クラウンマジェスタ保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 647

クラウンマジェスタの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 5~10万円

 このクラスは値引きといっても見当がつかないと思われるが、法人相手の商売が中心のため、時期によっては大幅値引きがされている。新型発表前後は顧客やメーカー取引企業のリストを元に受注を掘り起こしているので、各店舗のノルマも大きい。希少な新規の個人ユーザーとなれば、可能な限りのサービスを手お経しても、法人顧客よりは確実に利益が見込める。購入の意思をしっかり伝えられれば、意外な金額が提示される。国産車ならボディサイズや価格、燃費も近い「シーマ」が理想的な競合相手である。価格的には輸入車も候補であることはいうまでもない

下取り価格の重要性

クラウンマジェスタの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 「クラウン」と違い、個人ユーザーの顧客は少ない。ほとんどが法人ユーザーもしくは、法人名義である。つまり、商談の交渉相手はオーナードライバーではなく、後席に乗るべき人か、企業の総務部車両担当である。当然日頃より法人営業を展開するトヨタ店であるが、バブル期のように新型が出たからと言って毎回代替えをする訳にはいかない。 「クラウン」と共通ボディとなったことで、あえて「マジェスタ」にする意味も薄らいだと見るか、ハイブリッド化されて燃費も向上し、同車を導入することで企業イメージもプラスになると判断されるか、月販500台の目標が重くのしかかる。

クラウンマジェスタの競合車種

 
日産 シーマ  

 「フーガ」のパッケージをストレッチして使う手法は、「クラウンマジェスタ」と同じ手法。違うのはパワートレインも共通という点。日産のフラッグシップだけあって、遠慮なく豪華装備、最新技術を導入しており、最上級グレード「VIP」には4人乗り仕様もあり、車両価格は「レクサス」に迫る。
 ハイブリッドシステムは、フーガハイブリッドと同様のV6・3.5Lエンジンにシンプルで高効率な1モーター2クラッチ方式。さらに高出力なリチウムイオンバッテリーなどにより、ハイブリッド車を含む高級セダンクラストップレベルの環境性能を実現している。
 発進から高速までの幅広いモーター走行領域。エンジンとモーターによる圧倒的なフル加速性能。エンジンで効率よく走行しながらの発電。そして減速エネルギーを電気に変換する回生ブレーキ。モーターとエンジンそれぞれの特性を組み合わせて、高いエネルギー効率と走らせる楽しさを追求している。

クラウンマジェスタの保険料

 ある保険会社のWEBサイトを見ると、車両保険が付帯できないとされる詳細に、「高級車もしくはスポーツカーなど当社で指定したお車、当社の定める市場販売価格相当額が1,000万円を超えるお車」とある。「クラウンマジェスタ」ならギリギリ大丈夫のはずだが、輸入車などは注意が必要でしょう。「レクサス」などは、系列の保険会社を利用する限りは安心です。逆に割高になるため、敬遠しがちな「代理店」を利用するのも一つの手です。手数料も大きいこれらの「高級車」「高額車種」は代理店にとっては美味しいネタ。自らの取引保険会社が引き受けなくても必死で他をあたってくれます。また、代理店を通じての契約がいいのは、契約者が見落としがちな特約、割引をプロ目線で時間をかけて説明してくれること。そしてもしものときも、各種サービスも、代理店への電話ひとつで全部まかせられること。高級車を買う余裕があるなら、高価なオプションを選ぶより先に、代理店での保険加入を選ぶことを考えてはいかがでしょうか。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

クラウンマジェスタの車両概要

 2013年9月、フルモデルチェンジした6代目が登場。一番大きな話題はパワートレインの刷新で、先代までのV8エンジンから一転、ハイブリッド専用モデルとなrった。アトキンソンサイクル仕様のV6・3.5Lエンジンに、「FR専用2段変速式リダクション機構付ハイブリッドシステム」を採用したことで、V8エンジンに匹敵する動力性能とJC08モード燃費で、日産のフーガハイブリッドの16.6km/Lを上回る18.2km/Lを達成した。また、今回からマジェスタ専用ボディではなく、2012年にフルモデルチェンジされた「クラウン」を流用したものになり、先代より若干ダウンサイジングされたが、「クラウン」よりホイールベースを75mm延長し、しかも延長分すべてを後席スペースの拡大に充てて居住性を向上させた。「クラウン」との外観上の差別化としては、マジェスタ伝統の縦バーのグリル、エクステンション部を黒色化・クリアランスランプのライン発光部をスモークブルーとしたLED4灯式ヘッドライトの採用などにとどまる。
 インテリアの豪華さは健在で、欅(けやき)の流麗な年輪と玉杢(たまもく)の風合いをいかしたサンバースト木目調加飾で室内を美しく演出。ステアリングホイールにも木目調加飾を加え、厳選された本革を使用するなど最上の質感を追求している。 装備面では「ブラインドスポットモニター」の初採用のほか、「タイヤ空気圧警報システム(TPWS)」を備える。

スペック表

車両型式 DAAーGWS214
車両価格(円) 6,100,000~6,700,000
車両寸法(㎜)全長×全幅×全高 4,970×1,800×1,460
室内寸法(㎜)長×幅×高 2,050×1,510×1,190
ホイルベース(㎜) 2,925
乗車定員(名) 5
エンジン型式・排気量(cc) 2GR-FXE V型6気筒DOHC 3,456     
最高出力 kw(ps)/rpm 215(292)/6.000    
モーター型式・種類 1KM・交流同期電動機
動力用主電池 種類・個数 ニッケル水素電池・40
最高出力 kw(ps) 147(200)
JC08モード燃費(㎞/L) 18.2
駆動方式 2WD
ミッション         電気式無段変速機
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加