フィットハイブリッド保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 649

フィットハイブリッドの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 5~10万円

 人気車種のモデルチェンジ発売直後は、さすがに値引きもほとんどなく、割高なイメージがあるが、計画台数を大幅に上回る爆発的な売上を記録するのも事実です。それは、各種の販売対策であり、新型「フィットハイブリッド」も例外ではない。値引きはわずかではあっても、「フィット」販売対策費、多銘柄および、車種限定(むろんアクア、プリウス)の競合時の対策費、また、それらの下取り一律UP、などがメーカー及び販社本部から出ており、それぞれ3~5万円であることが多い。合計で一番多いのが正式発表前の予約段階であるが、発表後も当然あり、発表展示会と、その月内が買う側、売る側ともに勝負となる。そのほかにも提携クレジット会社の特別金利や、後付のカーナビの格安提供など、出入り業者協賛の割引などが数多くある。

下取り価格の重要性

フィットハイブリッドの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 顧客を中心に、旧モデルもギリギリまで販売しつつ、新型の予約も取りまくり、今後年末までの販売見込みをすっかり刈り取った営業マンにとって、正式発表された後は新規客の獲得である。ホンダディーラーの主力であるだけに、メーカー以上に成果を上げなければならない。クルマの評判はすこぶる良く、燃費も価格も文句ないので、ライバルが追随してくる前が勝負である。しばらく好調の軽自動車販売には目がむかないだろう。目標はもちろん「アクア」超えで、その下地は十分あるものの、リチウモイオン電池を含めた生産が追いつくかがカギだ。 

フィットハイブリッドの競合車種

基本情報 JC08モード燃費率36.4㎞/L 車両価格1.650.000円~

トヨタ アクア
JC08モード燃費率35.4㎞/L 車両価格1,690,000円~

 一にも二にもこのクルマがライバル。「フィットハイブリッド」は、同車の燃費をわずかに上回り、エントリー価格もわずかに下回る。そして圧倒的な室内スペースが競争力を高めている。
 35.4㎞/Lの低燃費と、「プリウス」を大きく下回る低価格を武器に、販売台数トップの地位に君臨する同車は、「フィットハイブリッド」がモデルチェンジしても、けっしてその評価は変わらないはず。しかし、客室スペースやラゲッジスペースは広いとはいえず、今後苦戦する一因になる。今までは、対「プリウス」に向いていたため、それでも燃費が良くて、安ければOKだったが、比較対象が「フィット」になれば、弱点があらわになってしまう。 

フィットハイブリッドの保険料

 自動車保険の保険料を安くするために、様々な割引が用意されていますが、中々ご自身が当てはまらないケースもあります。CMなどで見かける「リスク細分型自動車保険」では、「走った分だけ」とか「40~50歳の大人の保険」とか「お仕事で使われないので、」など、全て自分とは関係ない人向けの、割引ばかりだと感じてませんか。
 とは言え、どんな方でも割り引かれるものもあります。まず、「インターネット割引」インターネットで契約するだけで割り引かれる方法で、新規だと数千円から1万円の割引まであります。次が「証券不発行割引」いわゆる紙の証券を発行、郵送しないだけで500円ほどの割引になります。そして「新車割引」初年度登録の1年以内の契約というのが一般的で、新しいクルマの方が安全性も高く、事故率も少ないという事で、一部の保険料が割り引かれます。
 このように特別の方だけでなく、ほとんどの方が対象になる割引もありますので、各保険会社の詳細を確認することが重要です。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

フィットハイブリッドの車両概要

2013年9月にデビューした3代目。パワートレインと車体を完全新設計し、居住性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを格段に進化させている。
 クロスフェードモノフォルムエクステリアデザインを採用し、先進性を追求、広さと快適さはそのままに、上質感と運転のしやすさをさ高めたソフィスティケイテッド・フューチャリスティック・コックピットを具現化し、未来的で運転に集中できるコックピット空間や開放的な助手席、ロングドライブでも快適なリア席など、それぞれの空間に求められる機能と価値を徹底的に向上させた。
 ハイブリッドシステムは、1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンと 高出力モーターを内蔵した7速デュアルクラッチトランスミッションからなる、新ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD」を採用する。EV発進を可能にしたを採用。EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つの走行モードの中から最も効率の良いモードを自動的に選択して走行することで、36.4km/L(JC08モード)という国内最高の低燃費を達成した。
 プラットフォームは「センタータンクレイアウト」をさらに進化させ、圧倒的な室内空間を確保しながらも大幅な軽量化を実現させた。

スペック表

車両型式 DAAーGP5
車両価格(円) 1,635,000~1,930,000
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 3,955×1,695×1,525
室内寸法(㎜)長×幅×高 1,935×1,450×1,280
ホイルベース(㎜) 2530
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) LEB 直列4気筒DOHC 1,496               
最高出力 kw(ps)/rpm 81(110)/6,000 
モーター型式・種類・定格電圧 H1・交流同期電動機・173V
モーター最高出力 kw(ps)/rpm 22(29.5)/1.313~2,000
駆動用主電池 種類・個数・容量 リチウムイオン電池・48・5..0Ah
JC08モード燃費(㎞/L) 31.4~36.4
駆動方式 FF 
ミッション         7AT
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加