ウイングロード保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 625

ウイングロードの新車値引き交渉のポイント

値引き目標額32~35万円

このクラスのステーションワゴンのライバルは「カローラフィルダー」しかいない。迷いはしないなで単純に行く。選ぶグレードは「15Mauthentic 」、「カローラフィルダー」は「1.5G」が価格的につりあう。人気のある“AEROTOURER”より値引きは期待できる。推奨したいメーカーオプションは SRSカーテンエアバッグシステム47.250円、とドライブレコーダー36.800円。残念ながら安全はお金で買うシステムだ。簡単な交渉では「カローラフィルダー」プラス上記オプション、もしくは同等価格狙いで。
あるいは同等総額で「18Mauthentic 」を狙うという手もある。

下取り価格の重要性

ウイングロードの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

最近の販売動向では、ひとつはコンパクトカーで超低燃費、もうひとつはミニバンでプラス室内寸法。さらにはディーゼルやスーパーチャージャー、HYBRIDなどの飛び道具を持ったクルマが売れている状況だ。残念ながら「ウイングロード」はどれにもあてはまらない。ディーラーも大人4人がゆったり乗れて、荷室も十分使える経済的なコンパクトカーをリクエストされたら、迷わず「ノート」か「マーチ」を勧めるだろう。
 前モデルの後期バージョンが大ヒットしたのは、スタイリッシュなデザインもさることながら、低価格というキーワードがあった。既存のバンベースのシンプルで、簡素な内外装をデザインで見事にカバーしていた。現行モデルは走行性能と各種装備は向上したが、低価格という大切なキーワードを忘れてしまっている。ヒット車によくあるパターンだが、ヒットした要因を一番理解出来ないのが作ったメーカーだったりする。

ウイングロードの競合車種

トヨタ カローラフィルダー(153.2~212.0万円) 国内では「ウイングロード」の競合車種はもはやこのクルマしかいない、コンパクトクラスステーションワゴン。VVT-i 1.5LとDualVVT-iの 1.8Lエンジン搭載でSuper CVT-iと組み合わせ、1.8S“AEROTOURER”、1.8Sには7速スポーツシーケンシャルシフトマチック を装備。アイドリングストップ機構装備の1.5L車は、JC08モード21.2km/Lの低燃費性能。ダウンサイジングされたセダンの「カローラアクシス」と違い、排気量こそ先代と同じだが、ボディは短くなっている。しかし、居住性を含めたスペース効率は良くなり、狭さは感じさせない。アクシスに比べよりスポーティーなイメージを演出しており、“AEROTOURER” を設定するなどして若い年齢層も視野に入れる。

ウイングロードの保険料

通販型自動車保険は保険料が安く大変人気があります。特にネットで契約する方法が格安でしょう。しかし、正しい知識がないと、その恩恵を受けられないばかりか、必要な補償を忘れる危険すらあります。正しい知識といってもそれほど難しい事ではありません。乗用なポイントを押さえるだけですみます。
大別すると、(1)補償する運転者の範囲 (2)相手側への補償 (3)自身と同乗者の補償 (4)お車の補償(5)プラスアルファの補償になります。全て文字通りの事であり、クルマを所有する上で常識的な内容です。(5)のプラスアルファは、保険会社によって様々な特約が用意されており、「弁護士費用特約」など直接事故の際に必要そうなものから、「ペット諸費用補償特約」などの個々の必要性があるもの、「IDガード(キャッシュカードやクレジットカード不正利用補償)特約」など事故に関係ないものもあります。
上記を参考にしてみてはいかがでしょうか。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ウイングロードの車両概要

2005年10月発売。大ヒットした先代の後期バーッジョンに変わって登場した3代目は、流星の残像をイメージ させたメインキャラクターライン 、キャビンとラゲッジをつなぐ ウェーブド・ドリップライン とよばれる特徴的なデザインとなった。
 室内では、後席スライド量120mmを確保するとともに、最大10段階40度までリクライニング可能なリヤシートにより、リラックスできる後席空間を実現 また、ラゲッジルームはクラスを超えた荷室容量(最大412L)を実現し、さらに後席スライドシートを利用することで、ミドルクラスワゴンに匹敵するスペースを確保させた。
 オールアルミ製1.5Lと1.8LエンジンはエクストロニックCVTと組み合わせ.1.8L車には6段変速マニュアルモード付ステアリングシフトを搭載する。

スペック表

車両型式 DBAーY12 JY12 NY12 
車両価格(円) 1.617.000~2.341.500
基本グレード 15S 15M 18G authentic ライダー FOUR
車両寸法(㎜) (4415~4440)×1695×(1495~1510)
室内寸法(㎜) (1955~2055)×1395×1210
ホイルベース(㎜) 2600
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) HD15DE 直列4気筒DOHC 1.498             MR18DE 直列4気筒DOHC 1.797
最高出力 kw(ps) HD15DE 80(109)/6,000                    MR18DE 94(128)/5.200
JC08モード燃費(㎞/L) 14.0~17.2
駆動方式 FF  eー4WD
ミッション         エクストロニックCVT エクストロニックCVTーM6 4EーATx
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加