アルトラパン保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 554

アルトラパンの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 10万円

 軽自動車であり、そして発売直後ということも重なり、大幅な値引きを期待することは望み薄でしょう。唯一のライバルであるダイハツの「ミラココア」を持ち出して最大限の条件と、新種販売時期特有の多銘柄対策などで、10万円に届くかどうが目標になります。メインディーラー以外の販売協力店を利用するのもいいでしょう。地場に古くかあり、スズキの看板を掲げているる修理工場などです。ディーラー本部に強い力を持つ経営者も多く、値引き交渉もスムーズにイクケースがありえます。

150603_01

下取り価格の重要性

アルトラパンの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 新型「アルト」の登場で、変え医療プラットフォームと低燃費に磨きをかけたエンジンを手に入れた今回の「アルトラパン」。唯一のライバルと目されるダイハツの「ミラココア」のJC08モード燃費率29.0㎞/Lに対して35.2㎞/L。
実に18%もの燃費の差はスズキディーラーにとって絶大な武器となる。さらにさらに、レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESPを全車に標準装備して安全面も強化したとなれば鬼に金棒状態。これで前モデルより、あるいは「ミラココア」より売れなければ何を売っていいのか。

 ところがこれまで破竹の勢いだった軽自動車試乗は冬の時代に突入しそうな空気が漂っている。そう、軽自動車税の増税の影響である。 増税前の駆け込み商戦においてスズキとダイハツのシェア争い疲れも重なり、直近では2ヶ月連続の前年及び前月比割れの状況である。この新型「アルトラパン」で一気に形成逆転となるかどうかは、細かいことは気にしない、可愛ければいい!という元気な「車女子」にかかっているのかも知れない

アルトラパンの競合車種

ダイハツ ミラココア

「車女子」の人気を「アルトラパン」と二分するのはこの車。レトロ感あふれるスタイリングとツートンカラーの淡いボディカラーも同じで、どうやらこれが「カワイさ」の定義になりつつあるようだ。ダッシュボードの造形やカラーリング、シート地も機能よりも見た目の「カワイサさ」が大事。何から何まで似かよっている。

新型「アルトラパン」は燃費も安全装備も上回っていて、男目線では勝負にならないと思うのだが、数字にさほど重点を置かないこのクラスのユーザーには気にされない可能性がある。どちらが自分好みの「カワイイ」車かが勝負になる。そういう意味で、「ミラココア」もまだまだ強敵なのであります。

アルトラパンの保険料

 あらゆる面で経済的な軽自動車である「アルトラパン」を購入した場合、自動車保険料を抑える為に、車両保険はつけない方もいると思います。何よりも一番出費を抑える方法ですから。しかし、先々を考えるとそうも言ってられません。

 新車で購入してすぐに、何十万円もの修理費用を払う事になるのは大変です。かといって、また買い換えればさらに負担は大きくなります。ローンで購入されていたらなおさら。もし、全損事故であったならクルマは無くしてしまって、ローンだけ払い続けるという悲劇になりかねません。
事故は安全運転で防げても、台風などの洪水で水没したり、当て逃げ、盗難などは、正直言って防ぎようがないものです。これらを含めて車両保険に加入しておくのは、けっして不経済ではありません。コストダウンとは必要な項目に資源を集中させることで、むやみに切り捨てることではないのです。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

アルトラパンの車両概要

 「アルト ラパン」は若い女性ユーザーを中心に独自のポジションを築いてきた軽乗用車で、同社の「アルト」のプラットフォームを用いた派生車種。2015年6月、約7年半振りにフルモデルチェンジした。初代が2002年、2代目が2008年に発売され、今回で3代目となる。箱型フォルムながらも丸みを加え、ぬくもり感を表現。ディテールにこだわったヘッドランプは指輪をイメージしたデザインだという。また、ホイールには、ノスタルジックなモチーフをベースに、花をイメージしたアレンジデザインを取り込んでいる。

 パワートレインは、新型「アルト」にも採用された、R06A型エンジンを搭載。トランスミッションもCVTと5AGSを設定している。「ラパン」には初採用となるエネチャージと新アイドリングストップ機能を採用するとともに、先代モデルに対し120kgの軽量化により、JC08モード燃費をCVTのFF車で35.6km/Lに向上させた。

スペック表

車両価格 1,077,840~1,654,560円
車体寸法 3,395/1,475/1,525
室内寸法 2,020/1,295/1,240
ホイルーベース 2,460
乗車人員 4
エンジン型式 排気量    RA6A型 直列3気筒 DOHC 660cc
最高出力          38kW(52PS)/6,500rpm
最大トルク 63N・m(6.4kg・m)/4,000rpm
駆動方式 FF/4WD
トランスミッション 5速AGS/CVT
JC08モード燃費  27.4~35.6㎞/L
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加