スカイラインハイブリッド保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 751

スカイラインハイブリッドの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 23~25万円 (現行モデル 35~40万円)

 まだ予約の段階で値引きの話もどうかと思うが、予約殺到という状況ではないだけに、交渉は可能。とんでもない価格になったために、最初から「そのかわり・・・」という話が出るパターンだ。それと、下取りアップ対策、販売補助対策など、値引きとは別枠の予算が割り当てられている。

 そんな中で、狙いはなんといっても併売される現行モデルの「250GT」系だ。グレードが整理され選択もしやすくなっている。生産が少なくなっているはずなので、在庫状況もチェックが必要だが、「スカイライン」を激安で手に入れる数年に一度のチャンスともいえる。

下取り価格の重要性

スカイラインハイブリッドの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 事実上の「インフィニティ」ブランドとして投入された「スカイラインハイブリッド」だが、その車両価格の変化ぶりは、同銘柄としては類を見ない上昇ぶりだ。もはや「スカイライン」ユーザーは相手にしないと宣言してるようなもので、メーカーの事情もあるだろうが、ディーラーサイドは困惑するだろう。ターゲットとする顧客情報がゼロに等しいからだ。

競合車種も「レクサス」や輸入車が相手になり、当然ユーザー層もまったく違う種類の人間になるはず。
 とはいえ、もともと販売台数が落ちるところまで落ちていたので、ネガティブなことも含めて話題性だけは十分にある。思うように販売台数が伸びなくても、それも織り込み済みだろう。月販200だいの目標なのだから。

スカイラインハイブリッドの競合車種 

 

レクサス IS300h 車両価格480~575万円

 「スカイラインハイブリッド」が新たに属するクラスはここになる。スポーティーなエクステリアと、最新技術満載のハイブリッド4ドアセダンだ。走行性能を掲げるだけでは満足は得られないクラスである。高級感という従来の「スカイライン」になかった「装備」が、この「レクサス」ブランドと対比される。「IS」はこの他に、NAエンジンンモデルと、スポーツモデルの「IS SPORT」、さらにオープンモデル、そしてV8・5.0Lエンジン搭載の「IS F」という、ハイブリッドにこだわらない 幅広いラインナップを展開している。

BMW 328i ハイブリッドにこわらなければ459万円から手に入る。人気グレード「Mスポーツ」でも約500万円だ。

メルセデスベンツ Cクラス  メルセデスが「スカイライン」のライバルになるとは思っても見なかったが、事実「C180」が399万円から販売されており、中核グレードの「C250アバンギャルド」の589万円まで範囲内だ

スカイラインハイブリッドの保険料

 高級車になった「スカイライン」は、ハイブリッドということもあり、万が一の場合には修理費用も高くなることが予想されます。そのため保険料率も高く、特に車両保険は高額になりがち。かといって、車両保険を付帯しないで乗るわけにはいかないでしょう。そもそも車両保険とは、対人対物などの主契約に対して付帯され、事故により自動車に損害が生じた場合に保険金が支払われます。 車両保険の保険金額は自動車の購入価格ではなく、車種や初度登録年月によって定められた価格に基づいて設定します。また、車両保険は一般的に保険料が割高ですが、補償内容を絞って保険料を低めにおさえたタイプの保険もあります。車対車の事故に限定した「エコノミー」というタイプや自動車の走行時以外の事故に限定した「限定A」というタイプがあります。

 また、車両保険には免責金額というものがあり、例えば免責10万円であれば、修理代が30万円の場合に、免責額を差し引いた20万円が支払われることになります。 免責額を0円にすると全額支払われますが、保険料は高くなります。この辺を考えて契約すれば保険料を安く押さえられます。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

スカイラインハイブリッドの車両概要

 2014年2月に発売される新型は、先に北米市場において、「インフィニティQ50」として発表された。国内向けにはハイブリッドのみの設定になり、「インフィニティ」のブランドバッジもそのまま採用されている。フーガハイブリッドと共通のV6 3.5Lに高出力なリチウムイオンバッテリーなどを採用した1モーター2クラッチ式のハイブリッドエンジン。燃費は18.4㎞/Lと、クラストップの数値を達成している。

 そして、4WDシステムにはアテーサE-TS(電子制御トルクスプリット4WD)を採用。前後輪へのトルク配分に加え、インバーターによる高精度な制御により4WD走行時のモーターとエンジン出力のバランスを最適化する。

 また、インテリジェント デュアル クラッチ コントロールはトルクコンバーターを使用せず、クラッチの接続や切り離しを直接的に実施。レスポンスがよくダイレクト感あふれる変速を満喫できる。

 さらに、量産車世界初のダイレクトアダプティブステアリングは、ステアリングの動きを電気信号に置き換えて、アングルアクチュエーターが遅れなく反応してタイヤを動かす タイヤを操舵する。その他にも、車線に対する進路のズレを減らし、直進性を高めて修正操舵を減らす世界初の「アクティブレーンコントロール」、PFCW(前方衝突予測警報BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)など、最新機能満載である。

スペック表

車両型式 DAAーHV37  HNV37
車両価格(円) 4,496,100~5,537,700
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 (4,790~4,800)×1,820×(1,400~1,450)
室内寸法(㎜)長×幅×高 2,000×1,480×1,180
ホイルベース(㎜) 2,850
乗車定員(名) 5
車両重量 (㎏) 1,760~1,840
エンジン型式・排気量(cc) VQ35HR DOHC V型6気筒 3,498
最高出力 kw(ps)/rpm 225(306)/6,800
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 350(35.7)/5,000
モーター型式・種類 HM34・交流同期電動機
モーター最高出力kw(ps) 50(68)
モーター最大トルク(N・m[kg・m]) 290(29.6)
動力用主電池 リチウムイオン電池
JC08モード燃費(㎞/L) 17.0~18.4
駆動方式 2WD  4WD(アテーサEーTS)  
ミッション         電子制御7速ハイブリッドトランスミッション
最少回転半径(m) 5.6~5.7
タイヤサイズ 245/40RF19
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加