車検制度と費用。安く済ませる最適な方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 347

制度と費用の話

 車検にかかる費用は頭の痛いところでしょう。2年毎の高額経費はこの不景気下では大変です。日本の車はほとんど故障などないのに、2年毎の車検制度。大いに疑問とするところであります。しかし、自動車はブレーキのように走行距離により、また、ブレーキ液、緩衝ゴムのように時間の経過で点検、整備が必要な部位を多く有しているものであり、ユーザーの責任において一定期間毎に点検、整備が必要であります。

a1180_010985

この点検整備の実施時期は検査の前後を問いません。一方、検査と整備に要する費用ですが、検査手数料は小型車で1,400円です。また、1.5Lで1トンの車両重量なら自動車重量税25,200円、自動車賠償保険(24か月)27,630円と整備料金であり、整備料金についてはユーザー責任において各々の事情に応じた方法で実施することが可能で、機能劣化の具合、故障箇所の多少 で費用は異なります。

 つまり、不満はあっても制度上しかたないとして、車検費用が高いというのは、重量税と強制保険の合計が半分以上を占め、法廷費用はほんのわずか。あとは自分でユーザー車検に挑戦できればオーケーでしょう。しかし、現実にはハードルも高く、修理工場に依頼することになります。

走行距離が多ければ当然部品交換すべきであり、車検以前の問題です。ブレーキなどの保安部品はなおさら。所定の数値以下の作動状態では車検にもパスできません。何気なく乗り続けるクルマの消耗部品の、使用限界に気付くいい機会にもなります。油まみれで整備するメカニックの仕事ぶりを見学したり、消耗した部品を見たりすると、整備代が高い!とは言えない気分になります。
そしてもろもろの手続きを代行してもらうわけですから、人件費は発生します。ただでやれとは言えません。もちろん予算はありますから、選択できる項目から不必要と思われる個所は削れます。高性能ですが高価な部品は必要なく、通常の価格のものでいいでしょう。プラグやオイルなどがの種類や、下回りの防腐処理やガラスなど各種コーティング作業が多い事例のようです。

車検にかかる時間

 さて、その車検整備ですが、具体的には24か月法廷点検が必要になります。規制緩和によって独立した制度となったため、車検の前に必ず行う必要はなく、車検後にも取得して良いことになっています。しかしいずれにしても点検を行う必要がありますから、手間や確実さを考えると車検と同時期に行うのが無難でしょう。特別な事情がない限り車検とセットで受けるのがお勧めです。

 車検を受け付けている整備工場はいろいろあり、車検にかかる期間は多少変わってきます。1~2時間で済む場合もあれば、何日も預ける必要もあります。

 車検整備工場を併設していれば、整備と検査を同時に行っても1時間あれば事足りるところもあります。そういった場合、新規書類を後日受け渡しすることにすれば、特別な補修がない限り、待っている間に終了し、そのまま乗って帰ることも出来ます。また消耗部品の交換が必要となっても、予め部品等が用意されていれば、1日ほど預けておくだけで整備が完了できる場合もありますが、事前の見積もりのため来店することが必要です。

適切な方法

 
 できるだけ早めに費用の見積もりをかねて来店し、先の予約を取っておけば時間は最小限にすみます。また、代車の予約もしておけば、前日にクルマを交換し、翌日引き取りに行けます。納車引き取りもしてもらえますが、費用もかかるでしょう。納車引き取りも代車も不要ならかなり安くなります。また、早めに予約だけでもしておけば、様々な特典が受けられる場合もあります。

ディーラーでの車検しか考えていない人も多いと思いますが、WEBなどで近場の車検工場を探すと、お得な情報も得られます。安いからといって、遠方の業者を利用されることは何かと不便なので、避けたほうがいいでしょう。技術的には、ほぼそれで成り立っている業種なので、ッディーラーでなくても不安は皆無でしょう。ただし、そのクルマ固有のトラブルや、ついでに直してもらいたい箇所などがある場合は、ディーラーの方が部品の供給などがスムーズで、リコール対象などになっていればこちらが失念していても対応してもらえ、安心です。

車検に関する他の記事

税金・保険・車検、自動車維持費の節約
DIYやディーラーの活用など、整備・メンテナンス費用の節約
日常の点検や運転で燃費を節約する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加