ラフェスタハイウェイスター保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 652

ラフェスタハイウェイスターの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 25~28万円

OEMという枠にはめられているものの、他の日産車と同じ交渉でかまわないでしょう。購入する側としては意識しなくてもいいはずです。マイナーチェンジ直後でも、インパクトはそれほどないクルマなので、問題ない。ベースとなったマツダの「プレマシー」にないタイプのグレードが狙い目です。「ハイウェイスターJパッケージ」はコストパフォーマンスに優れています。
「アイシス」などの競合車にもある価格帯なので合い見積もりが取りやすいでしょう。 同じSKYACTIV搭載の「プレマシー」との競合もあり。「ラフェスタハイウェイスター」としては、ベース車に対して独自のスタイリングで対向するが、マツダが最初に大盤振る舞いしてくれれば、日産のOEM車販売は力を抜かないので、マイナーチェンジしたてでも面白い結果になる。

下取り価格の重要性

ラフェスタハイウェイスターの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 例えOEMであっても自社生産車と同じように販売するのが日産のディーラーだ。裏をかえせば、メーカーのおもわくなど関係なくディーラー自らが利益を上げればいいという事か。長い間、売れない車種を押し付けられ、赤字体質の多い日産ディーラーのサバイバル術だともいえる。
メーカーとしてもブームの去ったクラスを、自ら生産するよりリスクもコストも少ないOEM車をラインナップし、ディーラーが納得してくれればいうことなしだ。OEMにも慣れてきて、独自のデザインやグレード構成も作るようになった。「プレマシー」に搭載された「SKYACTIV」がマイナーチェンジと同時に導入され、他銘柄に対して燃費のアドバンテージがある間に、どう販促活動を展開するかが課題。

ラフェスタハイウェイスターの競合車種

基本情報:2.0L 車両価格 1.991.850 ~2.513.700円

トヨタ アイシス(190.0~246.5万円) 同じ価格帯だが、1.8Lのグレードが半数を占めるため、2.0Lは229.0万円からになる。5ナンバーサイズでシンプルなスタイルのため、小ぶりに見えるが、実際には室内寸法は「ラフェスタハイウェイスター」を上回る。助手席側にはセンターピラー内蔵ドア「パノラマオープンドア」が採用されており、その他バランスのとれた装備と価格で、「ノア/ヴォクシー」と「ポルテ/スペイド」の間を埋める役割を担う。

マツダ プレマシー(179.9~235.2万円) 「ラフェスタハイウェイスター」のOEMもとになり、「ラフェスタハイウェイスター」に先駆けて「SKYACTIVーG」をミニバンで初めて導入し、同時にトランスミッションも5速ATから「SKYACTIV-DRIVE」にそれぞれ置換ている。「ラフェスタハイウェイスター」と同じ、2.0L直噴DISIエンジンも併売する。こちらは179.9万円と安価な設定からになる。

ラフェスタハイウェイスターの保険料

 「ラフェスタハイウェイスター」を購入すれば、家族でのドライブもきっと多くなるのではないでしょうか。最近の自動車保険は「リスク細分型」と呼ばれて格安なのですが、走行距離が少なく、ゴールド免許なら安くても、そうでないと高くつくという事でもあります。昔はそんな差別はなかったのに、これではせっかくのミニバンも十分楽しむことが出来ません。
しかし「走行距離」、「免許の色」での料金の差別化は保険会社共通というわけではありません。走行距離と免許の色には関係なく、保険料に差がない保険会社もあるのです。その分走行距離が少なく、ゴールド免許所有者には優遇されないわけですが、全ての方がそうとも限りませんし、走行距離の多い方はきっと多いはずですから、ぜひ各保険会社を比較してみてください。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ラフェスタハイウェイスターの車両概要

2011年6月に発売開始された3列シート7人乗りミニバン。グレードのひとつであった「ハイウェイスター」のみがモデルチェンジする事になった。それはマツダの「プレマシー」のOEMという、市場のニーズと投資効果からの選択であった。OEMではあるが、フロントグリルを中心に大改造されており、ドアパネルにまで至る。「ハイウェイスター」を名乗るため、全車にエアロパーツとアルミホイールを装備し、ベース車「プレマシー」との差別化を図っている。
 エンジンは2.0L。2WD車は2.0L直噴ガソリンエンジンとアイドリングストップシステム を搭載する。686㎜の開口部を持つスライドドアや、サードシートへもウォークスルーで乗降できるなど利便性や、多彩なシートアレンジは「プレマシー」と共通。
 2013年2月にマイナーチェンジを行い、OEM元のマツダによる「SKYACTIV」を導入。新世代高効率直噴エンジンと、高効率6速オートマチックトランスミッションを採用 。 燃焼効率を大幅に高めることで、2リッター7人乗りミニバンとしてNo.1の16.2km/Lの低燃費を実現させた。

スペック表

車両型式 DBAーCWEFWN
車両価格(円) 1.991.850 ~2.513.700
基本グレード ハイウェイスター  G   Gスプレモ  Jパッケージ
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 4615×1750×(1615~1650)
室内寸法(㎜)長×幅×高 2565×1490×1240
ホイルベース(㎜) 2750
乗車定員(名) 7
エンジン型式・排気量(cc) LF-VD  水冷直列4気筒DOHC 1.998      LF-VE  水冷直列4気筒DOHC 1.998       PE-VPS水冷直列4気筒DOHC 1.997  
最高出力 kw(ps)/rpm LF-VD  110(150)/6200              LF-VE  102(139)/6500              PE‐VPS111(151)/6000  
JC08モード燃費(㎞/L) 10.6~16.2
駆動方式 FF  4WD
ミッション         マニュアルモード付電子制御5速オートマチック
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加