ランサーエボリューションX保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 626

ランサーエボリューションXの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 20~25万円

 ランエボを選ぶなら、豪華装備よりも、専用の足回りとブレンボ社製ブレーキ、レカロ社製スポーツシート、そして高性能タイヤを装備した「GSRハイパフォーマンスパッケージ」の方がいい。あとから追加の費用をかけずに済みそうだ。一般的に値引は15万円から多くて25万円程度。スポーツタイプは、数多く出る大型のディーラーや、都市部の店舗の方が良い価格が出る傾向にある。後は、もしローンを組むなら金利の安いオートローンが探せて、審査が通れば、値引以上の差が出る事も忘れずに。

下取り価格の重要性

ランサーエボリューションXの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 ネームバリューだけが頼りの販売手法だけに、ライバルがいてこその車種。「GTR」はどんどん高額になり、「RX7」は無くなり、「WRX」だけがライバルといえるだけに、海外でも人気があるとはいえ、多くの販売台数は望めないため、頻繁にモデルチェンジ出来る訳ではない。小規模な改良を繰り返して年度モデルを提供しているが、現行モデルは「ギャランフォルテス」ベースで、ベース車自体の設計も古く販売台数も「ランサーエボリューションX」以下のため、これ以上の大幅なパフォーマンスと魅了度のアップは望めそうにない。先代で開発されていた、517N・m(52.8kgf・m)の高トルクを発生する、アウターローター式4モーター方式の「ランエボ MIEV」 の登場はいつになるだろうか。そのくらいのインパクトがあれば、話題性は「86/BRZ」の比ではない。

 

ランサーエボリューションXの競合車種

排気量2.0L+ターボ  車両価格3.150.000~5.250.000 円

スバル WRX STI4door(315.0~369.6万円) 宿命のライバル「WRX」は、インプレッサベースの4ドアセダンと、5ドアハッチバックの2つのボディタイプを持ち、エンジンは「ランサーエボリューションX」と同等のスペックを持つ、水平対向4気筒の2.0Lツインスクロールターボと、扱いやすい、2.5Lシングルターボ仕様をもラインナップする。低重心左右対称レイアウトを活かした「SYMMETRICAL AWD」が特徴。ダウンシフトブリッピンングコントロール付きの5AT+パドルシフトと、トリプルコーンシンクロ装備の6速MTを設定する。安全性能も万全で、デュアルSRSエアバッグ+SRSサイドエアバッグ、カーテンエアバッグを装備する。
 4WDハイスペック4ドアセダンとしては、この2車以外にはない存在で、どちらが優れているかというより、好みの問題になる。 

ランサーエボリューションXの保険料

 一般にスポーツカーの車両保険は高額になることが多いのですが、それは「型式別料率クラス制度」が関係しています。「型式別料率クラス制度」は、保険金の支払額が多くなる事故発生率の高い車種は、他の車種よりも保険料を高額にすることで、保険料負担の公平性を保つという仕組みです。共通のボディを使用し、同じ4WD車でも型式の違う「ギャランフォルテス」と「ランサーエボリューションX」は、当然「型式別料率クラス」が違い、対人・対物・搭乗者・車両ともに1~2クラス分の差があります。「ランサーエボリューションX」の方が、事故率、修理費用、部品代、がそれぞれ高く、また盗難の可能性も高く、相対的にリスクが多いと判断されているのです。
 とはいえ、高くなったからといって自動車保険に加入しないわけにはいきません。特に車両保険は絶対に加入すべきでしょう。上記のように部品代金や修理費用も高額になり、ローンが残っていれば2重債務に陥りかねません。高性能車を購入したなら、自動車保険の内容も高性能にするべきでしょう。。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ランサーエボリューションXの車両概要

 2007年10月発売開始。限定車ではなくカタログモデルとしての登場。「ランサー」ではなく「ギャランフォルテス」をベースにしているが、「ギャランフォルテス」自体が輸出名称が「ランサー」であり、スポーツモデルは「ランサーエボリューション」になっている。
 4B11型2.0L DOHC16バルブ 4気筒MIVECエンジンをベースに、高性能なターボチャージャーを組み合わせた新開発ターボエンジンを搭載。4G63型に比べて、高出力化、最大トルクのアップ、レスポンスの向上を果たすともに、軽量化や環境性能の向上も実現した。さらに、 車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」や、新開発の高効率トランスミッション「Twin Clutch SST(Sport Shift Transmission)」などの新技術を搭載させている。
 また、全てのギアでダブルシンクロ機構を採用した6速マニュアルミッションも用意されている。

スペック表

車両型式 CBAーCZ4A
車両価格(円) 3.150.000~5.250.000
車両寸法(㎜) 4495×1810×1480
室内寸法(㎜) 2930×1470×1190
ホイルベース(㎜) 2650
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) 4B11 直列4気DOHC 1.998 インタークーラーターボ
最高出力 kw(ps)/rpm 221(300)/6500
最大トルク N・m(kgf・m)/rpm 422(43.0)/3500
JC08モード燃費(㎞/L) 10.2~10.6
駆動方式 4WD
ミッション         6速ツインクラッチSST  5MT
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加