ランディ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 638

ランディの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 27~29万円

 基本的には「セレナ」と同じ条件以上は可能。但し、何が何でもという姿勢が無いので、日産との競合には引き気味になるので、トヨタ、ホンダ相手が望ましい。売れれば利益が大きい車種だけに、店舗一丸になっての交渉を期待するために、店舗責任者の確認などを含め、旧来からの何度も足を運ぶ地道な努力が必要になる。当然「S-HYBRID」搭載車狙いだが、条件次第では非HYBRIDでも構わない柔軟姿勢で。燃費は大して変わらない。

下取り価格の重要性

ランディの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 月間販売目標が700台であるので、自社ユーザーの為のクルマ以外何者でもない。ミニバンへの代替を希望する自社ユーザーが他社へ流出するのを防ぐのには役立っているはずだが、であれば今のミニバンブームなら、もっと多くの販売台数が記録されるはず。つまり流出は防げていないのではないだろうか。100%代替えさせるのは無理な話なのだから、不足分以上を新規で獲得してようやく辻褄が合うのではないか。現状で最強のミニバンを手にしているのだから、例えOEMでも取り組み方次第で、日産の軽自動車販売のように供給元をも凌駕する事も可能なのだ。

ランディの競合車種

車両価格2.220.750~2.943.150円

ホンダ ステップワゴン(218.8~358.8万円) セレナ/ランディと争う最大のライバル。スクエアなフォルムを目一杯使った広い室内空間は、室内長3.1mを誇りクラストップ。消える3列目シートと銘打った床下収納されるシートを始め、アイデア溢れるアレンジが特徴。

トヨタ ノア(205.0~290.0万円) このクラスの基準を作り上げた老舗ブランド。僅差でクラストップのスペックは存在しないが、ミニバンに必要な要素すべてが揃っており、非の打ちどころがない。姉妹車「ヴォクシー」とともにモデルチェンジイヤーを迎えても安定した販売成績を維持する。

日産 セレナ(216.3~315.8万円) 「ランディ」にOEM供給するベース車。S-HYBRIDの登場で人気をさらに加速し、ライバル「ステップワゴン」を再び引き離す勢いだ。既存の技術、パーツを利用し、ほんの僅かだがHYBRID化をさせて燃費を向上。価格も据え置きに近く、その実際の効果以上に購買者にインパクトを与えて、大成功した。

ランディの保険料

「ランディ」を所有される方なら、日頃からお子さんを載せてショッピングに行ったり、休日のたびに家族で、テーマパークへ行ったり、また連休ともなれば、遠くの行楽地やご実家へもクルマで出かけるでしょう。そうなると心配ごともあります。事故のことは当然、しっかりした補償、賠償を自動車保険に設定しておくのが何より。
しかし、もう少し自動車保険でやっておく事があります。それは充実した「ロードサービス」でしょう。いつでも、どこへでもスマホなどを利用したGPSで、駆けつけてくれて、簡単な修理やパンク時のタイヤ交換、バッテリー上がり、キーの閉じこみ、冬場にありがちな雪道でのスタックからの脱出など、その全てを無料で行い、しかも、万一の場合は提携修理工場もでのレッカー移動、帰宅の為の交通費やレンタカーの手配まで。さらには宿泊費なども無料で行ってくれるサービスがあれば安心でしょう。
ペットも含めてとなれば言う事なしです。こんな「ロードサービス」が、今契約している自動車保険に付いていますか?。確認してみてはいかがでしょうか。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

ランディの車両概要

 2010年12月、2007年日産との間で完成車の相互供給に関する提携強化策の一環として、普通自動車ラインナップ強化を目的として発売を開始した「セレナ」のOEM供給車両で、現行モデルは2代目にあたる。「セレナ」の「ハイウェイスター」にあたるモデルが無い以外は共通。 ゆったりくつろげる広い室内と運転のしやすさ、多彩なシートアレンジなど、室内空間の広さや使い勝手の良さを進化させるとともに、直噴エンジンの採用やアイドリングストップシステムの搭載により、当時のクラストップの燃費性能を実現した。
 さらに、 2012年8月に、「セレナ」に準ずる改良を実施。 「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」を搭載するなど一部仕様を変更。 アイドリングストップ用のECOモーターによる発電能力を高め、バッテリーに蓄えた電力を発進加速時のエンジンの補助駆動力として利用するほか、アイドリングストップや電装品へ給電するなど常に適切な電力の使い先を判断してコントロールするシステムで、シンプルでコンパクトなハイブリッドシステムである。また、全てのハイブリッドシステムをエンジンルームに納めることで、広い室内空間はそのままに低燃費を実現させた。

スペック表

車両型式 DBAーSC26  
DAAーSHC26   
DBAーSNC26
車両価格(円) 2.220.750~2.943.150
車両寸法(㎜) 4685×1695×(1865~1875)
室内寸法(㎜) 3060×1480×1380
ホイルベース(㎜) 2860
乗車定員(名) 8
エンジン型式・排気量(cc) MR20 DOHC直噴直列4気筒 1.997
最高出力 kw(ps)/rpm 2WD 108(147)/5600          
4WD 106(144)/5600
モーター型式・種類 SM23・交流同期電動機
最高出力 kw(ps) 1.8(2.4)         
動力用主電池 種類 鉛酸電池         
JC08モード燃費(㎞/L) 12.6~15.2
駆動方式 FF  4WD
ミッション         CVT 
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加