ランドクルーザープラドとライバル車の値引き比較(アウトランダー・エクシーガCROSSOVER7)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 712

プラド
 現行150型プラドは2009年に発売されたモデルであり、販売から6年が経過するということでフルモデルチェンジが期待されたが6月にマイナーチェンジ(正式には一部改良)された。

根強いファンもいる同車ですが、クロスオーバーSUVの主流はより小型で燃費の良いクラスに移っており、販売台数は多くはない。

それでは値引きはどうなのでしょうか。

マイナーチェンジされたからとはいえ上級車種は500万円にもなる車種ですから、それなりの値引きは期待したくなります。

その他のクロスオーバーSUVとの比較で見てみましょう。

値引き比較表

ランンドクルーザープラド アウトランダー エクシーガCROSSOVER7
駆動方式 4WD 4WD 4WD
車両価格(円) 3,349,963~5,133,927 2,519,640~3,211,920 2,754,000
JC08モード燃費率(㎞/L) 9.0~11.8 14.6~16.0 13.2
値引き予想額(万円) 25~30 25~28 30~34
リセールバリュー(A・B・C) A B B
発売年月日 2009年9月  FMC 2012年10月 FMC 2015年4月
最新MC時期 2013年9月 2015年6月
最終変更時期 2015年6月  一部改良
同クラス人気度(A・B・C・D・E) B B D

トヨタ ランドクルーザープラド 

まだ厳しいディーゼル お得感ではガソリン2.7Lが狙い目

IMGP2323
ランドクルーザープラド保険料と新車値引き

 4.0Lモデルに変わって最上級車となるクリーンディーゼル車の「TZ-G」にいたっては、500万円を超える高額車種。

しかし、2.7Lのエントリーモデルは327万円と、「ハリアー」並みの意外と手ごろな価格です。

ここは最も販売台数の多い「2.7TX”Lパッケージ”」を選んでみたい。

7人乗りで387万円だが、これを 45万円安い「TX」で見積もりを取り、その見積もり額で、最終的に「2.7TX”Lパッケージ”」を手に入れる。

もしくは「2.7TX”Lパッケージ”」の価格のまま50万円差の「TZ」を狙う。

やみくもに少しでも安くというよりも、わかりやすい目標をたてた方が主導権を持って交渉にのぞめる。

 また、競合車種をたてるとなると、同じようなクラスから選ぶことになるが、「ランドクルーザープラド」のライバルとなるクロスオーバーSUVとなると、「三菱 アウトランダー」ぐらいだろうか。

もし、近くに三菱のディーラーがなければ、他にも気になるクルマがあることをほのめかす程度でもいい。

あとは営業マンが勝手に競合車種を思い描いてくれる。

IMGP2330

 「ランドクルーザー」や「FJクルーザー」同様に、トヨタ店のみで扱われるため、チャネル間の競合は出来ないので、競合車種は他車のモデルになります。

オフロード性能が前面に出るSUVの「ランドクルーザープラド」ですが、競合車種としては価格帯の近い都市型のクロスオーバSUV群になるでしょう。

グレードによっては三菱の「パジェロ」も良いのですが、日産の「ムラーノ」などは価格帯も近く、値引きを引き出すには最適です。

 新しく発売されたクリーンディーゼル車はまだ渋めで20万円を超える程度。

燃費ではガソリン車を上回り、補助金も利用出来るディーゼル車ですが、価格差を値引きでカバー出来ないとなれば2.7L車の方がお得感があります。

三菱 アウトランダー

プラドの予算でPHEVが手に入る

アウトランダー
アウトランダー保険料と新車値引き

 まだデビューから3年もたっていないのに、新鮮さが失われたイメージもあり販売は低迷していましたが、マイナーチェンジで人気急上昇中。

「スバル エクシーガクロスオーバー7」と同等の装備内容を求めると、最上級車種の「24G Navi Package 」で318万円になってしまう。

その差は43万円だ。

そして、スバルも値引きをするので、その差はさらに広がる。

最低限の目標を新車価格の差において交渉を開始。

大きな条件(でたらめな額ではなく、根拠のある額)を先に求めることで、値引きの限界、値引き可能なグレードなどが解りやすく、もちろんこちら側が有利になります。

 PHEVは値引きも大きくは望めません。

しかし、「ランドクルーザープラド」と同程度か安い価格設定のために俄然競合車種に浮上します。

燃費では比較にならない上に、「ランドクルーザープラド」のクリーンディーゼル車同様に補助金も同様に対象になるのです。

スバル エクシーガCROSSOVER7

競合車種になりづらいが値引きは魅力

IMGP2387
エクシーガクロスオーバー7保険料と新車値引き

 新しい新機種というわけでも、フルモデルチェンジされた新型でもない派生車種であるので、今までの「エクシーガ」同様の値引きは期待してもよさそう。

しかし、月間600台という販売目標の為に数多く売る気がないとも思える。

下取り車が旧モデルの「レガシーツーリングワゴン」や「エクシーガ」などは重点的に下取り対策が行われるため、買取り店の利用よりもお得になるケースもあるでしょう。

比較車種の中では装備が充実している割に割安な価格設定のため、「ランドクルーザープラド」の競合車種としては無理があるが、値引きを引き出すためと思いきろう。

アウトランダーPHEV押しで勝負

「ランドクルーザープラド」のような国内では大型の、しかもオフロード色の強いSUVの購買層は同車の熱心なファンが多く、顧客代替の比率も多い。

そのため新規ユーザーの値引き交渉は難しい。

数多く売る車種ではないために、しっかりと利益を取る車種になってもいるようです。

しかし、クリーンディーゼル車は500万円をも超える車種であるので、単純計算で車両価格の5%~10%の間の値引きを狙いたい。

そのために話題性のある「アウトランダーPHEV」を競合相手には最適。

燃費など気にしないユーザー相手の交渉だったはずが、「プリウス」並みの低燃費車を相手にどう出るか注目です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加