プリウスα保険料と新車値引き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 619

プリウスαの新車値引き交渉のポイント

値引き目標 15~20万円

 マイナーチェンジを行い、それを機に広がり始めた値引きの引き締めにかかっていると思われる同車。僅かではあるがマイナーチェンジ前の在庫車が大幅値引きされている可能性もあるが、ここは新型の話でいきましょう。

 新車販売の鈍化につれて値引きもひろがりつつある「プリウス」。ライバルも皆無で、評判のいい「プリウスα」だが、見た目の意匠変更だけで販売を維持するのは難しい。狙うグレードはちょうど中間の「Sツーリングセレクション」がコストパフォーマンスが良くていいだろう。常にサードシートを使わない限り(そんな方には他の車種をお勧めしたい)5人乗りでも問題ないと思われるが、サードシートがあるというのはラゲッジスペースが多少広いという以上に使い勝手がある。収納すればラゲッジスペースとしても十分に使える。5人乗りなら「プリウス」と大差ない。

 ただし、そのためにプラス20万円が必要。これを値引き目標にしよう。明確な目標値があった方が、交渉において主導権を握れて大変やりやすいのだ。

CIMG0941

下取り価格の重要性

プリウスαの新車の購入時には値引き額と同様に下取り価格も重要になります。
いくら値引きをしてもらっても下取り価格を低く抑えられてしまっては意味がありません。
新車の値引き交渉を始めると同時に、下取り車の買取相場も調べておきましょう。

ディーラーの事情と思惑

 さすがに一時期の勢いが鈍って、トヨタ製ハイブリッドの代表を「アクア」に譲った感のある「プリウス」だが、地味ながら人気を保っているのが「プリウスα」だ。トヨタの各チャネルには、それぞれハイブリッド車も3列シートのミニバンもあるが、それらとは異なるサイズ感の「プリウスα」は貴重だ。「プリウス」目当てに来た来場客も、見た目が「プリウス」なのに、大きな荷室にびっくりする。

 ライバル勢が次々と新しいハイブリッドやディーゼルなどを備えて登場するが、このクラスで3列シートを持つというクルマは出てきそうにない。その意味では今後も順調に推移するだろうが、噂されるように2015ねんちゅに「プリウス」がモデルチェンジされるとつらい。そのための今回のフェイスチェンジだが。

プリウスαの競合車種

ホンダ フリードハイブリッド

 「プリウスα」より約70万円ほど安く、サイズも小さいが、れっきとした3列シートを備えるハイブリッド車としてはこのクルマしか存在ないのだ。「プリウスα」の長さに対して高さでスペースを稼ぐ「フリード」は、スライドドアを装備し、また小回り性能や高い運転姿勢による視界の良さなど、使い勝手では上を行く。サードシートは「プリウスα」同様に、ミニバンほどの実用性はないが、「プリウスα」よりは余裕がある。

プリウスαの保険料

 自動車保険を考える際、大事なのは相手への賠償ですが、難しく考えずにシンプルに考えれば対象が、「人」か「物」かの二つだけだという事がわかります。人を対象にした「対物賠償保険」では歩行者や相手方のクルマに乗っていた方を死傷させてしまった場合に補償されます。「対物賠償保険」では、相手のクルマや自転車、家屋やガードレールなど、他人の所有物に損害を与えた場合に補償されます。保障内容はともに無制限が基本です。

 この二つさえ押さえれば、あとはご自身の補償や損害に対してどう用意しておくかだけですので、経済状況や、クルマの使用状況で、搭乗者障害や車両保険、あるいは各種の必要な特約を選ぶだけです。

 必須の特約は「弁護士費用特約」でしょう。相手との交渉を弁護士に依頼するために必要となる費用や、訴訟・調停・仲裁のための費用を補償するものです。

※保険料率が記載されている場合は記事作成時点での参考資料であり、料率が見直されている可能性があります。

プリウスαの車両概要

 「プリウス アルファ」は、2011年5月から発売を開始したハイブリッド専用のステーションワゴンであり、5人乗りと3列シートの7人乗りがある。プラットフォームはプリウスと同じく「新MCプラットフォーム」を採用し、ホイールベースを80mm延長している。

 エンジンやモーター、足回り形式など「プリウス」準じている。主バッテリーは2列シート仕様にはニッケル水素電池を搭載しているが、7人乗り(3列シート)仕様は3列目空間を確保するため、コンパクトなリチウムイオン電池をトヨタの量販ハイブリッド車として初採用している。

 2014年11月のマイナーチェンジでは、個性や先進性をより強調するため、エクステリアの意匠変更や、インテリアの質感向上を実施。また、新たに設定したレーンディパーチャーアラート(LDA、オートマチックハイビーム(AHB)のほか、世界初のBi-Beam(バイビーム)LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)を採用するなど、先進装備を充実 させた。

スペック表

価格 2,579,091~3,384,327
車体寸法(㎜) 4,615×1,775×1,575
室内寸法(㎜) 1,910×1,520×1,220
ホイルーベース 2780 
乗車人員 5 7
最小回転半径(m) 5.5~5.8
駆動方式 FF
トランスミッション 電気式無断変速
エンジン型式・排気量(cc) 2ZR-FXE  直列4気筒DOHC 1,797
エンシ゛ン出力(kw/ps) 73(99)/5,200
モーター型式・種類 5JM 交流同期電動機
モーター出力 60(82)
動力用主電池 種類・個数 ニッケル水素電池・28・直列
JC08モート゛燃費(㎞/L) 26.2
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加