待できる。ぜひ4WDを狙いたい。

 ライバルとの競合は、ほのめかす程度で十分。ライバル以上の値引きは不可能と思った方がいい。

IMGP3360

下取り価格の重要性

ステップワゴンスパーダの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 待ちに待った新型の登場で沸き立つディーラー。丸みを帯びて大人しいデザインのシリーズの中で、でやはりスパーダは目立つ。直噴ターボというイメージにも当てはまるキャラクターだ。全車共通のエンジンで、2.0Lモデルのターボ車のように、動力性能を売りに出来ないのがネックだが、買い控えが響いて、昨年の後半よりまったく売れなくなった前モデルだっただけに期待は膨らむ。

 今後ハイブリッド車の投入も考えられているが、投入の時期を誤ると、せっかくの新パワーユニットが埋没しかねない。当分は燃費は置いといて、「わくわく」ゲートを前面に売りまくるしかない。

ステップワゴンスパーダの競合車種

トヨタ ヴォクシー

 2014年のフルモデルチェンジでハイブリッド車を導入。その圧倒的な低燃費性能で販売成績もクラストップの地位を不動のものにし、3台目の姉妹車「エスクァイア」の投入による販売力のさらなる増強で、他の追随を許さない体制の「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」。その中で「スパーダ」の競合相手となるのはネッツ店扱いの「ヴォクシー」だ。販売成績も3車の中でとびぬけており、基本的に「ノア」と変わるところはないが、そのシャープなルックスが受けている。

日産 セレナハイウェイスター

 簡易ハイブリッドシステムの「S-ハイブリッド」を武器に、大ヒットを続けた日産の主力ミニバン。ベース車の「セレナ」は、燃費や目新しい使い勝手などで、新機種相手に苦戦するが、見かけの差別化が命の「ハイウェイスター」は意外と健闘しそうだ。ライバルの「スパーダ」「ヴォクシー」よりもアグレシップな外観は、好みがハッキリ分かれそうだが、シリーズのファンは多い。もっと過激になるなら「ライダー」も用意しているのが強み。もはや燃費のわずかな差は関係ない。

ステップワゴンスパーダの保険料

 自動車保険の「型式別料率クラス制度」を御存知ですか?。車(自家用普通乗用車または自家用小型乗用車の場合)を型式ごとの保険事故の実績に基づいて9つの料率クラスに区分し、それが自動車保険料に反映される制度です。 料率クラスが上がるほど保険料が高くなり、下がるほど保険料が安くなります。「ステップワゴンスパーダ」にも料率クラスがあります。今回のフルモデルチェンジでエンジンが大きく変わったため、今まで「ステップワゴンスパーダ」にお乗りの方も保険料が変わることが予想されます。販売店にて、担当者にどのように保険料が変わるのか、忘れずに確認することが必要でしょう。

ネットを利用した保険会社は保険料が安いのが魅力ですが、全てが自己責任になります。記入間違いや、間違った項目をクリックしただけで契約が確定してしまいます。「ステップワゴンスパーダ」のように大きく変わったモデルは料率クラスを含め、保険料の変化も大きいので注意が必要です。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ステップワゴンスパーダの車両概要

 2015年4月にフルモデルチェンジされた5代目は、直噴1.5L VTEC ターボエンジンを全車に採用。デュアルVTCなどの採用によって燃費を向上し、1.5Lとすることで自動車税が軽減できるメリットもある。CVTも小排気量ターボエンジンに合わせて新開発され、燃費性能と共に街中での走行性能も高めている。

 デザインは丸みを持たせた中性的な「ステップワゴン」に対して、バンパー、グリル、サイドシル、スポイラーなどにエッジを持たせることで、走りの面を強調している。

 グレード体系は、スタンダードモデルの「SPADA」と上級装備モデルの「SPADA・Cool Spirit」の2タイプが設定されている。フロント・リヤのエアロパーツ装着により全長が4,735mmとなるため、3ナンバー登録となる。

スペック表

車両価格 2,725,000~3,081,400
車体寸法(㎜) 4,735×1,695×1,840~1,855
室内寸法(㎜) 3,220×1,500×1,425
ホイルーベース 2,890
乗車人員 7  8
エンジン型式排気量 (cc) 水冷直列4気筒 1,496    直噴ターボチャージャー
最高出力 (kw/ps)/rpm 110(150)/5,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 203(20.7)/1,600~5,000
駆動方式 2WD 4WD
トランスミッション CVT
JC08モート゛燃費 (㎞/L) 15.0~16.0
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加