シルフィ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 68

シルフィの新車値引き交渉のポイント

値引き目標額30~35万円

販売も順調で、強気の姿勢だが、ディーラー顧客の代替需要が一巡する2013年の春先には緩む。市場が縮小されたままの4ドアセダンクラスは、少ない潜在ユーザーを奪い合う図式が出来ているからだ。特に、発売間もなく、バリエーションの限られる「シルフィ」のグレード構成では、格安感のある車種がないため、必然的に値引きでの対応を求められる。競合させるならトヨペット店の「プレミオ」。近くにトヨタ店があり行き易ければ「アリオン」でもかまわない。あえて装備充実の2.0Lモデルが面白い。「シルフィ」のお勧めは、どれも代わり映えしないが中間グレードの「X」が人気のようだ。逆に他のグレードに在庫があるならそちらの方が交渉しやすいだろう。 

下取り価格の重要性

シルフィの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 販売台数は新型発売から順調に推移し、予定の販売台数を大きく上回っている。大ヒットとなっているようにみえるが、もともと国内では600台/月の計画なので騒ぐほどではないだろう。それよりも輸出や海外生産による国外販売を主眼に置いているので、あまり期待してなかったけど、そのわりに評判がいい。という程度ではないか。
 ディーラーとしては1.8Lエンジンのわりに大きなボディの新型は、正直受け入れられるかどうか心配だったろう。今までにも3ナンバーサイズの2.0L以下のセダンはあったが、成功したとはいえないからだ。しかし、先代の「ブルーバードシルフィ」があまりにもチープなセダンだったため、日産車ユーザーにとって今回のまともなセダンは衝撃的なモデルチェンジに見えるのではないか。セダン市場が低迷して久しいため、有力なライバルがいない内がチャンスなのだが、バリエーションが3つだけでは寂しい限りだ。
 

シルフィの競合車種

基本情報: 排気量1.8L 車両価格 193.7~238.9万円

トヨタ プレミオ/アリオン  5ナンバークラスの4ドアセダン市場では、「カローラアクシオ」と並んで常にスタンダードであり続けるクルマ。低迷するセダン市場でも、法人をメインに生き残ってきた。走行性能、居住性能、装備いずれも標準。というか標準を作ったクルマでもある。

スバル インプレッサG4  1.6Lがメインとなるが、スポーティーな2.0Lモデルも設定。没個性になりがちな4ドアセダンの中でも得意の4WDで存在感を見せる。「アイサイト」装着車種も充実。難点は4ドアハッチバックの「インプレッサスポーツ」の方に人気が集中している事だろう。

マツダ アクセラ  1.5Lセダンとしては広くても、2.0Lセダンとしては居住性は今ひとつ。しかし、SKYACTIV技術の投入で、低燃費と高性能を両立させる事に成功。他車にない個性を手に入れた。

シルフィの保険料

 「シルフィ」のような4ドアセダンは、車種的にも事故率は少なく、車両価格もそこそこで修理費用も安くすみ、盗難のターゲットにもなりにくい。しかも所有者は優良ドライバーの多い50~60代が殆ど。つまり保険会社にとってリスクの少ない、一番とりこみたい契約者なのだ。ということで保険料は安くすむはず。
 しかしほっといても安くはなりません。クルマを入れ替えたなら(車両入れ替えは必須ですが)、その時、もしくは次の更改時にどのくらい安くなるのかチェックする事が必要です。
 例えば、「リスク細分型」保険で、「走行距離」「使用目的」「免許証の色」「安全装備の有無」など適用される項目をチェック。各種割引からは「複数割引」「インターネット割引」「優良運転者割引」「早期契約割引」「エコカー割引」など電話で契約しても、全ては説明しきれない割引もあります。そのかわり、各保険会社毎の割引制度をしっかりと把握することが大切になります。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

シルフィの車両概要

 2012年12月。それまでの「ブルーバード」の名称を完全に消し去ってフルモデルチェンジした4ドアセダン。排気量1.8Lの4気筒FFモデルだけのシンプルな設定になっている。ボディサイズは拡大されて、寸法だけなら立派なミドルサイズサルーンに生まれ変わったそのエクステリアデザインは、フロントグリルは「ラティオ」などと同じく最新の日産フェイスながら、その他はオーソドックスなセダンそのもの。インテリアは特別な装備というより、質感において非常に気を配っており、クラスを超えた仕上がりになっている。
 グレード構成もシンプルで、装備の違いで「S」「X」「G」とあり、価格差も少ない。福祉車両にも利用できる「助手席回転シート」モデルを他のグレードと同様にラインナップしている。

スペック表

車両型式 DBA-TB17
車両価格(円) 1.937.200~2.389.800
基本グレード S  X  G
車両寸法(㎜) 4615×1760×1495
室内寸法(㎜) 2100×1460×1195
ホイルベース(㎜) 2700
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) MRA8DE 直列4気筒DOHC 1.798
最高出力 kw(ps)/rpm 96(131)/6000
JC08モード燃費(㎞/L) 15.6
駆動方式 FF 
ミッション         エクストロニックCVT  
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加