任意保険の選び方~ディーラー(代理店)で加入するかダイレクト系か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 442

5a62c24d923f1e1712adaf7718ace35c_s

 一般的に、最初のクルマを購入される時、クルマの契約にだけ気がいき、任意保険のことを忘れがちです。

教習所などで一通りは習ったものの、いざとなると大きな買い物であるクルマだけで精一杯になりかねません。

でもご安心を。

ディーラー等の販売店と営業マンは必ず「ところで任意保険は・・・」と質問してきてくれます。

彼らにとっては、自動車保険の手数料は非常に大きく、けっして取りこぼしたくないのが新規にクルマを購入する方です。

新規ですからまだ無事故割引もなく、当然事故歴も無いでしょうから非常においしいユーザーです。

「新車ですから・・」と車両保険も付保してもらえば実際の新車の利益よりもいいくらいです。

a0055_000865

 たしかに最近自動車保険や比較サイトのCMは多く見かけるけど、正直わからない。

見直しとかいってもまだ加入してないし。

だからディーラーと営業の人にお任せしたけど損したのだろうか。

となります。

 いいのですこれで。

知識がないのに無理して節約などと考えずに、まずは確実に安心してクルマに集中できるように、保険はプロに任せて政界です。

クルマの登録と同時に有効になるようにしてくれて、保険会社への連絡や車検証のFAXもやってくれます。

貴方は書類に捺印、記入し、保険料を支払うだけ。

スポンサーリンク

ディーラーで加入することのメリット

 最近はこのようなディーラーでの加入を否定するダイレクト通販などが多くなりましたが、ディーラーで加入する良い面もたくさんあります。

ひとつには、上記のような場合の新規にクルマを購入する方の場合。

どんなに優れたシステムを持つダイレクト系の保険会社も、いつ誰がどこで、どんなクルマを購入するかまではわかりません。

だからCMを流し続ける以外方法がないのです。

新車・中古車ディーラーを代表とする販売店は、新規にクルマを購入されるユーザーを営利目的とはいえ無保険状態にすることなくフォローしてくれます。

d00ccff4ba1aaeaa7cfe3ac28b2519ff_s

事故時の対応

 そして、何より初めてクルマを所有する人にとって安心なのは、万が一の場合、顔見知りの営業マンがすべて面倒を見てくれること。

事故の相談、車両の引き取りから修理。

保険会社への連絡から経過報告と、保険会社のサービスの足りない部分もフォローしてもらえ、この安心感は何物にも代えがたいでしょう。

当然大きな損傷なら、販売店側と営業マンは代替えのチャンスがあれば逃がさず、アプローチできて他社との競合の確立も低くなります。

何しろ下取り車は手の内にあるのですから。

364d5854ab14e82a0b2300a8cbe648cf_s

ディーラーで加入することの問題点

 問題は無いこともありません。

ディーラーは手数料収入を手に出来るわけですから、その分ダイレクト系の保険会社よりは保険料が高くなります。

そして一番の問題は担当する営業マンによって大きく違ってしまうこと。

親身になって顧客のために汗をながしてくれる営業マンが担当になるか、クルマを売って保険も加入させたらあとは保険会社任せという営業マンとでは、同じ保険会社でも天と地ほどの違いがあります。

そして、担当がいつの間にか変わったりもします。

さらに、「自分が何という保険会社のどんな内容の保険に加入しているのか・・」わからなという事さえあるのです。

 そこで、一年後に必ず来る更新に合わせて保険の見直しをする方が増えています。

一年間クルマを所有すると、本当に危険な事や、その時必要な保障範囲、ご自身の使用状況なども決まってくるでしょう。

そしてCMでも多く見聞きする格安な保険も。

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

ダイレクト系とは?

 ダイレクト型と言われる電話やネットを利用した契約をする保険会社は、代理店などを持たないので、その分コストを抑えられ、保険料が安く設定できます。

電話では丁寧に説明を受けられ、ネットでは細かく文字情報を見て判断できます。

契約も非常に簡単にできます。

何よりも、自分に合った内容を選べるという事も人気の秘訣でしょう。

面と向かって営業マンや代理店の人と話すと、思った内容と違う契約になってしまう心配もありません。

なるべく安くと言うのも恥ずかしいし、言いずらいものでしょう。

その点ダイレクト系なら相手の顔も見えませんし、ネットなら会話も不要です。

ダイレクト系の問題点

 良いことずくめのようですが、落とし穴があります。

それは必要な内容を契約するのもしないのも貴方の責任という事です。

対面してプロが進める場合と違い、特にネットや書面を利用した通販タイプの場合、自身の判断ですから間違いや勘違い、うっかりミスを誰も指摘してくれません。

年齢条件を勘違いして設定しても、保険会社は記載された内容通りに契約を締結し、その内容以上の補償、賠償の責任はないのです。

 

 保険の知識に自信のない方や、経験の浅い方は最低限でも電話を利用した方法が安心ではないでしょうか。

もちろん、徹底して無駄を省きたいと日々検討される方は、ネットを大いに活用することで、コストダウンになるでしょう。

まずは安心を手にいれることが大事です。

任意保険に関する他の記事

任意保険の選び方(対人・対物・搭乗者・車両保険)
自動車保険の節約方法
自動車保険の比較サイトの有効利用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加