デイズルークス保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 733

デイズルークスの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 5~10万円

 期間限定のキャンペーンなどで盛り上げているが、ライバルに対して大きなアドバンテージがないので、値引きもしっかりする。消費税の増税前の納車が不可能ということが知れ渡っていることで、購入に消極的になたり、まだ増税前に間に合いそうな車種に逃げられないように、増税によるアップ分を実質的に補てんするような対策も取られている。購入する方としては、理由は何であれ値引きと変わらないだろう。

CIMG0808

下取り価格の重要性

デイズルークスの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 今一番売れ筋のモアペース系の軽自動車ということで、ディーラーも力が入る。ホンダが同じく「N-BOX」で軽自動車のトップブランドになったこともある。しかし、ライバル車種もモデルチェンジで充実したスペックを備えており、冷静になって見ると、飛びぬけたスペックはなく、細かな装備以外は目立った売り物がない。しかも、今や必須となっている自動ブレーキなどの設定がなく、営業サイドとしては不満がつのる。

デイズルークスの競合車種

スズキ スペーシア

 ダイハツ「タント」の成功に追従して発売された「パレット」の後継モデ2013年2月に登場し、室内寸法、軽量化、燃費などに大きな進歩を見せた。 「タント」との差別化として、後席両側スライドドアを装備している。また、全グレードに、レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)などをセットオプションにしている。

 顧客の期待に応える装備を充実させた上、燃費・動力性能・パッケージング・安全装備の全方位で完成度の高いクルマに仕上げているとして、「COTY日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014」において「スモールモビリティ部門賞」を受賞している。しかしながら販売面では「タント」「N-BOX」には差を付けられている。

ダイハツ タント

 軽自動車最長のホイールベースなどで2003年にデビューした軽ハイトワゴンの草分け。2013年9月にフルモデルチェンジした3代目にあたる現行モデルは、代名詞である「ミラクルオープンドア」や、助手席ののロングスライド化を実現するとともに、フルフラット化された後席下部などで、荷物の積載が容易になったほか、運転席側もスライドドアとなったことで両側スライドドアとなり、一部グレードにはパワースライドドアを備え、「N-BOX」に奪われたハイトワゴントップの販売台数の座を、フルモデルチェンジしてからは猛追し、2013年度後半からは、その座を奪い返している。

ホンダ N-BOX

 ハイトワゴン市場に新規参入するやいなや、瞬く間にこのクラスのトップに上り詰めた「N」シリーズの第一弾。空間効率を最大限にするため、「ミニマムエンジンルーム」の思想を採り入れた新設計のプラットフォーム」に加え、をセンタータンクレイアウトを採用し、クラスでもっとも低いフロアを実現、また、軽自動車としては初めてVSAとヒルスタートアシストシステムを全車に標準装備するなど安全装備も充実しており、その結果2013年度軽自動車累計販売台数で一位となっている。派生車種に「N-BOX+」がある。

デイズルークスの保険料

 自動車税や車検、点検費用等、クルマの維持費が普通車と比べ経済的なのが「デイズルークス」を初めとする軽自動車です。居住性、安全性能も向上し、走行性能も十分。だからこそ維持費全体に占める割合が大きな、自動車保険の保険料を安くすることも重要になります。しかし、安さにとらわれるあまり、補償内容を低めに設定するようなことがあれば、自動車保険に加入する意味がありません。事故の時に十分な補償が受けられ、ロードサービスも充実しておかなければなりません。

 最近はダイレクト系の自動車保険が人気で、加入者も増えているのは、補償と安さのバランスが評価されているからでしょう。しかし、その保険会社の数は大変多く、どこがどんな特徴なのかも調べるのが大変です。

 そこで、多くの方が利用されているのが「比較サイト」です。車両情報と本人の望む条件で見積もりすると、複数の保険会社の見積もりが得られます。その場で一覧出来るものや、後日に見積り内容が送付されるものもあり、サイト自体も多く存在しています。これらを利用することで、最適な内容の自動車保険が選べるでしょう。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

デイズルークスの車両概要

 2014年2月にデビューした軽スパーハイトワゴンで、「デイズシリーズ」の第二弾となる。2013年6月に発売された「デイズ」同様、日産と三菱の合弁会社「NMKV」がデザインなどの両社の強みを生かして商品企画と開発を行ったものであり、三菱では「eKスペース」として同日より販売を開始している。

 スズキからOEM供給されていた先代モデルにあたる「ルークス」を継承する広く快適な室内空間や、優れた燃費性能を実現し、さらに両側オートスライドドアやタッチパネル式オートエアコン、アラウンドビューモニターなどが装着される。

 前方からのエアコンの風量と向きを調整し後席にも送風する「リアシーリングファン」や、後席の「ロールサンシェード」を装備した室内はクラストップの1400mmを実現している。

 メカニズム面では、アイドリングストップシステムを搭載、さらに、減速時のエネルギーを利用して発電し、ニッケル水素電池に充電した電力を電装品に供給するバッテリーアシストシステムも搭載され、FF車の燃費は26.0㎞/Lとなっている。

日産得意のスポーティーバージョン「ハイウェイスター」と「ライダー」も設定する。

スペック表

価格(円) 1,240,050~2,009,700
トランスミッション エクストロニックCVT
駆動方式 2WD 4WD
車両寸法(㎜) 3,995×1,475×1,775
室内寸法(㎜) 2,235×1,320×1,400
ホイルーベース(㎜) 2,430
乗車定員(人) 4
車両重量(㎏) 920~1,000
最少回転半径(m) 4.4~4.7
エンジン型式・排気量(cc) 3B20 直列3気筒DOHC 659
最高出力kw(ps)/rpm 36(49)/6,500 47(64)/6,000(ターボ車)
最大トルクN・m(kgf・m)/rpm 59(6.0)/5,000 98(10.0)/3,000(ターボ車)
JC08モート゛燃費(㎞/L) 22.2~26.0 20.8~24.6(ターボ車)
燃料タンク容量(ℓ) 30
タイヤサイズ 155/65R14 75S 165/55R15 75V
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加