エスティマ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 737

IMGP2807-2

エスティマの新車値引き交渉のポイント

チャネルの取り決めの隙をつく交渉で勝機を

値引き目標 20~23万円

アエラスのみの設定になってより高額になったものの、表情も変化し安全性能も充実したことで見栄えもアップした「エスティマ」。

発売直後は値引きに縛りがありそうですが、価格帯からも「ノア」のように多くでる車種ではないこともあり、マイナーチェンジ前と基本的には変わらぬ条件になるはずです。

2.4Lの約370万円というエントリー価格はミニバンとしては高価で、大幅値引きを期待したいところです。

取り扱うトヨタ店とカローラ店を競合させるのも手ですが、そのためには本格的な商談以前に両店舗に出向くことが必要です。

交渉が大詰めになってからだと、もう一方の店舗がトラブルを避ける為、手を出すのを控えてしまうからです。

どっちに交渉権があるのかうやむやな状態がベスト。

早急に成約に持ち込みたい店舗側の足元を見透かす作戦が効果大です。

下取り価格の重要性

エスティマの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

思ったより売れるかも知れない期待
IMGP2823

「エスティマ」は、トヨタ店とカローラ店扱ですが、両店とも「ノア」あるいは「エスクァイア」がミニバンのメイン。

マイナーチェンジしたとはいえ10年目を迎える「エスティマ」に多くは期待してないでしょう。

しかし、フロントデザインと、ブラックルーフのツートンカラーにしただけでそのイメージは大きくかわり、「ノア」や「エスクァイア」にはない高級感が浮き上がってくるから不思議です。

それだけそのデザインが秀逸であり、箱型のミニバンに抵抗を感じている層に、もう一度選択肢にのぼることになりそうです。

床が高い、燃費性能が今一つというスペックも、見た目のデザインさえ気にいられたら、あばたもえくぼとなるのです。

メーカーのWebサイトも一新されており、まるでブランニューの新型にも見える。

ディーラーとしてはより高額のモデルになったことで、購入層は限られてしまいますが、「ノア/エスクァイア」よりも1台当たりの利益率が高く、営業マンも気合の入る車種になりそうです。

したがって、意外と販売台数は増加することになるかも知れません。

 

エスティマの競合車種

ホンダ オデッセイ

エスティマのおかげで売れています
IMGP3154

ハイブリッド車が加わったことで、販売が急上昇、低燃費性能や低床設計による室内スペースはもちろん、割高な価格も「エスティマ」と比較することで、むしろ安く感じるなど、評価も急上昇しました。

その結果販売ランキングでベスト30にしぶとく居座っていた「エスティマ」をラング外に追いやることになりました。

燃費性能はハイブリッド車でJC08モード26.0㎞/L、2.4L車で13.8㎞/Lと、「エスティマ」の同18.0㎞/L、11.6㎞/Lを大きく上回ります。

車両価格はハイブリッド車が276万円、ハイブリッド車で356万円と、「エスティマ」より100万円も安い設定になっており、箱型のミニバンに抵抗感を持つユーザーが「オデッセイ」は割高だと思っていたのが、「オデッセイって割安なのだ」と思い始めています。

エスティマの保険料

エコカー割引と電話での見積もりの活用

「エスティマハイグリッド」や、「オデッセイハイブリッド」など、今では珍しくなくなったハイブリッド車や、EV(電気自動車)に乗っている人にとって必須なのが「エコカー割引」です。
「エコカー割引」あるいは「低公害車割引」は環境保護の推進を目的として加入車両がハイブリッド車やEV等のエコカーである場合には保険料を安くするもので、設定する保険会社が増えてきていますが、保険会社によって対象車種や割引額が異なるので注意が必要でもあります。

割引は保険会社によって1000円から1200円。

または3%となっています。

割引を受ける為には、自分の乗っている車が対象車種になっているのか、どの程度の割引を受けられるのかを確認 することが必要ですが、保険料が大幅にダウンすることもあるので、 各保険会社に聞いてみたり、見積もりサイトで調べるのもお勧めです。

良く分からなかったり、自信のない方でも、電話で見積もりを依頼する方法であれば、「エコカー割引」の対象かどうか判断してもらえますし、分からない点も細かく説明してもらえて安心です。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

エスティマの車両概要

発売された2006年以来、フルモデルチェンジを受けていない3代目の現行モデルは、ついに10年目を迎えた。

2016年6月6日に3回目のマイナーチェンジを受けたことにより、更に販売期間は延長される。

マイナーチェンジではエクステリアの大幅変更が含まれ、ヘキサゴンタイプのフロントグリルとなり、ヘッドランプとフロントエンブレムを繋ぐラインはスポーティーな仕上がりとなった。

グレードは上級装備のアエラスに統一され、V6 3.5Lモデルは廃止となった。

衝突回避支援パッケージのトヨタセーフティセンスCが標準装備となる。

スペック表

2.4 ハイブリッド
車両価格(円) 3,700,473~ 4,311,163~
JC08モート燃費(㎞/L) 11.2~11.6 18.0
車体寸法(mm)
全長/全幅/全高
4,820/1,810/1,730~1,760 4,820/1,810/1,760
室内長/室内幅
/室内高(mm) 
3,010/1,580/1,255 3,010/1,580/1,255
ホイルーベース(mm) 2,950 2,950
乗車定員(人) 7 8 7 8
エンジン型式
・排気量(cc)
直列4気筒・2,362 直列4気筒・2,362
最高出力
(kW/rpm)
125(170)/6,000 110(150)/6,000
最大トルク
(N・m/rpm)
224(22.8)/4,000 190(19.4)/4,000
モーター出力(F/R) 105(143)/50(68)
モータートルク(F/R) 270(27.5)/130(13.3)
駆動方式 2WD 4WD 2WD
トランスミッション CVT 電気式無段変速機
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加