低燃費軽自動車値引き比較(アルト・ミライース)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 619

 2014年12月にフルモデルチェンジされた現行モデルは8代目にあたる。プラットフォームを刷新し、剛性・静粛性・衝突性能・走行性能の大幅な向上と軽量化が両立された。従来型より60㎏をも軽量化したことなどにより、 燃費は、JC08モードで2WD・CVT車は37.0km/Lを達成し、ガソリン車世界№1としている。

 この「アルト」と、唯一のライバルとなるのが、ダイハツ「ミラース」。もともと低燃費スペシャルの「ミライース」の発売を受け、派生車種として登場したのが先代モデルの「アルトエコ」。その後の燃費競争でも同等の燃費性能を確保しし続けてきたが、後追いで登場したため、知名度では「ミライース」には到底及ばず、さらに4WDの設定が遅れたことで、販売において大きく差を付けられていた。

 新型の発売と同時に「アルトエコ」はカタログ落ちしており、全てが低燃費使用になった「アルト」。もう一つの特徴である低価格と、値引きという観点からライバルの「ミライース」と比較してみました。

スポンサーリンク

低燃費軽自動車値引き比較表

スズキ アルト ダイハツ ミライース
車両価格 847,800~1,245,240 766,286~1,316,572
燃費 25.2~37.0 32.2~35.2
値引き予想額(万円) 5~8 9~10
リセールバリュー(A・B・C) B B
発売年月日 2014年12月FMC 2011年9月NEW
最終変更時期 2014年7月一部改良
人気度(△A・B・C・D・E▼) B C

スズキ アルト

 新型「アルト」の最安価モデルは「F」の847,800円。ただし、CVTではなく、5MTベースの5AGSを採用している。このミッションの是非は置いといて、燃費においてはアイドリングストップが装備されないこともあり、「アルト」自慢の37.0㎞/Lには遠く及ばず29.6㎞/Lに留まっている。これでも十分なのだが、比較するには最高燃費車での最安価車種としては、「L」894,240円となり、実質的にはこれが量販グレードとなる。

 そして値引きだが、新型ということもあり、5万円という提示が基本。ただし、販売台数において先代では、ライバルのダイハツ「ミライース」に差を付けられていただけに、新型投入で一気に挽回したいという戦略もあり、各種の対策を展開してくる。他銘柄対策としてはまず、競合する他車(完全にミライースが標的)の見積もりがあれば、新型であっても値引きが加算される。また、「ミライース」以外でも、ダイハツ車、もしくは他銘柄全般に査定アップ対策。旧「アルト」の顧客に対しては、代替を推進するために査定アップや早期予約特典がある。

 買取り専門店にて売却されるケースも多くなっているが、この次期はディーラーの下取りであっても、いい価格が望めるので、検討する価値はある。

 これらはそれぞれの金額は少額でも、必ずいくつかは該当するので、合計するとバカにならない。メーカーからの補助はもとより、ディーラー独自の対策もあるので、地域や販社によって状況は違う。さらに、オプション類の割引特典や、提携する部品メーカーからもカーナビなどを特別価格で協力することもあり、ディーラーによっては独自のパッケージや、限定車を設定している。これらは新型登場の際に限られたものであり、新型が発売直後に購入するのは一概に損するとは限らない。

 競合車種として、OEM供給されるマツダの「キャロル」を忘れてはならない。まったく同じ車種で、当然価格も同じ。実際に値引きの比較をするならはずせない。様々な理由を付けてお得感を演出する本家「アルト」に対して、「デミオ」などの販売に力を集中させたいマツダ側は、軽自動車販売にあまり時間をかけたくないはず。与えられた範囲の可能な値引きを一気に提示してくれるので、こちらも無駄な時間を使わなくて済むでしょう。マツダが値引いてスズキは出来ないという理屈は通らない。

アルト保険料と新車値引き

ダイハツ ミライース

 「アルトエコ」に先駆けて超燃費スペシャル「ミライース」を登場させ、トールワゴンに軽自動車市場を奪われていたハッチバックタイプを復活させた先駆者。登場から3年を経過し、さらにベースとなる「ミラ」は2006年からのモデルであり、新型が登場したばかりの「アルト」には分が悪い。しかし、「イーステクノロジー」の進化と度重なる改良で先代の「アルト」を圧倒する販売実績を達成し、今だに月販1万代以上を売り上げている。燃費も35.2㎞/Lと新型「アルト」にこそ抜かれたが、十分な競争力を保っている。

 「D」の766,286円は、「アルト」の「F」同様、低価格をアピールするだけの装備レスグレードであるが、「アルト」の「F」よりさらに約8万円安いのは驚異的、しかも全車種燃費に差がないので、5.6㎞/Lもリードする。これは店頭にユーZ-を引き付ける大きな力になる。逆に最量販グレードの「L」は915,429円と、「アルト」の同タイプより2万円高くなっている。

 値引きはというと、発売直後の「アルト」より多く、そうでなくてはユーザーが許さないだろう。「新型アルトを見てきたけど値引きが渋くて」という話題はこの次期の商談にはかかせない。「そうでしょう。うちなら・・」とつながるのは当然の流れだ。1月というということもあり、通常の月より稼働日数が少なく、各ディーラーは初売りで勝負をかける。特別価格、特別セールも充実し、いつもなら許されない値引き額も、初売りだからという理由で許されることもある。安く購入するなら外せない祭りに便乗しない手はない。10~12万円の値引きは可能で、価格だけなら「アルト」よりは必ず安く買える。走行距離によっては、燃費の差も補えるはずです。

ミライース保険料と新車値引き

ミライースの写真

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加