レガシィツーリングワゴン保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 627

レガシィツーリングワゴンの新車値引き交渉のポイント

値引き目標  26~30万円

 マツダの「アテンザワゴン」ぐらいしかライバルが存在しないステーションンワゴン市場。その中でも4WDを特徴とする「レガシィツーリングワゴン」は特異なクルマのため、競合させるという形は無用だろう。セダンより多少は絞り気味の値引き額だが、その根拠はに人気があるからという、実態をともなわないもの。生産量、在庫ともに「ツーリングワゴン」の方が多いはずなので、値引きは期待できると信じる。

下取り価格の重要性

レガシィツーリングワゴンの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 多分に景気の影響を受けやすいとされる、ステーションワゴン。中でも4WDとなるとレジャーユースのイメージが強く、なおさらだ。さらに、有力なライバルが姿を消している事も、購買意欲を失わせている。ホンダの「アコードワゴン」、トヨタの「カルディナワゴン」など、その座を脅かすクルマが数多く存在したが、今や「カペラカーゴ/ワゴン」からの流れをくむ「アテンザワゴン」しか国内にはいない。最高価格帯の「2.0GT DIT」になると、今度はBMW3シリーズやボルボが待ち構えている。クルマとしては他に類を見ない一台といえ、もっと販売台数が伸び、ベストセラーカーになるべき車種のはずだが、国内の消費者は低燃費か広大な室内スペース。もしくは低価格にしかクルマを選ぶ基準を持っていない。それを嘆き悲しむよりも、クルマ本来の良さ、運転の楽しさをこのクルマでアピールすべきだろう。「BRZ」などではなく。

 

レガシィツーリングワゴンの競合車種 

車両価格 2.436.000~3.696.000円

マツダ アテンザワゴン(250.0~340.0万円)  「カペラカーゴ」の時代から、ライバルとして存在。当時から、「レガシィツーリングワゴン」とは違い、FFメインの車種構成で、それは今も変わらず、現行モデルには4WDがラインナップされていない。広いラゲッジスペースと、SKYACTIV-2.2Dクリーンディーゼルが最大の特徴。ステーションワゴンとしてのライバルは、実質このクルマだけになった。

トヨタ アベンシス(250.0~275.0万円) UK工場製の輸入車。欧州生まれの足回りや、ロングツーリングのツボを押さえたシートやラゲッジスペースなどの作りが、国内生産車とは一味違う。直4・2.4Lの2グレードだけのシンプルな車種構成。

レガシィツーリングワゴンの保険料

 「レガシィツーリングワゴン」のような車種を新車で購入できた方は、おそらく休日のたびにドライブにアウトドアにと走り廻っているのではないでしょうか。となれば、コンパクトカーの利用者より自動車保険には気を使いたいものです。しかし、手厚い補償、賠償を担保すると保険料も高額になるのが頭の痛いところです。そこで補償、賠償などはそのままに、少しでも安くする割引を見てみましょう。
 「インターネット割引」インターネットを利用して契約するだけで10%ほど割り引かれます。「証券省略割引」紙による証券の発行を省略する事で、500円ほどの割引になり、省エネにも貢献も。「新車割引」登録から一定期間内のクルマに適用されます。「複数契約割引」SUVを所有される方は、もう一台お持ちのケースが多いのでは。同保険会社での契約なら2代目は大変お得な保険料になります。
 このように様々な割引があるものの、電話で見積もり依頼しても全て説明されてはいないようです。自ら保険会社別にチェックをする必要があるでしょう。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

レガシィツーリングワゴンの車両概要

 2009年5月発売開始。富士重工の国内外における看板車種である、いわゆる2ボックスタイプのボンネットを持ち、5人乗りのステーションワゴン。このボディに水平対向エンジンと、独自の4WDシステムAWDを用いたのが、「レガシィツーリングワゴン」である。
 代を追うごとに、主たる販売先である、北米市場の要望でボディサイズを拡大してきたが、現行モデルでも、すでに3ナンバーボディとなっていた先代からさらに拡大し、全幅は1,780㎜となった。エンジンは2.5L・SOHCとDOHCシンギルスクロールターボ。そして、「GT DIT」には、2.0L・直噴DOHCツインスクロールターボをラインナップする。これらにリニアトロニック(チェーン式バリエーター採用のCVT)を組み合わせる。もちろん全車AWD(4WD)である。
 ステレオカメラによって常に前方を監視しドライバーをアシストする運転支援システム 「アイサイト2」はすべてのグレードに用意されている。 

スペック表

車両型式 DBA-BRM  BR9  BRG
車両価格(円) 2.436.000~3.696.000
車両寸法(㎜) 4,790×1,780×1,505
室内寸法(㎜) 2,190×1,545×1,230
ホイルベース(㎜) 2750
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) FB25  水平対向4気筒 2,498                       
EJ25  水平対向4気筒 2,457 シングルスクロールターボ      
EJ20  水平対向4気筒 1,998 ツインスクロールターボ
最高出力 kw(ps)/rpm FB25 127(173)/5600                            
EJ25 210(285)/6000                            
FB20 221(300)/5600
JC08モード燃費(㎞/L) 10.2~14.4
駆動方法  AWD
ミッション         リアトロニック   E-5AT
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加