車両保険の基礎と割安な掛け方、万全な掛け方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 341

a1180_004658

車両保険とは

 車両保険とは、衝突、接触、火災、台風、盗難などにより損害をこうむったときに支払われる保険をいいます。通常、装備品なども対象となります。保険金額(車両保険金額)は、各保険会社で「自動車保険標準価格表」を作成し定めています(簿価や時価などの基準を根拠に算定)。使用年数が多ければ、車両保険の金額は下がります。また通常、補償の範囲によって一般タイプ、エコノミータイプのに分かれます。この種類によって、補償範囲や保険料が大きく変わってきます。

 「一般車両保険」は、契約車両の損害すべてを補償している保険で、ワイドカバーなどとも言われています。単独事故(自分のミスによる電柱衝突など)や当て逃げもカバーますが、保険料はそれだけ高くなります。

「エコノミー車両保険(車対車特約)」は、他車との接触などによる損害だけが補償されている保険をいいます。「エコノミー」にA特約を付けた「エコノミー+限定A特約?(限定タイプ、車対車+A特約)」にすると補償範囲が広がりまが、「エコノミー+限定A特約」は、単独事故や当て逃げなどはカバーされませんので、ご注意ください。

車両保険に加入すべきかどうか

 車両保険は、自分の車の損害を補償してもらえる保険ですので、自分の車の保障はいらないという人は、無理して車両保険に入る必要も無いといえます。相手へ補償、賠償が十分であれば、最低限の道義的責任も果たせます。低年式の車両や格安の中古車などを購入した時に、割高な車両保険に入るより、事故で軽い損傷であればそのまま乗るか、修理不能なら買い換えた方が安く上がるかもしれない。あるいは修理代をローンで払うつもりでもいい。

 しかし、高級車やまして新車で事故を起こした場合は、修理代なども結構かかり、自己負担が多いと多額の損失の出費になります。このような場合は、車両保険に入っておいた方がいいと言えます。

 自分の車の車種、保険金額そして出費を考慮して判断する必要があります。そのためには車両保険の補償内容と金額を液必要があります。

割安な車両保険のかけかた

 補償のカバー範囲、免責金額を工夫することで、大幅に車両保険料を安くすることが出来ます。もっとも補償範囲が広いのが「一般車両保険」ですが保険料も高くなります。「エコノミー+限定A」や、「エコノミー」にするとかなり保険料は安くなります。また、免責金額も保険料に影響を与えます。車両保険には免責金額(自己負担額)があり、全損以外の場合は、損害額から免責金額(または免責割合)を差し引いた金額を保険金として支払われます。契約の際免責金額(または割合)を設定します。 免責金額を0にすると、保険料も大きくなるので、5~10万円の範囲で設定すると保険料も安く抑えられます。

万全な車両保険のかけかた

 車両保険の保険金額は決められていて、それ以上の補償は受けられませんが、各種特約を付帯することにより、さまざまなリスクを回避することができます。

車対車免ゼロ特約(車両保険の免責金額に関する特約)

この特約を付帯した場合、車両保険の第1回目の車両事故で、相手自動車が確認できる他の自動車との衝突・接触事故の場合のみ、車両保険の免責金額がゼロになります。

地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約

この特約を付帯することで、通常の車両保険では補償されない地震・噴火それらによる津波で契約車両が全損になった場合、臨時に必要となる費用に対し、50万円を一時金として支払います。

車内身の回り品特約

車両保険では保障の対象とならない、車載の身の回り品に生じた損害に対する補償です。

弁護士費用特約

被害事故に関する損害賠償請求のために必要な弁護士費用や、弁護士などへの法律相談費用などを保険金として支払われます。

対物全損時修理差額費用特約

修理費が、法律上の賠償責任額(自動車の時価額)を超えてしまうケースが考えられます。その差額分を補償するのが「対物全損時修理差額費用特約」です。

車両全損修理時特約

ご契約の自動車が全損となり実際に修理をした場合は、車両保険金額に50万円を加えた額を限度として、修理費が支払われます。

このような特約を付帯すれば万全かと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加