ディーラーによる下取りの現状と注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 332

ディーラーの下取りの現状

 近頃では新車を購入する際に、ディーラーでの下取りよりも、買い取り専門店を利用する方が増えています。ディーラーの下取りよりも高く買い取ってくれるというイメージが定着したからでしょう。しかし、一部のスポーツカーや輸入車を別にすると、まだまだ下取りに出す方が圧倒的に多いようです。それは、購入店で同時に手続きを済ませる利便性と、専門店への信頼性、そしてディーラー側の努力による下取り価格の上昇によるものでしょう。

 下取り専門店の台頭は、ディーラー中古車部門の良質な商品の品不足に直結し、新車販売やディーラー事態の収益にも影響があります。そこで、一部大手メーカーは自ら中古車部門をベースにした買い取り専門店を設立し、自社の下取りはもとより、一般ユーザーからの買い取り業務も始めました。買い取るということは、よほどの事情がない限り、新しいクルマを購入するケースが大半ですから、自社の新車や中古車の販売に結び付く、ホットな情報現にもなります。そこで、新車販売店舗に隣接する形で営業し、新車の下取り査定も同時に行うことで、新車販売の協力なアシストも行っています。そこまでの展開ができない販社も、下取り査定の大幅な見直しや、ほぼ全車種に使用可能な下取り対策で、自銘柄多銘柄を問わずに、プラス査定をするようになりました。

 下取り査定はマニュアルにもとずいて調べられ、個別の意志が入り込まず、だれが見ても同じ結果が出るようになっています。そのため、買い取り専門店より低めの結果が出やすいのですが、実際にはユーザーは当然として、それを伝える営業マンにも満足する金額ではありません。せっかくクルマを気に入ってもらえて、値引き条件も満足しているのに、査定が低すぎれば契約を逃すことになりかねません。買い取り専門店を利用したりして泳がせたりすれば、他社に行ってしまう可能性もあります。特に重要なのが、せっかく築き上げた信頼を失うことです。

 そこで、ほとんどの場合、中古車部門の責任者に直接交渉することになります。新車を売るための協力と、専門店にいいクルマが流れないために、協力を仰ぐのです。査定ではここまでだけど、あと5万欲しい。色はいいし、状態は非常にきれいだというふうに。もちろん新車部門にも手はつくす。こちらは販売促進のための対策をお願いする。結果としてユーザーが満足出来ればどこがどう対処したかなどどうでもいいことだが、値引きと下取り額が明確ではないと言われたりする事になります。

下取りしてもらう注意点

 もちろん、きれいに洗車しておく事は大事です。だからといって、下取り価格が数万円違うという意味ではありませんが、最低限、室内のゴミぐらいはかたずけておきましょう。礼儀というか心証の問題です。下取り価格が厳しい年式の車種でも、きれいに使っていたり、査定のためにわざわざ掃除した跡が見られれば、何とかいい値段をつけてあげたいと思うのは当然です。車載工具、ホイールキャップ、使用せずしまっておいたシガーライターやスイッチ類などは戻しておきましょう。

 基本を言えば、最も人気のあるグレードの人気のあるボディーカラーで、社外品などが装備されておらず、キズも無く走行距離の少ないものが高い査定価格がつくでしょう。新車と同じ状態がベストです。一番は購入してから一度も使用せず、ガレージに止めとく事です。

 しかし、それではクルマを所有する意味がありません。走ってこそ価値のあるものであり、眺めるだけの投機対象の財産ではないのですから。気に入った装備のグレードを選び、好きなボディーカラーをチョイスして、カーショップでオリジナリティーを楽しむ。そして思う存分走ってから代替えするのが正しい乗り方です。そのため、前期したクルマより5万円安い査定価格になっても、不満には思わないはずです。

外部関連サイト
車の下取り市場に買取専門店が与える影響

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加