ステラカスタム保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 612

ステラカスタムの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 7~9万円

 モデルチェンジで一新したが、値引き交渉にとっては都合の悪いのがこの発表直後。表面上はどんな車種もガードは堅い。交渉の前に、どうせ買うなら「ムーブカスタム」より「ステラカスタム」の方がいいという、ハッキリとした購入する意思を明確にする必要があるだろう。「ムーブカスタム」も、他の車種も見に行って話をした、ということも伝えて、条件は出そろっているということも。値引きには限界があってもスムーズに上限の値引き額を出させるのが軽自動車を購入する際の秘訣。相手も早期の決着を付けたがるはず。価格が提示されたら、オプション品のサービスを交渉するために、5万円程度のオプションをいくつか事前に選んでおくのも、交渉で主導権を握れるコツだ。

下取り価格の重要性

ステラカスタムの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 恐らく、今度の「ステラ」は、カスタムに人気が集中する。それだけインパクトのあるルックスになった。先代はおとなし目なデザインのため、スバルディーラーの店頭においても、さほど目立たなかったが、新型はそのヘッドライト回りなどに重厚感があり、かなり存在感がある。「ムーブカスタム」との差別化もうまくいっており、こちらの方が好まれる人も多いのではないか。とはいえ、先代はシリーズ合計でも数百台の月販であったので、どこまでスバルディーラーが本腰を入れて取り組むかにかかっている。今回は月販2千台の目標を掲げており、どのくらいの予約注文が入るのか注目である。少なくとも、OEM勢でトップの日産「モコ」は押さえたいところだ。

ステラカスタムの競合車種

マツダ フレアカスタムスタイル

 「フレア」同様スズキからのOEM供給を受ける車種。エンブレム類の変更に加えて専用のフロントデザインが与えられ、ピアノブラック調+メッキの専用フロントグリルとメッシュ仕様の専用ロアグリルを採用している。 「S‐エネチャージ」も搭載し、マツダの販売力なら「ワゴンRスティングレイ」と同程度の販売台数があってもおかしくないのだが、実際には「ステラ」シリーズ同様に、シリーズ合計で数百台という状況だ。

三菱 ekワゴンカスタム

 日産「デイズスティングレイ」よりもカッコイイと評判なのがこの姉妹車。定石通りのメッキ加飾とエアロパーツのドレスアップだが、全体のバランスの良さが評価されているようだ。しかし、日産との販売力の差は歴然としていて、販売台数は「デイズ」シリーズの3分の1程度だ。「ステラカスタム」を購入する際にはぜひ検討してもらいたい一台だ。

ステラカスタムの保険料

  自動車保険を安くすることに夢中になり、本来の意味を見失ってはいけません。自動車保険の契約内容は、対人賠償が無制限となる以外は、全ての項目で付帯の有無、もしくは保険金額の設定を選択することができます。保険料の負担を考慮して、人身傷害補償を外したり、新車を購入したため、車両保険に入ったりと、加入者の事情によって選ぶことが可能です。

 また、「対物賠償」によって、相手の財産(車両、家屋)などを壊してしまった場合にも補償を受けられます。相手の財産とは車両以外に、例えば店舗に突っ込んで営業できなくさせてしまった場合、建物の修理費用のほか、休業補償、従業員の給与なども保険がカバーしてくれます。したがって対物賠償も無制限とすることが必要です。

 さらに、加入者がケガを負ってしまった場合にも「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償保険」「自損事故保険」などで補償を受けられます。また「車両保険」に加入していれば、自分の愛車だってしっかりカバーしてくれます。 事故は起こさないのが一番ですが、万一に備えておきましょう。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ステラカスタムの車両概要

 ダイハツから「ムーブカスタム」のOEM供給された軽トールワゴン。2014年12月に「ステラ」と同時にフルモデルチェンジされた。エクステリアは、奥行き感のあるスモーク調アクリルタイプのフロントグリルを採用、フォグランプカバーには「L」字のメッキのアクセントを採用し、バンパー下部のスポイラー形状と合わせスポーティで安定感のあるデザイン。カスタム専用のスポーティなリヤスポイラー&リヤゲートを採用。また、LEDヘッドランプを採用。ランプ゜全体を囲む面発光のLEDクリアランスランプ゜、LEDフォグランプも標準装備となっている。

 インテリアでは、自発光式の大きな2眼メーターに加え、中央に軽自動車初となる4.2インチTFTカラー液晶を採用したマルチインフォメーションディスプレイを新設定。インパネガーニッシュにはカスタム専用としてヘアライン調シルバーを採用した。

 エンジンは従来同様、直列3気筒DOHCと同ターボを設定、CVTと組み合わせる。また、FFと4WDもラインナップする。

スペック表

車両価格(円) 1,404,000~1,717,200
車両寸法(㎜) 3,995×1,475×1,630
室内寸法(㎜) 2,080×1,320×1,280
ホイルベース(㎜) 2,455
車両重量(kg) 830~900
最小回転半径(m) 4.4~4.7
エンジン型式・排気量(cc) KF型 直列3気筒DOHC 658
最高出力 kW(PS)/rpm 38(52)/6,800  47(64)/6,400 ターボ
JC08モード燃費(㎞/L) 25.6~31.0
ミッション         CVT
駆動方式 FF 4WD
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加