スペイド保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 612

スペイドの新車値引き交渉のポイント

 

値引き目標額 19~23万円

モデルチェンジ以来絶好調の「ポルテ」を上回る勢いなのが、新登場の姉妹車「スペイド」。したがってまだ強気の販売が続くのはいたしかたないところ。しかし、ライバル勢も負けていないので。競合車種との合い見積もりを効果的に利用したい。「フィット」だと同じく値引きは渋いが、非HYBID車の低価格車なら具合はいい。値引きなら「デリカD:2/ソリオ」のほうが大きい。1車種に絞り交渉。最後は面倒でもトヨタ店かトヨペット店で「ポルテ」を。

JPG0186

下取り価格の重要性

スペイドの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 

「スペイド」以外にも、コンパクトカーラインナップが充実しているネッツ店とカローラ店。「ヴィッツ」「bB」「ist」「オーリス」「アクア」そして「ピクシス」シリーズまである。カローラ店には「パッソ」「ラクティス」と強敵揃いだ。そして他チャネルには姉妹車「ポルテ」が待っている。まずは店舗内での競争に勝ち残らないと、商談テーブルにたどり着けないが、フルモデルチェンジで存在感を増した「スペイド」には、ここで勝ち抜く勢いがある。他銘柄には「フィット」という怪物もいる。今のところモデルが新しいこともあり、ネッツ店内での立場は安泰だが、新機種だけに早い段階に、不動のものにしなければならない。

競合車種

 

ホンダ フィット(123.0~196.0万円)コンパクトカー最強の1台。スペース効率、走行性能、先進性、燃費と全てが高次元で組みあがっている。そして低価格。HYBRIDモデルも159.0万円から手に入る。さすがにボディスタイルなどに飽きられ感もあるが、まだまだその牙城は揺ぎ無い。

三菱 デリカD:2(154.2~177.9万円)スズキ「ソリオ」のOEMであるが、三菱のコンパクトワゴンの主力をになう。軽トールワゴンを彷彿とさせるスペース効率の良さと、3.8mほどのコンパクトボディの取り回しのよさが魅力。1.2Lのみの設定だが、価格が若干高めなのが納得いかないところだ。

日産 ノート(124.9~179.8万円)最大のセールスポイントは、1.2L直噴ミラーサイクル+スーパーチャージャーを採用 したエコスーパーチャージャーエンジン。ガソリン登録車クラス最高のJC08モード燃費率25.2㎞/Lを記録する。室内も広く、価格的にも安いことから、「フィット」追撃の一番手に躍り出た。

スペイドの保険料

 

自動車保険の保険料には、等級や年齢などのほか、車の種類「型式」も大きく影響してきます。例えば、スポーツカーは保険料が高く、「スペイド」のどのファミリー向けのコンパクトカーは保険料が安くなりま両価格だけでなく、車の危険度を表す「車両料率クラス」が大きく影響してくるのです。料率クラスは「対人賠償保険」、「対物賠償保険」、「傷害保険(搭乗者傷害・人身傷害)」、「車両保険」の4つの項目で設定されています 自動車保険ではこの型式別に設定された料率クラスを保険料算出の目安としています。 車両料率クラスは保険料に直接影響するだけに、知っておくとメリットがあります。コンパクトカー同士でも、「スペイド」と「フィット」「ノート」は違い、また、同じ「スペイド」でも2WDと4WDは車両料率クラスが違い、保険料自体違ってくることも覚えておき、クルマ選びの指針にすることも重要です。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

スペイドの車両概要

2012年7月フルモデルチェンジした「ポルテ」のネッツ店カローラ店用姉妹車として同時発売された。外観上の「ポルテ」との違いは、水平基調のフロントランプやバンパーコーナーなどでスポーティーなイメージのフロントデザインとなり、リアコンビランプはクリアレンズを採用し、フロント同様に水平基調のデザインを採用した。「シトラスマイカメタリック」 など2色が専用色として設定され、「ポルテ」との差別化を図る。
2160㎜の室内長と1380㎜の室内高を誇る室内空間に、前後に700mmスライドする助手席シートやチップアップ機構が付いた6:4分割可倒式リヤシートなどにより多彩なシートアレンジを可能とし、さらに全車、ワイヤレスパワースライドドアを助手席側に標準装備する。また、段差のないフラットフロアを採用することで優れた乗降性を実現した。
エンジンには1.3Lと1.5Lを採用。いずれにもSuper CVT-iと組み合わせる。1.5L・2WDのアイドリングストップ機構付車(メーカーオプション)は20.6km/LのJC08モード燃費率を実現している。「1.3X」には標準装備されるが、燃費は上記1.5L車のほうがいい。

スペック表

販売チャネル トヨタカローラ店
車両型式 DBA-NCP81G  85G
車両価格(円) 1.575.000~1.973.500円
車両寸法(㎜) 4110~4120×1695×1670~1680
室内寸法(㎜) 2515×1430×1310
ホイルベース(㎜) 2700
乗車定員(名) 7
エンジン型式・排気量(cc) 1NZ-FE 直列4気筒DOHC 1.496
最高出力 kw(ps)/rpm 2WD:81(110)/6,000 4WD:77(105)/6,000
JC08モード燃費(㎞/L) 13.2~17.2 ㎞/L
駆動方式 FF  4WD
ミッション         Super CVT Super ECT
自動車保険の比較はこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加