任意保険の選び方(対人・対物・搭乗者・車両保険)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 334

 自動車任意保険は、クルマを運転あるいは所有される方それぞれの事情に合わせて任意に設定を変えて契約することが出来ます。それによって、必要な賠償、補償などを付保し、無駄を省くことが可能となります。大前提として、年齢制限、運転者限定などが適格に設定されている事をまず、確認してください。安さにとらわれて実情に合わない設定をしてしまうと、下記の補償、賠償が一切受けられない事があります。契約ですので、保険会社には契約内容以外の支払い責任はないのです。

a0055_000846

 基本は、人と物への賠償である「対人賠償保険」と「対物賠償保険」、自身と同乗者の補償の「搭乗者傷害保険」と「人身傷害保険」、そして所有するクルマに対する補償である「車両保険」です。

対人賠償保険

「対人賠償保険」は、けっして十分とはいえない自賠責保険の補償額の限度額である死亡3,000万円、後遺障害4,000万円、傷害120万円を超えた部分を補償します。死亡事故で3,000万円の賠償額ですむ保障はありません。その金額は通常の方が一生働いても払いきれない額になるでしょう。そのため最低限の賠償責任を果たせるように、クルマの使用者、所有者は、無制限の設定にすることが必要となります。

対物賠償保険

「対物賠償保険」も「対人賠償保険」と同じく無制限に設定する必要があります。事故はいかなる時、いかなる場所で起きるか選べません。それは多重衝突事故の責任を問われ、何台もの車両の賠償を追うかも知れません。その中に高級車がいたら、もっと可能性が高いのは、商品を積んだ商用車だった場合です。全ての積荷を弁償しなければいけないとしたら数百万円の対物賠償保険では払いきれません。そして保険会社はそれ以上の支払い義務もありません。踏切等での列車事故のニュースは珍しいですか?、どのくらいの損害か想像出来ますか?。だから無制限が必要なのです。

搭乗者傷害保険

「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償保険」この二つは似た内容の保険なので、どちらか一方に加入していれば良いのですが、補償内容が微妙に異なっています。
「人身傷害補償保険」は、本人(被保険者)や同乗者が死亡、後遺障害、傷害を受けた時に保険金が受け取れる保険で、この保険の特徴は、車に乗車中の事故だけでなく、歩行中に自動車事故にあったような場合でも補償されます。治療費を実費補償します。
「搭乗者傷害保険」は、自身が運転中の事故で、搭乗中の人が死亡、後遺障害、傷害を受けた時に、支払われる保険です。搭乗者というのは、運転手だけではなく同乗者も含まれます。定額の保険金が支払われます。

両方とも入られれば万全ですが、どちらかにというなら「搭乗者傷害保険」でしょうか。自分が被害者となるケースの歩行中の事故では相手側の対人賠償が適用されるでしょうし、自動車保険以外の保険にすでに同じ内容の補償がカバーされていることも多いからです。

車両保険

「車両保険」これは唯一契約者の自由で加入を決めても問題ない保険です。車両保険は事故などで自分の車が損害を受けた時に支払われる保険です。

 判断基準で前提としておいたほうがいいのは、車同士の事故の場合、相手の対物保険によって車を修理することもできますが、過失割合によっては全額補償してもらえません。こちらに過失が一切ないのが明白な、もらい事故以外、なんらかの過失が問われることがほとんどでしょう。もちろん単独での激突事故などの場合は車両保険に入っていないと保険金が受け取れないのは当然です。保険金額はクルマの価値によって決められており、たいていの場合は、高額な車両価格のクルマほど補償額も保険料も高くなります。また、軽自動車以外は保険料率クラスが定められており、事故率が高い車や修理代金が高額になりえる車、盗難率の高い車は保険料が高くなる設定になっています。ご自分のクルマの保険料がいくらになるのかを調べて、予算的に可能なら加入すべきでしょう。予算に応じて、補償範囲を限定することで保険料を低く抑えることも可能です。

車両保険の基礎と割安な掛け方、万全な掛け方

任意保険に関する他の記事

自動車保険の節約方法
任意保険の選び方~ディーラー(代理店)で加入するかダイレクト系か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加