自動車保険に付随するロードサービスの内容

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 336

 自動車保険にロードサービスがついていること主流になり、保険会社選びの指針の一つになっています。細かく見ると、ロードサービスと一概に言っても、自動車保険会社によってサービス提供の条件やサービス内容が大きく異なっていることに気づきます。

a1180_001050

自動車保険のロードサービスとJAFロードサービスの違い

 ロードサービスといえばJAFというくらい浸透している会員サービスですが、JAFの会員なら自動車保険のロードサービスは不要でしょうか。そもそもどういった違いがあるのでしょいか。
JAFのロードサービスは人(会員)に付属するサービスで、自動車保険のロードサービスは契約車両に付随するサービスという違いがあります。
JAFの会員であれば自分の車でなくても、会社の車やレンタカーを運転していた場合や友人の車に同乗していた場合でもサービス対象車であればサービスが受けられます。
一方、自動車保険のロードサービスは契約車両のトラブル以外サービスを受けられません。
自動車保険会社によってはJAF以上のロードサービスを提供しているところもありますので、自分の車しか運転しない人は自動車保険会社のロードサービスだけで十分かもしれません。また、JAFの会員にはサービスの一部を拡大している保険会社もあります。

主要保険会社のロードサービスの内容

クルマへのサービス

基本的には30分以内の軽作業は無料になります。また、部品代は実費になります。

レッカーサービス:代表的なロードサービスで、事故や故障で自走不可能となった契約車両を、最寄りの指定工場などまでレッカー移動します。無料で移動できる距離に制限があり、15~50㎞そして無制限もありますが、よほどの場所でも無料で指定工場まで行けるはずです。保険会社によってはJAFの会員なら無制限としているところもあります。

バッテリー上がりのジャンピング、キーの閉じ込み時の開錠:緊急出動の頻度の多い作業ですが、無料で行っています。セキュリティシステム付き車両の鍵開けは実費になります。
タイヤパンク時のスペアタイヤ交換:女性や高齢者など交換作業が困難な方にはありがたいと思います。もちろん無料です。

ガス欠時のガソリン補給:意外と多い案件です。10Lまでは作業と燃料代が無料のパターンが多いようです。また、年に1回のみ、契約年数によっては複数回可能という規定を設ける場合もあります。

各種オイル漏れ点検・補充、冷却水補充:この程度で済めばもちろん無料ですが、原因を考えると、早急に修理工場に行くことをお勧めします。

各種灯火類のバルブ交換:ブレーキランプなどが多いですね。夜間や遠方ではすぐに購入できないケースもあり、危険です。部品代のみ支払うケースも有りますが、数百円程度です。

人へのサービス

宿泊費、移動交通費サポートなど

 このサービスもも見逃せません。遠方に旅行する機会が多い方には必須です。さらに契約者だけでなく同乗者の宿泊(交通)費用も負担、ペットが同乗していればペットホテル分も負担してくれる充実のサービスの会社も。

宿泊費用:ご自宅に戻れない場合、同乗者の方の分も含め宿泊施設を手配し、一泊分の宿泊費用を支払います。宿泊施設までのタクシー代も支払われます

帰宅交通費:公共交通機関による帰宅費用を、同乗者分も含め支払われます。

レンタカー費用:目的地までの移動に車が必要な場合には、レンタカー費用を制限付きで支払われます。 乗り捨て費用は無料サービスの対象外となります。

修理完了車の自宅無料配送:修理の完了した車を自宅まで無料で配送してもらえます。

ペットホテル費用:被保険者が被保険自動車に同伴中のペットを走行不能事故の発生した地の最寄りのペットホテルに預けた場合。もしくは事故発生前に既にペットを預けている場合、引取日に帰宅できなかったことにより延長料金が発生したときも。

以上の内容は保険会社によって内容が異なる場合があります。また、ロードサーービス自体を特約として有料設定するケースや、一部を特約で設定している保険会社もありますので、契約前に各保険会社へのお問い合わせや確認をお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加