フェアレディZ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 69

フェアレディZの新車値引き交渉のポイント

値引き目標額20~30万円

 どうせならオープンエアを満喫したいので、「ロードスター」を。グレード間の価格差はそれほどないので、最上級機種の「Version ST7M-ATX」がベスト。値引きというよりオプション狙いがお勧め。ロードスター用スタイリッシュパッケージ、ヴェルディナステンレスマフラーなどが丁度良さそうだが、なるべくディーラー取り付け可能なオプションの方が値引き扱いされやすい。価格、テイストともに合う競合車種は無いも同然なので、単独交渉にはなる。このくらいの車両価格になると、値引き額で時間を費やすより、利率の低いく、審査の通りやすいクレジット会社を選ぶのに時間を使いたい。

下取り価格の重要性

フェアレディZの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 派手な看板としては利用できるものの、都市部以外では需要はない。展示するショールームに余裕がないと「ロードスター」は置き辛い。幌ゆえに外の展示場に放置出来おないし、幌を締め切っては意味がない。広いショールームに幌を開け放って、展示してこそ、所有するイメージも膨らむし、高級感も感じられるはず。少なくとも来店客の話題作りには役にたつ。高額車種ではあるが、最近では他の日産の車種も価格が膨れ上がっており、気がつくとそれほど特別でもない。むしろ、特別なのは、何の役にも立たず、狭くて燃費も悪い、走る事を満喫するだけの、不便この上ないクルマである事。使い勝手や燃費ばかり強調するクルマとは違うが、実は欲しいと思っている人は多いのではないかとも思える。

フェアレディZの競合車種

基本情報: 排気量3.7 L 車両価格 3.675.000~5.124.000円

マツダ ロードスター(233.0~292.0万円)  価格はまったく違うが、2シーターオープンスポーツとしては、国内ではこのクルマしか競合しない。PRH(パワーリトラクタブルハードトップ)は「Z」と同様の快適装備。軽量なソフトトップ仕様もある。直4・2.0Lエンジンとコンパクトで軽量なボディは、オープンエアスポーツを気軽に楽しめる。それでいて価格は「Z」のおおよそ半額だ。

レクサス ISC(495.0~645.0万円) 250と350のV6をラインナップする、オープン4シーター。けっしてスポーツカーとはいえないが、電動開閉式メタルトップの見栄えは秀逸。大きなトランクの開閉と二つ折りになるルーフなど、オープン状態になる光景は圧巻。それだけでこのクルマを所有する意味が達成される。

フェアレディZの保険料

 「フェアレディZ」のオーナーになるなら、自動車保険、中でも車両保険は必需品。「ロードスター」ともなればいたずらも心配ですからフルカバータイプがお勧め。さらに、盗難などの事故により、車内やトランク内に置いてあった日用品 (本人や家族のカメラ、ゴルフなどの持ち物)が破損した場合に、実際の損害額が補償される、「身の回り品補償」の特約も付帯させておきたい。
 また、高額な車両ですから、全損時に、諸費用として「買換諸費用(取得税・重量税等)」などが支払われる場合もある「 全損時諸費用保険金特約(事故附随費用補償に含まれる場合あり )」も必要でしょう。
 しかし、これだけのフルカバーになると、保険料の負担も当然大きくなります。様々な割引を利用するのも重要ですが、やはり一番てっとり早いのは、保険会社そのものの選び方でしょう。
 買い換える際にじっくり検討する事をお勧めします。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

フェアレディZの車両概要

 2008年12月発売の2シータースポーツカー。現行モデルは日本国外では「NISSAN 370Z」として販売されている。ヘッドランプからウエストとアーチを描きながら駆け抜けるダイナミックなキャラクターラインと、ヘッドランプとリヤコンビネーションはスタイリング全体を引き締める効果を狙ったブーメランモーションを採用。ホイールベースを従来型車から100mm短縮することで、キビキビとしたハンドリングと運動性能を実現させるため、VQ37VHRエンジン には世界初のシンクロレブコントロール付6速マニュアルトランスミッションと、マニュアルモード付7速オートマチックトランスミッションを用意する。
 ボディタイプは「クーペ」と「ロードスター」をラインナップ。ロードスターは2009年10月に追加設定され、ソフトトップを採用、センターコンソールの開閉スイッチで容易な開閉操作を実現させた。

スペック表

車両型式 CBAーZ34 HZ34
車両価格(円) 3.675.000~5.124.000
基本グレード クーペ ロードスター Version T、S、ST 
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 4260×1845×(1315~1325)
室内寸法(㎜)長×幅×高 (985~990)×1495×(1090~1100)
ホイルベース(㎜) 2550
乗車定員(名) 2
エンジン型式・排気量(cc) VQ37ⅤHR DOHC・V型6気筒 3.696
最高出力 kw(ps)/rpm 247(336)/7000
JC08モード燃費(㎞/L) 9.0~9.2
駆動方式 2WD 
ミッション         マニュアルモード付フルレンジ電子制御7速AT〔7M-ATx〕
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加