ノート保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 629

ノートの新車値引き交渉のポイント

値引き目標額23~25万円

 正直スーパーチャージャー搭載の「DIG-S」は販売好調でいまだに難しい。しかし、「ノート」を購入する理由の50%はこのスーパーチャージャー欲しさなので、20万円安いとは言っても非スーパーチャージャのー「X」や「S」にはしずらい。むしろ20万円高の「メダリスト」に色気を出しそうだが、あと数万円で「ライダー」に手が届き、きりがなくなる。初志貫徹で「X DIG-S」狙いだが、交渉は5万円安の「S DIG-S」で勧める。最後の最後で膠着状態におちいったら同じ総額で「X DIG-S」なら決める。競合車はどれも販売好調で大盤振る舞いはしそうにないが、「フィット」の1。5Lはねらい目。安価な1.3LかHYBRRIDに集中するため人気薄だ。

下取り価格の重要性

ノートの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 発売以来販売は順調に推移しており、日産ディーラーにとってコンパクトカーの核になっている。スーパーチャージャー搭載車に集中するものの、生産状況は改善されつつあり、納期も問題ないレベルになった。但し「ティーダ」後継車を担う役目の「メダリスト」の方はというと、質感の高さや装備などの評判は上々であるが、単体で最後まで人気の衰えなかった「ティーダ」の販売台数を埋めるには至っていない。やはりもう少し幾つかのグレードが必要だろう。
 先日の新聞折込のチラシには、地元ディーラー独自の限定車としてカーナビ装着車を大々的に宣伝しており、人気のあるうちに拡販を進める気配が感じられる。そういえば話題の中心は「クリーンディーゼル」や「PHV」などに移っており、「スーパーチャージャー」搭載の「ノート」の話は聞こえてこない。ユーザーの気持ちは移りやすく、いつも新しいものを求めており、良いものだから売れるとは限らない、といったところか。

ノートの競合車種

基本情報: 排気量1.2L 車両価格1.249.500~1.842.750円

トヨタ ラクティス(137.7~198.7万円) 1.3Lと1.5Lをラインナップ。4mを切るコンパクトボディながら、居住性はひとクラス上の「オーリス」並みの広さを持っている。チルドダウン機構付リアシートの採用などにより、後席の居住性を大幅 に向上させている。スバル「トレジア」とはOEMの関係。

トヨタ アクア(169.0~185.0万円) トヨタ最小のHYBRID。JC08モード35.4km/L の燃費は驚異的。しかも価格は「ノート」と変わらない。燃費ばかりクローズアップされるが、パッケージングも優秀で、販売台数№1の理由は実はそっちにある。

ホンダ フィット(123.0~196.0万円) 1.3L、1.5L、そしてHYBRIDと、この価格帯にすべて納める。しかも装備充実の「XH」からスポーツタイプの「RS」もあり、この一車種で、日産のコンパクトカーすべてを相手に出来る。

ノートの保険料

 今年は自動車保険が色々と変わる年のようで、これまで以上に注意が必要になります。例を挙げると、これまで自動付帯だった「搭乗者傷害保険」が任意で選択できるようになります。同時に「人身傷害補償特約」にも加入できるため、その特徴を理解されておいた方が良いでしょう。

搭乗者傷害保険:車を運転している方やご同乗の方が事故でケガや後遺障害を負ったり、亡くなった場合の補償。契約している自動車に登場中のみ、実際の損害にかかわらず、規定による定額を支払われます。

人身傷害補償特約:事故の過失割合に関わらずケガの治療費や休業損害、精神的損害などの損害額を補償 。損害にあった実費を保障されます。契約中の自動車に搭乗中以外、他の自動車に搭乗中、歩行中、などでも支払われます。

これらを両方付帯するか、どちらかを付帯するかが任意で決める事が出来ます。迷ったら保険会社のお勧めを聞き、その理由を説明してもらうことが最良と思います。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ノートの車両概要

2012年9月発売。先代の「ノート」に加え、販売を終了した「ティーダ」ノ後継車としての役目も担っての搭乗となった。
ボディ・シャーシーともにダウンサイジングされ、70㎏軽量化されたエクステリアは、ディサイドには「スカッシュライン」と名付けられたプレスラインが存在し、躍動感を表現している 。エンジンには1.2L直列3気筒HR12DE型 を新採用。そして直噴化されたミラーサイクルエンジンにスーパーチャージャーを装備したHR12DDR型 も設定。高トルクと燃費性能を両立している。
 ラインナップには、装備を充実させた高級仕様の「MEDALIST」。カスタム&スポーツ仕様には「ライダー」と「アクシス」が用意されている。

スペック表

車両型式 DBA-E12 NE12      
車両価格(円) 1.249.500~1.842.750
基本グレード S  X    S DIG-S   X DIG-S   MEDALIST  アクシス  ライダー
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 (4100~4140)×1695×(1525~1535)
室内寸法(㎜)長×幅×高 2065×1390×1255
ホイルベース(㎜) 2600
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) MR12DE  DOHC直列3気筒 1.198  HR12DDR DOHC直列3気筒 1.198
最高出力 kw(ps)/rpm MR12DE 58(79)/6000 HR12DDR 72(98)/5600
JC08モード燃費(㎞/L) 18.2~25.2
駆動方式 2WD 4WD
ミッション         エクストロニックCVT
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加