フーガ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 750

フーガの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 30~35万円

 ビッグマイナーチェンジと言われる、フロントデザインを中心としたエクステリアの刷新を行った「フーガ」。とは言え、月間販売目標800台ほどの車種であり、マイナーチェンジで値引きが変わるということはない。400~600万円以上という高額車種でわるので、ディーラーの利益も大きく、購入する側も値引きは期待したい。法人ユーザーも多い車種だが、もう一つの高級セダン「シーマ」とは異なり、マイナーチェンジを機に、個人ユーザーにも積極的に販売したいディーラーとしても、その容貌をむげには出来ない。

 トヨタ「クラウン」の同価格帯のモデルを競合車種として、合い見積もりを取得することが、むやみに値引きを求めるよりも、交渉を具体的に進めやすいでしょう。発売直後の各種販売対策がある時期を逃さない事も重要になる。

CIMG0397

下取り価格の重要性

フーガの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 売れれば利益の大きい車種だが、法人ユーザー中心の販売も、順調とはいえないのが「フーガ」。トヨタの「クラウン」「レクサス」そして、輸入車に対してこれと言った武器をもたないのが欠点。法人相手に走行性能はインパクトがなく、ブランドりょっくも弱い。では、個人ユーザー相手にはどうかと言えば、「クラウン」に勝るものが見当たらない。古くからの顧客の代替が主にならざるを得ないが、今のままではじり損状態で、新規ユーザーを獲得するのは急務。今回のマイナーチェンジで、スタイルがスポーティーになったことで、個人ユーザーにいかにアピール出来るかがポイントになる。

フーガの競合車種

トヨタ クラウン

 ハイブリッドの投入、スポーティーなデザインやダウンサイジングなど、常に日産に先んじて改革を進め、クラストップの地位を盤石にしている。ダウンサイジングによる低価格路線も成功し、法人のみならず、個人ユーザーを取り込む工夫も欠かさない。何よりも、その知名度は揺るぎようがなく、「フーガ」が競り勝つには多少のスペック差では足りない。直近の販売成績も「クラウンン」は月間3,000台以上売り上げ19位にランキング、年間では約49,000台の15位、「フーガ」は30位にもランキンングしてない。

フーガの保険料

 自動車保険を考える際、大事なのは相手への賠償ですが、難しく考えずにシンプルに考えれば対象が、「人」か「物」かの二つだけだという事がわかります。人を対象にした「対物賠償保険」では歩行者や相手方のクルマに乗っていた方を死傷させてしまった場合に補償されます。「対物賠償保険」では、相手のクルマや自転車、家屋やガードレールなど、他人の所有物に損害を与えた場合に補償されます。保障内容はともに無制限が基本です。

 この二つさえ押さえれば、あとは、ご自身の補償や損害に対してどう用意しておくかだけです。「フーガ」の様な400万円を超える高級車の場合はフルカバーの車両保険は当然必須でしょう。そして、「弁護士費用特約」も現在では重要になっており、相手との交渉を弁護士に依頼するために必要となる費用や、訴訟・調停・仲裁のための費用を補償するものです。活用される事例も多くなっています。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

フーガの車両概要

 日産では「シーマ」に続く高級セダン。2009年11月に初めてフルモデルチェンジされ、現行モデルとなった。エンジンにはV6・2.5Lと3.7Lの2機種が用意され、2010年11月には3.5Lエンジンを搭載するハイブリッドモデルが追加された。燃費向上のための「ECOペダル」や、「ECOモード」を設定するなど、様々な環境技術を投入している。

 初代の持つ特長を継承しながら、多くの新技術を採用し、日産のフラッグシップとなる高級セダンとして開発しされた。
エクステリアはFR車ならではの踏ん張り感のあるプロポーションとなった。インテリアは、華やかさを際立たせた本木目などを採用し、心地のよい室内空間を実現している。また、「コーナリングスタビリティーアシスト機能」などの先進技術と、多彩な安全技術を搭載している。2015年2月にマイナーチェンジが行われ、外観デザインが刷新された。

 また、2012年7月には三菱自動車工業にフーガが「プラウディア」としてOEM供給され、発売している。

スペック表

ハイブリッド 370 250
価格 5,139,720~6,874,869 4,644,000~6,054,069 4,104,000~5,131,749
車体寸法(㎜) 4,980×1,845×1,500~1,510 4,980×1,845×1,500~1,510 4,980×1,845×1,500~1,510
室内寸法(㎜) 2,090×1,535×1,210 2,090×1,535×1,210 2,090×1,535×1,210
ホイルーベース 2,900 2,900 2,900
乗車人員 5 5 5
最小回転半径(m) 5.6 5.6~5.7 5.6
車両重量(kg) 2,105~2,155 1,730~1,810 1,700~1,740
エンジン型式・排気量(cc) VQ35HR DOHC V型6気筒 3,498 VQ37VHR DOHC V型6気筒 3,696 VQ25HR DOHC V型6気筒 2,495
エンシ゛ン出力(kw/ps) 225(306)/6,800 245(333)/7,000 165(225)/6,400
フロントモーター型式・種類 HM34 交流同期電動機
モーター出力(kw/ps) 50(68)
動力用主電池 リチウムイオン電池
駆動方式 2WD 2WD 4WD 2WD 
トランスミッション 7速ハイブリッドトランスミッション 7AT 7AT
JC08モート゛燃費(㎞/L) 17.8~18.0 8.9~9.4 11.2
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加