三菱車の値引きや保険料の傾向と車種一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 218

三菱車の値引きの傾向

 三菱のショールームでそのラインアップを眺めても、売れ行き好調というは皆無。唯一順調なのは軽自動車の「ek」シリーズぐらいで、それさえ日産の半数ほどの販売台数だ。量販車種であるはずの「ミラージュ」は鳴かず飛ばずで、スズキよりOEM供給される「デリカ:D2」の方が健闘している。自社技術の生かせるSUVと4WDでは「アウトランダー」が注目されるが、高価でインフラに課題の残るPHEVは、話題ほどには台数が出ず、EVの「i‐MiEV」も同様。

 日産よりOEM供給される高級セダンは日本一知名度のない三菱関連事業者向けでしかなく、三菱ディーラーを訪れる客足は少なくなる一方だ。

 そんな三菱の登録車を検討する機会があれば、思い切った値引きを要求すべきだろう。問題はマツダ営業マンの様に、法外な値引きをしてでも売れるものならと、必死でくらいついてくるかが疑問。自社商品に絶大な自信と愛着がないわけではないだろうが、スバルの営業マンと比べると、それも伝わってこない。変なプライドと中途半端な値引きというのが三菱の印象であり、意外と値引き交渉は難しいという一面もある。

三菱車の自動車保険料の傾向

 日産との協業で軽自動車を扱いEVとPHEVを自社開発し、ハイブリッドも日産よりOEM供給されている。さらに、大型SUVの「パジェロ」を初めとする4WDと「ランサー・エボリューション」のような特殊な車種もあり、販売台数のわりには多彩なラインアップがあるのが同社の特徴である。

 車種に応じて自動車保険の保険料率クラスも多彩。新興国などで人気の「パジェロ」や、ネームバリューのある「ラン・エボ」などは今でも窃盗団のターゲットになりやすく、車両保険料も高めになっている。

 近年国産メーカーが力を入れている独自のロードサービス体制も用意され、国内損保のサービスを補てんしている。「MITSUBISHI ASSIST24」は、事故・故障の際に24時間365日の電話受付をし、全国の三菱ディーラーのネットワ^クを利用した現場急行サービスを可能にしていて、ダイレクト系保険会社が行うロードサービスと同様のサービスが受けられる。レッカーサービスは原則としてJAFに取り次ぐ。提携保険会社の「三菱あんしんプラン」の契約などが条件になる。

車種一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加