ディグニティ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 655

ディグニティの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 35~45万円

 現実的には、個人で値引交渉する車種ではないと思うが、主な顧客である法人ユーザー相手に定価販売しているわけではない。個人以上に厳しいコスト意識のある、購買担当者に相当しぼられているはずだ。グレードもないので在庫があればそのクルマを中心にじっくり交渉したい。こちらの提示する額は、常識を外れた額でかまわない。50万でも100万円でもいい。なんなら半額を要求してもいい。どこで引っかかり、妥協案が出るか探りたい。また、自動車ローンを利用する場合、金利の違いで数十万円の差が出るので、検討することが重要になる。 

下取り価格の重要性

ディグニティの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 「シーマ」のOEM車という、考える限りベストな選択で、フラッグシップを手に入れたが、要するに自ら生産してまで販売する自信がなかったということ。もともと三菱グループ内の社用車、VIPの送迎専用車が主で、無くすわけにはいかないクラスだったが、グループ内での縛りや影響力も以前ほど無く、販売を中止していた期間に、メルセデスやレクサスなどを採用する企業も多く、グループの大きさに反して販売台数は少なすぎる。大企業グループを形成する三菱といえども、省エネと環境対策、そしてコストダウンは大きな課題で、購入する車両の数、頻度、そして車種選考はかなり厳しいと聞く。同グループ企業だからといって言うなりにはならない。その要望に合う車種が提示出来てこそ、他社と同じ土俵で競合でき、その時にこそグループ同士の優位性が生きる。「ディグニティ」はHYBRIDという最新技術を採用してギリギリのラインをキープするが、どうやらもっと攻める必要がありそうだ。

ディグニティの競合車種

排気量 3.5L+モーター 車両価格 8.400.000円

トヨタ マジェスタ(612.0~792.0万円) クラウンシリーズとは別モデルとなった同車は、V型8気筒2WDには4.6L、4WDには4.2Lの大排気量エンジンを搭載し、トヨタブランドのフラッグシップであり、クラウンの伝統を色濃く残す高級車である。

メルセデス ベンツEクラスセダン(595.0~1.495.0万円) 「ディグニティ」の予算なら、V6ブルーダイレクト直噴3.5Lエンジン搭載の上級モデル「E350BlueEFFICIENCY AVANTGARDE 」が手に入る。誰もが、検討せざるをえないだろう。

レクサス LS450(830.0~1.080.0万円) ベースグレードから”Version C”までが範囲か。好き嫌いが多いレクサスブランドだが、スペック、装備ともに、一流の高級車であることに、疑う余地はない。

ディグニティの保険料

 「ディグニティ」のように高額な高級車のオーナーにとって、自動車保険は重要。特に車両保険は必須でしょう。保険料は安いにこしたことはありませんが、まずは購入する車両に見合った内容の条件と、可能な限りの特約でカバーすることが必要です。高額なほど、事故時の場合の修理費用などが高額になり、全損ともなれば大変のことになります。ローンで購入されていたら、クルマは無いのに、高額な支払いが残る事になりかねません。
 一般条件での加入は当然として、新車で購入したクルマに、協定保険価額の50%以上の大きな損害が生じ、改めて新車などを購入した場合に、実際にかかった再購入費用に対して保険金が支払われる「車両新価保険特約」と、「再取得時諸費用」でカバーすると 安心でしょう。もちろん充実したロードサービスを提供出来る保険会社を選ぶのも重要です。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ディグニティの車両概要

2012年7月「プラウディア」と同時に発売ハイブリッド専用ロングボディのセダンとして、約11年ぶりに復活した。日産の「シーマ」のOEM車両になり、エンブレム類やフロントデザインを「プラウディア」と同じ形状に変更しているが、他はシーマの最上級グレードである「HYBRID VIP G」と同等の装備、スペックとなり、「VIP」のワングレードである。
 3mを超える超ロングホイールベースにより、クラストップレベルの後席空間を確保。リヤパワーリクライニングシート、リヤセンターアームレスト内蔵コントロールスイッチ、BOSE5.1chサラウンド・サウンド付リヤプライベートシアターシステム、フロントシートヘッドレスト一体型7インチワイドディスプレイ、リヤ電動サンシェード、リヤドアサンシェード、後席読書灯等を採用し、後席乗員に最上級のおもてなしを提供している。
 3.5L V型6気筒エンジン、交流同期モーター、リチウムイオンバッテリーなどで構成されるハイブリッドシステムと、 電動油圧式電子制御パワーステアリング、電気エネルギーを効率よく回収する回生協調ブレーキシステムを採用している。

スペック表

車両型式 DAAーBHGY51
車両価格(円) 8.400.000
基本グレード VIP
車両寸法(㎜) 5095×1845×1510
室内寸法(㎜) 2240×1535×1185
ホイルベース(㎜) 3050
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) VQ35HR DOHC・V型6気筒 3.498
最高出力 kw(ps)/rpm 225(306)/6800
最大トルク N・m(kgf・m)/rpm 350(35.7)/5000
モーター型式・種類 HM34・交流同期電動機
最高出力 kW(PS) 50(68)
最大トルク N・m(kgf・m) 270(27.5)
動力用主電池 種類 リチウムイオン電池
JC08モード燃費(㎞/L) 16.6
駆動方式 後輪駆動
ミッション         7速ハイブリッドトランスミッション
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加