コンパクトハイブリッドセダン値引き比較(カローラアクシオ・グレイス・アクア)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 62

 セダン不況と言われて久しいが、それでも変わらず支持され続けているのは1966年の初代発売から11代目を数えるトヨタの「カローラアクシオ」だ。直近の販売台数も8千台を超え、並み居る人気車種の中で6位にランクされている。それでも常にトップだった時代とは異なり、販売において苦戦しているのは確かだ。低燃費性能を武器に新機種が次々に登場するコンパクトカー市場においては、かつての王者も売るためには値引きもやむおえないか。そこで値引きと販売について各車と比較することにしました。 

 値引という観点から比較すると、「カローラアクシオ」はハイブリッド車と1.5、1.3LのNA車では状況が大きく異なり、一つの車種としては括れません。そこで、二つを分けてそれぞれのライバルと比較することにしました。

1.カローラアクシオハイブリッドとライバルの比較。強敵登場で値引き拡大か。
2.カローラアクシオNA1.5、1.3Lとライバルの比較。同クラス無敵ながらもハッチバック相手に値引きもやむなし。

コンパクトハイブリッドセダン値引き比較表

カローラアクシオハイブリッド グレイス アクア
トヨタ販売チャネル カローラ店 トヨタ全店
車両価格 1,980,000~ 2,040,000~ 1,761,382~
エンジン形式 直列4気筒1.5L ハイブリッド 直列4気筒1.5L ハイブリッド 直列4気筒1.5L ハイブリッド
JC08モード      燃料消費率 33.0.㎞/L 34.4∼29.4.㎞/L 37.0.㎞/L
値引き予想額 18~21万円 15~18万円 18~21万円
リセールバリュー    (A・B・C) A A A
発売年月日 2013年8月   NEW 2014年12月   NEW 2011年12月   NEW
最終変更時期 2014年12月   MC
人気度       (A・B・C・D・E) B A A

トヨタ カローラアクシオハイブリッド

CIMG0192

 注目されるハイブリッド車だが、シリーズ全体での比率としては高くないようだ。コンパクトセダンとしての「カローラアクシオ」の立ち位置としては車両価格も高額となる。

 それでも値引きということでは抑えられてきたのは、このクラスにライバルが存在しなかったため。そこへ登場したのがホンダの「グレイス」だ。1.5L+ハイブリッドの4ドアセダンということで、まったく同じクラスであり、ユーザーもそう認識している。新機種ということだけで注目を集めるだけでなく、燃費を初めとするスペックや室内スペース、細かな使い勝手なども全て上回っている強敵である。

 そうなれば値引きを抑えるということはもはや困難。唯一の競合車種として合い見積もりも多く、新規車種に対して、それ以下の条件は出せない。あくまで相手の出方次第ではあるが、「グレイス」プラスアルファは間違いないだろう。

カローラアクシオハイブリッド保険料と新車値引き

ホンダ グレイス

CIMG1386

 目標はズバリ「カローラアクシオハイブリッド」。それほど多くはないクラスへの参入だが、「カローラ」でさえ苦戦するクラスを一気に奪取するべくハイブリッド専用車での挑戦である。その話題性と実力は、過去に発売された「シビックハイブリッド」との比ではない。

 発売直後ということで、いきなり大幅値引きというわけではないが、「カローラアクシオハイブリッド」と直接の競合は避けられないため、出し惜しみはしていられない。他車全てに対してとは行かないまでも、少なくともハイブリッドセダン対決だけは制して、販売を加速させなければいけないのだ。

グレイス保険料と新車値引き

トヨタ アクア

CIMG1260

 セダンではないが、「カローラアクシオハイブリッド」を検討される方が必ず検討するであろう、同じパワーユニットを採用するある意味最大のライバル。とは言っても、トヨタ全店で扱う車種のため、当然カローラ店でも当然扱っている。

ひょっとすると2台が並んで展示されている可能性もあります。そこで、「アクア」はカローラ店以外で交渉を進めて置けば、カローラ店で「アクシオハイブリッド」と「アクア」を、それ以上の条件からの交渉で始められます。販売が好調なだけに多くは望めない車種ですが、激戦のコンパクトカー市場で勝ち抜いているのには理由があるはずです。

アクア保険料と新車値引き

ライバルが増えなければ値引きも増えない

 値引き額という点では少なめな印象のあるトヨタ製ハイブリッド車であるが、それはこれまでライバルが不在であったのが原因。そこにホンダ製のしかも最新のライバルが登場すると事態は一変する。さらにもう一車種ぐらい参入すると、クラス自体も盛り上がることになるのですが。コンパクトカー全体がライバルともなりますが、車両価格が割高になる4ドアセダンは別クラスと言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加