コンパクトワゴンの値引き比較(ラクティス・トレジア・ソリオ・ノート)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 78

 ワゴン感覚の使い勝手と走りの良さをバランス良く融合させたファミリー&レジャーユース向けの「ラクティス」。1.3L、1.5Lエンジンをラインナップして幅広いニーズに対応している。しかし、現行モデルの発売から5年めに入り、ライバル他社の最新モデルと比較すると、燃費等のスペックが見劣りし始めています。また、トヨタ車を見ても「カローラ」「シエンタ」などにハイブリッドを始め、燃費性能の優れたガソリンエンジンが導入されており、その劣勢が目立つことも事実です。

 販売実績も低下しており、他社ライバルの「ノート」「ソリオ」が常に販売ランキングの常連なのに対して、「ラクティス」は圏外に沈んでいます。モデルチェンジの情報もなく、モデルの存続自体も確かではありません。

 それでは値引きの方はどうでしょうか。燃費性能が多少劣っても、安く買えれば問題ないと考えるユーザーも多いでしょう。そこで、「ラクティス」とライバルの値引き比較をしてみましょう。はたして「ラクティス」はお買い得機種なのでしょうか。

値引き比較表

ラクティス トレジア ソリオ ノート
車両価格(円) 1,615,091~ 1,566,000~ 1,454,760~ 1,464,480~
JC08モード 燃費率 (㎞/L) 21.8~ 21.8~ 25.4~ 26.2~
値引き予想額(万円) 24~27 24~27 23~25 25~28
リセールバリュー(A・B・C) B B A A
発売年月日 2010年11月 FMC 2010年11月 OEM導入 2010年12月  FMC 2012年9月  FMC
最新MC時期 2014年5月 2014年5月 2013年11月 2015年7月 
最終変更時期 2014年5月 2014年5月 2015年4月  仕様変更 2015年7月 
同クラス人気度(A・B・C・D・E) C D B A

トヨタ ラクティス VS スバル トレジア

OEM車であっても立派な競合相手

JPG0302
ラクティス保険料と新車値引き

 「ラクティス」の値引き交渉においても、競合車種との合い見積もりは必須です。まずはライバル他車ですが、それと同じぐらい効果的なのがOEM車であるスバルの「トレジア」です。表向きはトヨタと値引き競争はしないとされていますが、スバルディーラーにとっても売れ行き不振の車種の為、値引いて売れるならあきらめるわけにはいきません。売ったもん勝ちで、問題はあとでなんとかする腹積もりです。

 次の競合相手はトヨタの他チャネル扱い車種たち。ネッツ店の「オーリス」「ist」も虚偽号車種になりえます。さらに扱いチャネルであるカローラ店とトヨペット店には「ラクティス」以外にも多くの、そして同価格帯のコンパクトカーが揃っています。
それらの中でも販売が低迷していり「ラクティス」を選択する以上、それらよりも多くの値引きを期待しても不思議ではありません。ディーラーとしても納期のかかる人気車種である「アクア」や「シエンタ」よりも、確実に早期納車と登録の可能な「ラクティス」が売れるに越したことはないでしょう。「ラクティス」の狙い目は1.5L車、1.3L車よりは3~5万円は値引きが多い。

トレジア保険料と新車値引き

トヨタ ラクティス VS 日産ノート

販売好調でも値引けるノートは最強のライバル

JPG0094
ノート保険料と新車値引き

 販売成績では完全に優劣が付いている両者。他に競争力のあるコンパクトカーがない日産のお家事情でもありますが、販売に対する力の入れようが大きく異なっています。燃費でも居住性でも優れているため、「ラクティス」相手にどう出るか気になるところですが、「シエンタ」も検討中とすれば対応も異なるかも知れません。
とにかく最終的にはなんとしても成約に持ち込むため、簡単には引き下がれないのが日産ディーラーの現状です。売れている車種ですがたたける車種でもあります。特にスーパーチャージャー非装備の車種は値引きが大きいのでねらい目です。ただ、燃費の差は価格でカバー出来ても、パワーの差はいかんともしがたい。

トヨタ ラクティス VS スズキ ソリオ/三菱 デリカ:D2

強力なライバルだが値引きは控えめ

DSC_0893
ソリオ保険料と新車値引き

 地味な存在ながらも着実に販売台数を伸ばし、気が付くと「スイフト」と並ぶスズキディーラーの貴重な稼ぎ頭になっている「ソリオ」。低燃費と軽トールワゴンのようなスペース効率の良さで、初めて見た人を必ず驚かせる。最近はOEM車の三菱「デリカ:D2」の人気も高く、主婦層を中心に軽自動車からの乗り換え需要の受け皿になっています。

 値引きしてでも軽より利益率の高いディーラーの稼ぎ頭ですから、競合相手として最適なのですが、思ったより値引き幅が少ないのも事実。車種選びの検討車種としては魅力ある同車ですが、合い見積もりの相手としてはやや役不足か。

安く買えるならアクアよりラクティスの方が魅力的かも

 競合相手には困らない「ラクティス」ですが、あまり多くの車種と競合させるとわけがわからなくなります。単純に比較さるのがベストなので、スバル「トレジア」と日産「ノート」の2車だけでいいでしょう。あとはトヨタ他ディーラーの車種も検討するもとを匂わす程度で十分。満足の行かない値引き条件なら他に行くことが伝わればいいのです。

 トヨタには「アクア」、「カローラ」や大ヒットの予感がする「シエンタ」などのビックネーム以外にも多くの人気コンパクトカーがありますが、「ラクティス」を始め、「ist」や「bB」「ルミオン」など販売が不振の車種も多くかかえています。
これらの車種はお得な条件で購入することが可能です。燃費は人気車種にはかないませんが、その分安く買えれば経済的なのです。「アクア」と「ラクティス」の販売台数は天と地ほのの差がありますが、燃費を別にすればその魅力に大きな差はないはず。むしろ使い勝手や居住空間は「ラクティス」の方が優れているのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加