フレア保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 65

フレアの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 10~12万円

 人気のある系ワゴンクラスはそうは値引かないものだが、「ムーブ」との激しい販売競争の最中であり、不利な状況にあるスズキディーラーなら、ダイハツよりも多い値引きは確実。と言うことで、競合させるのは「ワゴンR」。「ムーブ」も検討する事を伝えた上で見積もりを取る。実際にダイハツに行っても行かなくてもいいのですが、「ワゴンR」に上乗せしてくれのは困難と思われる。マツダは確実に載せてくるので、期待していい。

下取り価格の重要性

フレアの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

「ワゴンR」ではなく、この「フレア」を選ぶメリットはあるのだろうか。多分ないと思う。たまた通りかかったショールームや展示場に、低燃費で人気があり、CMでも見たことのある「ワゴンR」らしきクルマを発見し、入って見たらマツダの店舗だったというだけで、OEM供給去れている事をまったく知らなかった人には、詐欺のように思えるだろう。または、顧客に対して、「ワゴンR」や「ムーブ」に対抗してマツダも軽ワゴンを出しましたと売り込むか。購入された人は、「ワゴンR」と同じ車なので不満はないだろう。あえて不満といえばカーショップでオイル交換を頼む際に「お車はなんですか?」と聞かれ、「フレア」と何度も言わされ「ワゴンRみたいな・・」と説明するくらいだ。知名度のなさは覚悟しなければならない。
 ディーラーとしては「フレアワゴン」「キャロルエコ」と合わせ、軽自動車市場の売れ線を全て確保でき、これ以上ない品揃えになった。そのわりには販売台数が伸びない。

フレアの競合車種

車両価格 1.141.350~1.388.100円

ダイハツ ムーブ(107.0~137.1万円) 「ワゴンR」とともに軽ワゴンブームをけん引してきた。横開きのテールゲートが特徴。マイナーチェンジでガソリン車トップの33.0㎞/Lの燃費を達成した。

スバル ステラ(108.0~136.0万円) ダイハツから「ムーブ」のOEMを受け販売する。最上級車には、低速域衝突回避支援ブレーキ機能”スマートアシスト”も搭載する。

スズキ ワゴンR(109.9~136.7万円) 軽ワゴンはこのクルマから始まった。数々の新機能と軽量化により低燃費を達成したが、「ムーブ」にあっさりと抜かれる。5MTもラインナップする。

フレアの保険料

 「フレア」のような軽自動車の場合、自動車保険を決める「型式別保険料率クラス」が存在しません。軽自動車が2輪車と同様に扱われてきた歴史にあるようですが、現実にターボしようのスポーツタイプやオフロードタイプも、大人しい低燃費車も同様に扱われます。もちろん、旧規格車や安全装備の差で変わる事はあり、車両保険では純粋に車両価格の違いは反映されます。
 軽自動車の保険料は一概に安いと言われているのは性格ではありません。例えば「型式別保険料率クラス」のある普通車ではクラス「1」のクルマもありえます。それと「型式別保険料率クラス」のない軽自動車とを比較すると、軽自動車の方が高くなる可能性が出てきます。
 また、安い軽自動車は車両保険に入らなくてもいいかというと、そうではありません。小さな車体の軽自動車は、損害が大きくなり、あっと言う間に全損に近い損傷を受ける危険があります。しっかりとした内容の車両保険に加入しておかないと、代替も出来ずにローンで購入されていたら、クラマは無いのに支払いだけ続くことになります。
 正しい理解と情報が必要になります。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

フレアの車両概要

 2012年10月に発売開始。OEM元の「ワゴンR」のフルモデルチェンジから1か月ほど遅れての登場。今モデルよりこれまでの「AZワゴン」から「フレア」に改名した。スズキ「ワゴンR」のOEM供給は1994年からなので、19年の歴史になる。「ワゴンR」との違いは、エンブレム類の変更に加えて専用のフロントデザインが与えられ、5角形のロアグリルを採用している。また、装備内容やオプションの設定にも若干の差がある。
 「停止前アイドリングストップ」「エネクール」「エネチャージ」そして軽量化された車体などを採用した低燃費性能と、さらに工夫された広い室内は当然ベース車と共通だ。
 先代の「AZ-ワゴン」には設定がなかったアイドリングストップや、5MTも採用されており、ATはすべてCVTになっている。ターボモデルは同時に発売された「ワゴンRスティングレイ」のOEM車「フレア カスタムスタイル」にのみ設定される。

スペック表

車両型式 DBAーMJ34S 
車両価格(円) 1.141.350~1.388.100
車両寸法(㎜) 3.395×1.475×1.640         
室内寸法(㎜) 2.165×1.295×1.265         
ホイルベース(㎜) 2425
乗車定員(名) 4
エンジン型式・排気量(cc) RO6A  直列3気筒DOHC 658
最高出力 kw(ps)/rpm 38(52)/6.000        
JC08モード燃費(㎞/L) 25.6~28.8
車両重量 (kg) 750~830
駆動方式 2WD 4WD
ミッション         CVT
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加