GT-R保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 615

GT-Rの新車値引き交渉のポイント

値引き目標額0~5万円

基本的に値引きはしない方針が徹底されているため、値引き交渉のポイントではないが、少しでも安く購入するポイントとしては、クレジットの使い方だろう。現金で購入予定の方には関係ない話だが、最低でも900万円以上のクルマなので、ある程度は分割にされる方も多いはず。審査が通るかが不安ですが、半額程度の頭金が入れば問題ない。元が高額なので、残金より車両価値が高いので問題ないはず。ディーラーの進める信販会社は金利が高めのため、銀行、ノンバンク系を利用すると、条件によるが40~60万円ほどさが出る。値引きの数万円で時間をかけるより、こちらの調査に時間をかけた方がよほど特をする。

下取り価格の重要性

GT-Rの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

国内においては拡販する気はない車種だが、基本的には「ハイパフォーマンスセンター」の認定を受けたディーラーで販売される。また、専門知識を持つカーライフアドバイザーが商談を担当するシステムだ。メンテナンスや車両保障など細かく規定があり、違法改造や社外品パーツによるトラブルなどを神経質なまでに気をまわしている。高額車種といってもそこは既存の日産ディーラー
なので「レクサス」のように客の品定めをするわけではなく、注意事項が笑うほど多いものの、支払い能力と、自動車保険の加入などの社会的責任があれば普通に購入できる。ディーラーとしてありがたいのは、一台あたりの利幅は大きく、1000万円前後の車両価格のため、購入する年齢層が高いので、トヨタの「86」よりヤンチャなユーザーが少ない。

GT-Rの競合車種

ランサーエボリューションX(315.0~525.0万円) 国産車で「GTR」の対極にあるのが、この「ランエボ」だろう。「GTR」より以前から海外展開され「EVO」の名で、特に欧州では認知度は高い。ダートのイメージが強いが、本領を発揮するのはむしろターメリック(舗装路)。前後輪間の差動制限を電子制御して4輪に適切な駆動力を配分するACDシステムは、基本の駆動力配分を50:50に設定し、前後輪間の差動制限をフリー状態から直結4WD状態までコントロール。さらにエンジントルク、ブレーキ圧、ヨーレイトセンサーの情報を加えて、より緻密な制御を実現している。価格の安さも人気の秘訣。

GT-Rの保険料

「GT-R」の保険料が高いという事よりも大きな問題がある。高額でローンを組む方も多いはずだが、事故の結果クルマを失い、ローンだけ支払う悲劇を味あわないためにも、ぜひ車両保険には加入したい。しかし、車両価格が900万円以上だと加入できなかったり、そもそも「GT-R」というだけで加入できない保険会社が多いのです。基準はそれぞれ違いますが、事故率と修理代金の高さ、盗難率、所有者のモラルなどがリスクが高すぎると判断されるようです。もちろんその計算の元になる販売台数の少なさもあります。既存、通販を問わず半数からそれ以上の保険会社で引き受けが事実上禁止されています。
 価格の安さをアピールする保険会社は多いですが、リスクの少ない車種やドライバーだけの話で、事故の際、本当に保険が必要な高額車両が加入出来ないのは本末転倒といっていいのですが、現実です。しかし、問題なく加入できる保険会社もあるので、探してみましょう。ディーラーと提携している保険会社なら確実とは思います。その際、「新車特約」は必需品です。多少割高になりますが、新車時にしか付けられないのでお勧めです。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

GT-Rの車両概要

 基本モデルは2007年に発売され、従来のスカイラインの派生車種から独自の車種に生まれ変わり、名称からもスカイラインが消えた。毎年末にバージョンアップされ、現行モデルは2012年11月に発売された「2013モデル」といなる。
高性能でありながら、街乗りもこなせる全く新しいジャンルの「新次元マルチパフォーマンス・スーパーカー」をうたっている 。駆動方式はアテーサEーTSの4WDを採用。クラッチ・トランスミッション・トランスファーを車両後方に配置するトランスアクスルレイアウトを取る。パワートレインには 3.8L・V6ツインターボを搭載、初期モデルでは480psだったが、年々増加し550psにまでなった。ミッションは6速デュアルクラッチが搭載され、3ペダルのMTはない。
 ラインナップは「ピュアエディション」がベースグレードとなり、装備のことなる「ブラックエディション」「プレミアムエディション」がある。

スペック表

車両型式 DBAーR35
車両価格(円) 8.757.000~9.786.000
基本グレード ピュアエディション ブラックエディション          プレミアムエディション
車両寸法(㎜) 4670×1895×1370
室内寸法(㎜) 1750×1495×1095
ホイルベース(㎜) 2780
乗車定員(名) 4(2+2)
エンジン型式・排気量(cc) VR38DETT DOHC・V型6気筒 3.799
最高出力 kw(ps)/rpm 404(550)/6400
最大トルク N・m(kgf・m)/rpm 632(64.5)/3200-5800
JC08モード燃費(㎞/L) 8.7
駆動方式 4WD
ミッション         デュアルクラッチトランスミッション
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加