NV350キャラバン保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 433

NV350キャラバンの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 20~25万円

商用バンの値引き交渉は乗用車とは異なり、難しいという側面もあります。

値引きを要求しても、乗用車ユーザ-であると見ると「商用車ですから」というセリフが飛び出します。

しかし、300万円代の車種であれば、セレナ以上。

ユーザーにとっては乗用車も商用車も関係ありません。

個人で事業を経営している方なら50万円ぐらいの値引きを平気で要求しますので、乗用ユースでお使いの方も、まずは大きく要求を突き付け、「無理ならハイエースにする」という気迫で値引きを勝ち取りましょう。

下取り価格の重要性

NV350キャラバンの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

NV350キャラバンは、ビジネスカーではあっても、個人ユーザーがアウトドアグッズを載せたりするといった利用も多くなっています。

そんな個人ユーザー向けにはこれまで「プレミアムGX」というグレードが受け皿となっていましたが、「DX」との価格差が大きく、今回新設定された「VX」がその中間となり、個人ユーザーを取り込み安くなりました。

さらに、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「インテリジェント アラウンドビューモニター」の採用という、乗用車同様の安全装備をセールスポイントに、ハイエースに対しての優位性を高めることになります。

ただし、主力の法人客向け販売は以前としてハイエースの牙城を崩すまでには至っておらず、その打開策として、ビジネスカーを専門に取り扱う「エキスパートショップ」などの強化が進められています。

NV350キャラバンの競合車種

トヨタ ハイエース

ハイエースとNV350キャラバンは、両車ともにワンボックススタイルの商用車として長くライバル関係を続けていますが、顧客との結びつきが乗用車ユーザーよりも密な車種であるため、競合ということにはあまりなりません。

交渉においては必ずと言っていいほど名前があがりますが、結局は長い付き合いの販売店から購入することになります。

荷室サイズ、動力性能といった基本性能は多少の差はあってもほぼ同様であることが、ライバル社に乗り換えることを防いでいるのですが、安全性能という新たな基準が出てきたことにより、NV350キャラバンの優位性が目立つようになっています。

これまでのところ、モデルが古いながらもハイエースの方が販売台数ではリードしていますが、新規ユーザーの獲得では苦戦している状況です。

NV350キャラバンの保険料

NV350キャラバンバンのような4ナンバーの小型貨物自動車は、乗用車と比べて年間走行距離も多く、事故率も高くなるので、従来は通販型の保険会社では引き受けできないことがありました。

しかし、最近では通販型保険会社でも乗用車同様に引き受けているようです。

個人経営者が利用することの多い商用車の場合、経費節減のためにとにかく安い保険料を求めがちですが、商用車の特殊性を考えると、契約者の車の利用状況を良く知っている代理店型の利用も考えたほうがいいでしょう。

特に貨物保険などは通販型では判断が難しく、コミュニケーションを取れる代理店の担当者との相談が必要となります。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

NV350キャラバンの車両概要

2017年7月13日のマイナーチェンジでは装備面の充実化が行われ、インテリジェント エマージェンシーブレーキ、VDC(TCS機能を含む)、ヒルスタートアシストをバン全車に拡大して標準装備されています。

また、4ナンバークラスの小型貨物車で初めてとなる「インテリジェント アラウンドビューモニター」を採用し、メーカーオプション設定。

そのほかバックドアオートクロージャーと、オートエアコン+リアクーラーをグレード別に装備しました。

エクステリアの変更も行われ、フロントグリルを大型化したほか、リアコンビネーションランプをLED化し、LEDヘッドランプ)をメーカーオプション設定しています。

さらに、バンには「DX」と「プレミアムGX」の中間にあたる「VX」を追加、スライドサイドウインドウ、サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(メッキ)、シルバー加飾付ステアリング、リアホイールハウストリム(カーペット)、メッキバックドアフィニッシャーを追加しています。

また、オーテックジャパン扱いの「ライダー」・「送迎タイプ」・「チェアキャブ」も、ベース車同様のマイナーチェンジが行われました。

自動車保険の比較はこちら

NV350の中古車

Powerd by Guliver

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加