トレジア保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 625

トレジアの新車値引き交渉のポイント

値引き目標  23~26万円

 OEM元のトヨタ「ラクティス」を筆頭に、競合車には事欠かない。特にモデルチェンジイヤーの「フィット」は、ここに来てかなり緩い値引きになりつつあるのでお勧め。三菱も不振の「ミラージュ」以外では唯一の売れ筋コンパクトカーだけに、食いつきはいい。ただ、車両価格がかなり安価な設定のため、底は浅い。20万円からはかなり渋くなる。「アイドリングストップ」は売れ筋だが、安くなるなら非装着車でも構わない。たいして変わらず、ライバル車を超えるわけでもないので、必須ということもない。出方次第で臨機応変にいく。

下取り価格の重要性

トレジアの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 スバルのコンパクトカーといえば「トレジア」以外にはなく、他には1.6L以上の「インプレッサ」か、OEMの軽自動車のみとなる。もう少しトヨタからのOEM車種を増やしても良さそうなものだが、現実は「トレジア」を拡販するしかない。しかし、どうひいき目に見ても、市場に「トレジア」が出回っている気配はない。ベース車の「ラクティス」はそれなりに検討しているので、商品力は十分あるはず。これなら「インプレッサ」をダウンサイジングして、安価な設定にした方がいいのではないかと思ってしまう。そもそもOEM供給車種を、スバルが売る気がなさそうなのが心配。さりとて他の自主生産車種が売れてるかというと、どうだろうか。トヨタの下請けに甘んじず、グループ内の発言力を維持するためにも、OEM供給車両の拡販は必要なところである。

トレジアの競合車種

車両価格1.370.000~2.030.300円

日産 ノート(124.9~184.2万円) DIG-Sエコスーパーチャージャーを搭載して登場。一気にコンパクトカーの主役に躍り出た。1.2LプラスDOG-の組み合わせは、「トレジア」より大きなボディながら、25.2㎞/Lの低燃費と、1.5L並のパワーとトルクを併せ持つ。

スズキ ソリオ(138.2~174.7万円) トールタイプの軽ワゴンのスペース性に、コンパクトカーの走行性能を組み合わせたクルマ。「トレジア」同様4mを切る全長ながら、ライバルに差を付ける室内高と、スライドドアが最大の武器。スポーツ&カスタム仕様の「バンディッド」を設定。三菱にも「デリカD:2」としてOEM供給している。

ホンダ フィット(123.0~196.0万円) モデルチェンジイヤーでありながら、この4mを切るサイズでは無敵のスペックを誇る。そして、この価格帯の中に、1.3L1.5Lさらに2種のHYBRIDまでラインナップしているのも支持され続ける秘訣。

トレジアの保険料

 自動車保険の保険料を安くするために、様々な割引が用意されていますが、中々ご自身が当てはまらないケースもあります。CMなどで見かける「リスク細分型自動車保険」では、「走った分だけ」とか「40~50歳の大人の保険」とか「お仕事で使われないので、」など、全て自分とは関係ない人向けの、割引ばかりだと感じてませんか。年齢も合致しないし、仕事に使う事もある。新車を買ったら走行距離も伸びるはず。保険料のためにクルマの使用をためらう人はいないはずでしょう。一番得な人は、クルマを所有しているけど滅多に使わない人というのが、「リスク細分化型自動車保険」なのです。
 とは言え、どんな方でも割り引かれるものもあります。まず、「インターネット割引」インターネットで契約するだけで割り引かれる方法で、新規だと数千円から1万円の割引まであります。次が「証券不発行割引」いわゆる紙の証券を発行、郵送しないだけで500円ほどの割引になります。そして「新車割引」初年度登録の1年以内の契約というのが一般的で、新しいクルマの方が安全性も高く、事故率も少ないという事で、一部の保険料が割り引かれます。
 このように特別の方だけでなく、「トレジア」を購入される、ほとんどの方が対象になる割引もありますので、各保険会社の詳細を確認してみてください。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

トレジアの車両概要

 2010年11月発売開始。トヨタ「ラクティス」のOEM供給車両となる。独自性を強調するため、バンパーやグリルのみならず、ボンネット、フロントフェンダー、ヘッドライト、リヤガーニッシュ(鍍金仕上げ)、リヤコンビネーションレンズにも専用品が使われている。
 1.3Lと1.5Lがラインナップされ、それぞれにアイドリングストップ装着車を設定。CVTは1.5Lでは7速マニュアルモード 付になる。グレードでは、ガラストップのパノラマルーフ装備の「1.5iーLPanorama」や、スポーツタイプの「1.5i TYPE EURO」「1.5i Sport LIMITED」など多彩なバリエーションを持つ。

スペック表

車両型式 DBAーNCP120X 125X
車両価格(円) 1.370.000~2.030.300円
車両寸法(㎜) 3995×1695×(1585~1605)
室内寸法(㎜) 1875×1420×1310
ホイルベース(㎜) 2550
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) 1NZ-FE 直列4気筒DOHC 1.496        
1NR-FE 直列4気筒DOHC 1.329
最高出力 kw(ps)/rpm 1NZ-FE 80(109)/6,000             
4WD:  76(103)/6,000            
1NR-FE 70(95)/6,000
JC08モード燃費(㎞/L) 16.6~19.0  アイドリリングストップ車は20.6
駆動方法 FF  4WD
ミッション         CVT
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加